ホンダCB250R [’22後期 新型バイクカタログ]:ダイナミックな新世代カフェ

ホンダCB250R

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年9月15日

ホンダCB250R 概要

“ネオスポーツカフェ”をコンセプトに、エンジンやマフラーをはじめ各パーツを車体の中心に向けて凝縮する、ダイナミックなプロポーションのネイキッド。レースで活躍するCBR250Rの単気筒DOHCをベースとする快活なエンジンを高張力鋼のスチールフレームに搭載。ラジアルマウント式のフロントキャリパー&ウェーブディスクのブレーキには、制動時に後輪の浮き上がりを効果的に抑制するIMU(慣性計測装置)連動のABSが装備される。’22モデルでは高性能な倒立フロントフォーク=SFF-BPやアシストスリッパークラッチなども追加された。

’22 ホンダCB250R

主要諸元

ホンダCB250R

【’22 HONDA CB250R】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 249cc 27ps/9500rpm 2.3kg-m/7750rpm ■144kg シート高795mm 10L ■タイヤF=110/70R17 R=150/60R17 ●色:マットガンパウダーブラックメタリック マットパールアジャイルブルー キャンディークロモスフィアレッド ●価格:56万4300円 [写真タップで拡大]

ホンダCB250R
ホンダCB250R

【カラーバリエーション】カラーはブラック/ツヤ消しブルー/レッド/の3色。 [写真タップで拡大]

エンジン

ホンダCB250R

DOHC4バルブの水冷4ストローク単気筒エンジンは新排出ガス規制に適合するとともに、アシスト&スリッパークラッチを新採用。 ※写真は海外仕様のCB300R [写真タップで拡大]

足まわり

ホンダCB250R

ショーワ製SFF-BP(セパレートファンクションフロントフォーク ビッグピストン)を新採用し、ラジアルマウントキャリパーを組み合わせる。ABSは6軸IMU連動だ。 ※写真は海外仕様のCB300R [写真タップで拡大]

主要装備

ホンダCB250R

反転表示のLCDメーターには、ギヤポジションインジケーターが追加された。 ※写真は海外仕様のCB300R [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース