それでも価格は据え置き!

ホンダ新型「CB250R」登場! SFF-BP、スリッパークラッチ、最新排ガス規制に適合

ホンダは、CB250Rをモデルチェンジし、2022年モデルとして7月21日に発売すると発表した。すでに海外で発売されているCB300Rと同様のモデルチェンジ内容で、倒立フロントフォークは高性能なSFF-BPを採用。スリッパークラッチなども追加されている。

●外部リンク:ホンダ

末弟の下剋上は許さない! 足まわりを中心にグレードアップ

ホンダは、“ネオスポーツカフェ”をコンセプトとしたスポーティなネイキッドモデル「CB250R」をモデルチェンジした。CB1000R、CB650R、CB125Rを幅広くラインナップされる兄弟車のうち、車検いらずで高速道路も走れるという、普段使いにジャストサイズのスタンダードモデルがCB250R。これまで末弟のCB125Rはクラスを超えた装備としてSFF-BPやIMU付きABSなどを備え、兄貴分のCB250R(海外ではCB300R)よりも進んだ装備によって下剋上の状態が続いていたが、今回のモデルチェンジで序列を再び正常化したわけだ。

フルカウルスポーツのCBR250Rが発祥のエンジンは、レブル250やCRF250L/ラリーなどとベースを共有する水冷DOHC単気筒で、新型CB250Rは平成32年排出ガス規制に適合するとともにアシストスリッパークラッチを新採用。シートのマテリアルも新しくなったほか、厚さ23.5mm/230gのコンパクトなLCDダッシュボードには、新たにギヤ段数表示が追加された。

カラーリングは、精悍な「マットガンパウダーブラックメタリック(黒)」を新たに採用。シックな「マットパールアジャイルブルー」と、鮮やかな「キャンディークロモスフィアレッド」と合わせて全3色の設定となった。黒は、倒立フロントフォークのアウターチューブや前後ホイール、ラジエターシュラウド、ヘッドライトリムなど、車体各部をブラックやグレーのカラーリングでまとめ、精悍な印象を際立たせた。青と赤は、フロントフェンダーを主体色と同色としたほか、フロントフォークをブロンズに、前後ホイールはブラウンとしている。

価格は56万4300円で、これだけのモデルチェンジ内容ながら据え置きだ。

HONDA CB300R[2022 E.U. model]
HONDA CB300R[2022 E.U. model]

反転表示のLCDメーターには、ギヤポジションインジケーターが追加された。 ※写真は海外仕様のCB300R [写真タップで拡大]

HONDA CB300R[2022 E.U. model]

DOHC4バルブの水冷4ストローク単気筒エンジンは新排出ガス規制に適合するとともに、アシスト&スリッパークラッチを新採用。 ※写真は海外仕様のCB300R [写真タップで拡大]

HONDA CB300R[2022 E.U. model]

ショーワ製SFF-BP(セパレートファンクションフロントフォーク-ビッグピストン)を新採用し、ラジアルマウントキャリパーを組み合わせる。ABSは6軸IMU連動だ。 ※写真は海外仕様のCB300R [写真タップで拡大]

HONDA CB250R[2022 model]

主要諸元■全長2020 全幅805 全高1045 軸距1355 シート高795(各mm) 車重144kg(装備)■水冷4ストローク単気筒DOHC4バルブ 249cc 27ps/9500rpm 2.3kg-m/7750rpm 変速機6段 燃料タンク容量10L■タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17 ●価格:56万4300円 ●色:艶消し黒、艶消し青、赤 ●発売日:2022年7月21日

HONDA CB250R[2022 model]

HONDA CB250R[2022 model] [写真タップで拡大]

HONDA CB250R[2022 model]

HONDA CB250R[2022 model] [写真タップで拡大]

HONDA CB250R[2022 model]

HONDA CB250R[2022 model] [写真タップで拡大]

HONDA CB250R[2022 model]

HONDA CB250R[2022 model] [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース