青CBと黒CRF、新グラフィックのラリー

CB250R/CRF250L/CRF250ラリーに新色が登場

  • 2019/1/19

「スーパーカブ50/110・ストリート」そして「スーパーカブC125とモンキー125の新色」が発表されたホンダの新春ビジネスミーティングで、250ccクラスの3製品に新色がお披露目された。

ブルーの新色、そしてローダウン仕様の噂も

CB250Rにはマットメタリック系のブルーが新採用される。フロントフェンダーも艶消しとなっているが、これは従来のマットクリプトンシルバーメタリックと同様。海外向けのCB300Rでも黒が基調となっており、青系はインドネシアで販売されているCB150Rの明るめの青に続くカラーとなる。この新色の導入にあたり、従来のカラーラインナップが継続されるのかは発表されていない。写真の車両はABS仕様。ローダウン仕様の登場も示唆されており、多くのユーザーに歓迎されそうだ。

HONDA CB250R(新色】発売は4月頃、価格は59万円前後になりそう(ABS装着車)。

燃料タンクはマットブルー。倒立フォークのアウターチューブがゴールドになっているほか、ホイールやヘッドライトリムのカラーも異なっている。

【現行モデルの車体色】左からブラック/キャンディクロモスフィアレッド/マットクリプトンシルバーメタリックだ。

待望のブラックをラインナップ

現行のCRF250Lは赤のみのラインナップだが、待望のブラックが加わることになった。マフラーのヒートガードやフォークブーツ、前後フェンダー、メーターバイザー、さらにはホイールのリムに至るまでブラックアウトされ、全身に引き締まった印象を持たせている。

【HONDA CRF250L(新色)】発売は2月中旬、予定価格は47万9880円となっている。

CRFのロゴがガンメタで配され、赤いラインと250Lのロゴが差し色として入る。

ラリーイメージの赤に新グラフィック採用

CRF250ラリーは、従来のエクストリームレッドを継承しつつCRFのロゴを黒から白へと反転。また青と白のラインの入り方も変化している。予定価格は現行のABS仕様から据え置き。金色の倒立フォークやブラックリムなどに変更はないようだ。

【HONDA CRF250 RALLY(新色)】発売時期は3月下旬、予定価格は70万2000円だ。

CRFロゴの色や差し色のラインが変更を受けた。全体の印象としては『継承』の路線となる。

このバイクに関連する記事/リンク


ヨ

ヤングマシン編集部員

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ