カワサキKLX230S/SM [’22後期 新型バイクカタログ]:新型スーパーモタード“SM”国内登場!

カワサキKLX230SM

●文:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年9月24日

カワサキKLX230S/SM 概要

KLX230は、レーサーKLX230Rと同時開発され、低中回転域から力強いトルクを生む空冷単気筒は厳しい排ガス規制にも対応。Sは前モデルよりシート高を55mmも下げて足着き性を大幅に向上。ボッシュ社と共同開発したカワサキ初のデュアルパーパスABSも装備する。

’23モデルとして10月15日にSMが発売。Sからエンジンチューニングが施され、締まった足まわりセッティング、前後17インチホイールによりオンロード走行性能が高められている。ひさしぶりに国内メーカーから登場するスーパーモタードタイプとして注目だ。

’23 カワサキKLX230SM

主要諸元

カワサキKLX230SM

【’23 KAWASAKI KLX230 SM】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 232cc 19ps/7600rpm 1.9kg-m/6100rpm ■136kg シート高845mm 7.4L ■タイヤF=110/70-17 R=120/70-17 ●色:エボニー ●価格:57万2000円 ●発売日:2022年10月15日 [写真タップで拡大]

足まわり

KAWASAKI KLX230SM[2023 model]
KAWASAKI KLX230SM[2023 model]

ゴールドリムの前後17インチホイールを採用。タイヤは前110/70-17/後120/70-17と細めをチョイスしていて、軽快なハンドリングが容易に想像できる。写真のブラックリムはオプションだ。 [写真タップで拡大]

主要装備

KAWASAKI KLX230SM[2023 model]

KLX230Sはオフロードタイプのステップだが、KLX230SMはラバー付きで乗り心地を向上。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI KLX230SM[2023 model]

ファットバーのハンドルをオプション設定。ほかにスキッドプレート/ハンドガード/リヤキャリアなども。 [写真タップで拡大]

’22 カワサキKLX230S

主要諸元

'22 カワサキ KLX230S|ライムグリーン

【’22 KAWASAKI KLX230S】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 232cc 19ps/7600rpm 1.9kg-m/6100rpm ■車重136kg シート高830mm 7.4L ■タイヤサイズF=2.75-21 R=4.10-18 ●色:ライムグリーン アーバンオリーブグリーン×エボニー ●価格:50万6000円 ●発売日:’22年2月1日 [写真タップで拡大]

'22 カワサキ KLX230S|アーバンオリーブグリーン×エボニー

【カラーバリエーション】カラーはアーミー調のオリーブグリーン×黒のツートン/ライムグリーンの2色を用意。それぞれのカラーでグラフィックも異なる。 [写真タップで拡大]

カワサキ KLX230S

シート高を下げるためにホイールトラベルが減少したが、オフロードの走破性は十分。足着きが良くなって安心感が向上した分、誰もがオフロードを楽しめる。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

カワサキKLX230S/SMに関連する記事

カワサキ「KLX230/S/SM」’23年モデルが北米上陸! シート高が低い「KLR650S」も新登場

カワサキは北米で2023年モデルを続々発表。オフロードの「KLX230/S」およびスーパーモタードの「KLX230SM」、さらに低シート版のミドルアドベンチャー「KLR650S」を発表した。KLX230系はインドネシアや日本でも登場した注目の空冷モデルだ。 空冷オフローダーは間口を広げるバリエーション展開 カワサキは北米で2023年モデルの「KLX230/S」「KLX230SM」「KLR650S」 […]

カワサキKLX230S/SM [’22後期 新型バイクカタログ]:新型スーパーモタード“SM”国内登場!

カワサキKLX230S/SM 概要 KLX230は、レーサーKLX230Rと同時開発され、低中回転域から力強いトルクを生む空冷単気筒は厳しい排ガス規制にも対応。Sは前モデルよりシート高を55mmも下げて足着き性を大幅に向上。ボッシュ社と共同開発したカワサキ初のデュアルパーパスABSも装備する。 ’23モデルとして10月15日にSMが発売。Sからエンジンチューニングが施され、締まった足まわりセッティ […]

買える機会は1度きり!? カワサキ「KLX230SM」国内発売、久しぶりのスーパーモタード新機種

カワサキモータースジャパンは、新型スーパーモタード「KLX230SM」を発表。2022年10月15日に2023年モデルとして発売する。 232ccの空冷単気筒エンジンを伝統のペリメターフレームに搭載 カワサキモータースジャパンは、インドネシアで先行発表されていた新型スーパーモタード「KLX230SM」を日本でも正式発表した。オフロードマシンのKLX230をベースとしており、前後17インチホイールを […]

‘23年も存続熱望! 終売危機バイク機種アルバム 中型免許クラス アドベンチャー/オフ/スクーター部門

‘22年11月以降に生産されたバイクは、50ccを除き「次期排ガス規制」に対応していないと国内で販売できなくなる…。まだ動向が確定していないモデルはナント40車種以上! 存続か、消滅か、ヤングマシン独自調査で占ってみた! 本記事は126~400ccの中型免許クラスの中から、アドベンチャー/オフロード/スクーターカテゴリーを取り上げる。 スズキ V-ストローム250 ABS【旅好きに人気の本作、惜し […]

カワサキ KLX230S 試乗インプレッション【唯一の難点解消。ダートが身近に】

’19年10月に発売されたカワサキのKLX230に、待望のローダウン仕様「S」が登場した。シートのアンコ抜きではなく、前後のサスペンションストロークの短縮によって車高を下げているのがポイントで、KLX230比でシート高は55mmもダウン。気になる走行性能への影響をチェックした。 [◯] 足が届くという安心感。サスペンション設定も過不足なし 「闘う4スト」ことKLX250の生産終了から3年後の’19 […]

これが新型Dトラッカーになる!? カワサキ新型「KLX230SM」登場! 鮮やかなKLX230Sも【海外】

カワサキはインドネシアのSNSで、KLX230のショートサスバージョン「KLX230S」およびモタード仕様の「KLX230SM」を公開した。発売時期は不明だが、スペックと価格が発表されている。 日本ではショートサスペンションのKLX230Sがすでに登場、ではDトラは? カワサキはインドネシアのSNSおよびYOUTUBE動画のライブ配信で、空冷単気筒エンジンを搭載するオフロード系モデル×2車を発表。 […]

シート高が55mm低い! カワサキ新型「KLX230S」国内発売決定、このフレンドリーさが欲しかった

カワサキは、232cc空冷4ストローク単気筒エンジンを搭載するデュアルパーパスモデル「KLX230」にシート高をマイナス55mmの830mmとしたフレンドリー仕様「KXL230 S」を設定し、2022年モデルとして2月1日に発売する。これにともない、シート高885mmの標準仕様はいったんカタログから姿を消すことになった。 待望のローダウン仕様「S」が登場! カワサキは、北米などで先行発表していたK […]

オフ装備充実の上級グレード! カワサキKLX230に“SE”が登場

カワサキは空冷単気筒エンジンを積むトレールモデル・KLX230に、上級バージョンとなるKLX230 SE(スペシャルエディション)を追加した。オフロードを重視した4点の装備を追加し、さらにSTDとは異なる独自のグラフィックを身にまとう。 オフ適性を向上させつつストリート感も 新開発の233cc空冷シングルをスチール製ペリメターフレームに搭載するカワサキのトレールモデル・KLX230。同時開発の姉妹 […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース