第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ホンダCBR650R [’22後期 新型バイクカタログ]:ツーリングからスポーツまで、リーズナブルな直4ミドル

ホンダ ゴールドウイング/ツアー

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月30日

CBR650R 概要

100万円弱で買えるフルカウル4気筒として人気のモデル。アッパーカウル左右のダクトから吸気するツインラムエアシステムを採用しており、648ccの直列4気筒は最大95psを発揮。オン/オフ2段階のトラクションコントロールも備えている。車体はスチール製ツインスパーフレームで、フロントにはショーワ製SFF-BP倒立フォークとラジアルマウントブレーキキャリパーを装着。急制動時にハザードを高速点滅させるESS機能も持つ。

欧州では’22年モデルとして新たに2カラーが設定。グラフィックを変更したレッドと、オレンジのハイライトが入ったマットブラックの2色が用意されている。



’22 CBR650R[欧州仕様]

主要諸元

'22 HONDA CBR650R

【’22 HONDA CBR650R|EU MODEL】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 649cc 95.2ps/12000rpm 6.4kg-m/9500rpm ■208kg シート高810mm 15.4L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:グランプリレッド マットガンパウダーブラックメタリック ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'22 HONDA CBR650R|ブラック

2色のカラーバリエーションがラインナップ。ブラックはカウルエッジのオレンジアクセントが映える。 [写真タップで拡大]



’21 CBR650R

主要諸元

ホンダCBR650R|グランプリレッド

【’21 HONDA CBR650R】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 648cc 95ps/12000rpm 6.5kg-m/8500rpm ■206kg シート高810mm 15L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●グランプリレッド マットパリスティックブラックメタリック ●価格:105万6000円~108万9000円 [写真タップで拡大]

ホンダCBR650R|フロント/リヤ

軽量化と風防効果を追求したフルカウルを装備。ミッドカウルにはレイヤーが設けられ、整流効果と排熱効果を高めている。ギュッとした凝縮感のあるリヤまわりはマス集中化に貢献。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR650R|マットパリスティックブラックメタリック

【カラーバリエーション】国内’21モデルはレーシーなストライプの入ったグランプリレッドと単色ブラックの2ラインナップ。レッドは3万3000円高だ。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

ホンダCBR650R|ライディングポジション

シート高は810mmだが、前端が絞られているため数字よりもはるかに安定感がある。低めかつ手前よりに設定されたハンドルポジションのおかげで絶妙に扱いやすい。[身長158cm] [写真タップで拡大]



エンジン/パワーユニット

ホンダCBR650R|エンジン

【’21でユーロ5対応】アシストスリッパークラッチ装備の直列4気筒エンジンを採用。国内仕様は平成28年度規制のままでの型式認定となっているが、欧州仕様は’21でユーロ5に対応。国内の新規制対応も心配ないだろう。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR650R|エンジン

【モデルごとに専用チューニング】カムプロファイルを見直し、バルブタイミングを最適化。ピストン頭部の形状変更などさまざまなチューニングを施し、パワフルさと安心感を両立している。兄弟車CB650Rとは別の吸気系を採用するなど、きめ細やか。 [写真タップで拡大]

シャーシ/足まわり

ホンダ CBR650R|シャーシ

【考え抜かれたシャーシまわり】剛性バランスを見直したスチール製ツインスパーフレームは、エンジンハンガーとクロスパイプを一体化。軽量化と併せて不快なエンジン振動も低減。シート後端は従来比で60mm短縮。 [写真タップで拡大]

ホンダ CBR650R|フロントまわり

【フロントブレーキ&サスペンション】フロントフォークは倒立式。ブレーキディスクはφ310mmでキャリパーはラジアルマウントだ。フィーリングは自然で、とてもコントローラブル。 [写真タップで拡大]

ホンダ CBR650R|リアまわり
ホンダ CBR650R|サスペンション

【リヤブレーキ&サスペンション】リヤサスペンションは締結部にピロボールを使い、路面追従性を高めている。リヤブレーキはφ240mmシングルディスクで、シングルポットキャリパーとの組み合わせ。 [写真タップで拡大]



主要装備

ホンダ CBR650R|ヘッドライト

【LEDヘッドライト】ヘッドライトはLEDで、ロービームでも左右両方が点灯するデュアル方式。 [写真タップで拡大]

ホンダ CBR650R|トルクコントロール

【トルクコントロール】後輪の駆動力を制御するトルクコントロールを採用。左ハンドルのスイッチのオン/オフで任意に設定、路面状態に応じた後輪のスリップを緩和できる。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR650R|メーター

【メーターは視認性アップ】メーターには反転液晶モノクロデジタルパネルを採用。’21ではバックライトの照射角度や文字サイズの大きさを見直され視認性がアップした。ETCインジケーターも備える。 [写真タップで拡大]

ホンダ CBR650R|マフラー

【マフラー】マフラーはテールパイプ後端角度を上向きに変更し、直4らしい抜けの良いサウンドが楽しめる設計に。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR650R|リヤフェンダー

【リヤの素材&形状変更】’21ではシートカウルとリヤフェンダーの素材&形状を変更して、よりエッジの効いた”R”らしいシャープなスタイリングとなった。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。



新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース