IMU(車体姿勢推定システム)付ABS標準装備

ホンダの人気ネイキッド 新型CB250Rにブルー系が追加【足つき性も向上】

HONDA CB250R [2019]

ホンダ新世代CBシリーズとして若年層のエントリーユーザーを中心に人気のCB250R。その2019年モデルは、前後サスペンションのセッテイング等を見直すことで足つき性能を高めるとともに、新カラーとしてシックなマットパールアジャイルブルーが追加される。

CB250Rは、マスの集中化と軽量化を図ったコンパクトな車体に水冷4スト単気筒DOHC4バルブ249ccのエンジンを搭載したネイキッドロードスポーツモデル。急制動時の後輪浮き上がりを効果的に抑制するIMU(車体姿勢推定システム)付ABSが標準で装備される。

凝縮感のあるダイナミックで個性的な台形プロポーションを彩るカラーリングには、シックで艶やかなマットパールアジャイルブルーが新色として追加。従来色の鮮やかなキャンディークロモスフィアレッド、精悍なイメージのブラック、金属質のマットクリプトンシルバーメタリックと合わせて全4色展開となる。なお、ブルーとレッドについては、シュラウドやヘッドライトリム、フロントフェンダーをマットブラック、前後ホイールをブラウンに彩色。より都会的で洗練された雰囲気に仕上がっている。

HONDA CB250R [2019]
HONDA CB250R [2019] マットパールアジャイルブルー
HONDA CB250R [2019]
HONDA CB250R [2019] キャンディークロモスフィアレッド
HONDA CB250R [2019]
HONDA CB250R [2019] ブラック
HONDA CB250R [2019]
HONDA CB250R [2019] マットクリプトンシルバーメタリック

  ホンダCB250R(税込車両本体価格55万4040円)は、2019年4月19日に発売される。

【主要諸元】全長2020 全幅805 全高1045 軸距1355 シート高795(各mm) 車重144kg エンジン:水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 総排気量249cc 内径76.0×行程55.0mm 圧縮比10.7 最高出力27ps/9000rpm 最大トルク2.3kg・m/8,000rpm タンク容量10L 変速機:6段リターン キャスター角24°44´/トレール量93mm ブレーキF/R=ディスク タイヤF=110/70R17 R=150/60R17 カラー:マットパールアジャイルブルー、キャンディークロモスフィアレッド 税込車両本体価格55万4040円

※情報提供:本田技研工業、ホンダモーターサイクルジャパン

このバイクに関連する記事/リンク

関連記事

全世界で5機種を展開するホンダのCB-Rシリーズ。国内でメインとなりそうな250に初試乗。CB250Fとは一線を画す熱い走りが魅力だ。 ※ヤングマシン2018年8月号(6月24日発売)より 【〇】出力[…]

001-5
関連記事

2018年5月22日に発売されたホンダのCB250Rが編集部に届いた。従来モデルのCB250Fとは全く異なるコンセプトで登場した250ネイキッドは果たしてどのような走りを見せるのか。当WEB執筆メンバ[…]

001-1
関連記事

2018年モデルで一気にシリーズ化した新世代CBシリーズのCB-R。前回の記事でその原点にして頂点モデルのCB1000Rを紹介したが、今回は弟分のCB250Rの解説とCB125Rのインプレッションを掲[…]

002-4
WEBヤングマシン|最新バイク情報