新型バイクカタログ

スズキGSX-S1000GT[新型バイクカタログ]:フルカバードカウルの俊足リッターツアラー 国内導入は’22年2月から

GSX-S1000GT 概要

スズキのブランニューモデル「GSX-S1000GT」は、従来のGSX-S1000Fの後継モデルに当たるが、車名をF→GTに変えるとともにロングツーリング性能を大きく高めた新生スポーツツアラーだ。従来のFは走りの良さがウリで、アップハンドルのスーパースポーツと言えるようなキャラクターが、ライバル勢に対し個性を際立たせていた。

今回のモデルチェンジでは、快適性の向上と最新のスズキらしい尖ったデザインが与えられ、さらに電子制御も最新メニューをズラリと揃えて全方位に進化。その名の通り”GT(グランドツアラー)”が新コンセプトだ。

とはいえ、走りっぷりの良さは従来型からきっちり継承している。’05年型GSX-R1000に端を発する並列4気筒エンジンはユーロ5に適合しながら最高出力&燃費を向上。同じくRの血統を感じさせるメインフレームや、’17年式R1000そのものから転用されたスイングアームは不変だ。

’22年2月17日より国内販売が決定している。

’22 GSX-S1000GT[欧州仕様]

スズキGSX-S1000GT|スタイリング

【’22 SUZUKI GSX-S1000GT|EU MODEL】■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 999cc 152ps/11000rpm 10.81kg-m/9250rpm ■226kg シート高810mm 19L ■キャスター25°/トレール100mm タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●色:メタリックトリトンブルー グラススパークルブラック メタリックリフレクティブブルー ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

カラーバリエーション

GSX-S1000GT|グラススパークルブラック
GSX-S1000GT|メタリックリフレクティブブルー

カラーバリエーションはメタリックトリトンブルー/グラススパークルブラック/メタリックリフレクティブブルーの3色。 [写真タップで拡大]

スタイリング:新型GSX-S1000に通ずるシャープなデザイン

スズキGSX-S1000GT|スタイリング

[写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT|スタイリング

後席まわりが大型化しているのがよくわかる。マフラーはキャタライザーの追加やバイパスの変更で内部構造は変わっているが、外観上は従来のFとほぼ同じ。 [写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT|スタイリング

[写真タップで拡大]

ライディングポジション:後部シートの見直しで快適性が大幅に向上

ライディングポジションはシート&ステップ位置を従来通りとしつつ、グリップ位置をライダーに14mm近付け、さらに左右グリップを23mm拡大。これによってライダーは上半身が起き上がり、リラックスした乗車姿勢が可能に。また、グラブバーを新採用し、パッセンジャーシートは快適性を増した大型の専用品になった。ステップはライダー&パッセンジャーともラバー付きとなり、フローティングマウント式ハンドルとあいまって振動対策もバッチリだ。

スズキGSX-S1000GT|ライディングポジション

ライディングポジションは図のように変化。グリップ位置は14mm手前に引かれ、左右グリップ間は23mm広がっている。従来通りの優れた足着き性をキープしつつ、上半身はよりリラックスした乗車姿勢になった。 [写真タップで拡大]

エンジン/シャーシ/足まわり:名作K5エンジンは新型でも健在

ライダーの意思に忠実かつ力強く反応するエンジンは、今も名作と言われる’05年型GSX-R1000(K5)に由来。この新型GTでは、新作カムシャフト&キャタライザーなどでユーロ5排出ガス規制に適合させつつパフォーマンスを向上。さらに電子制御スロットルを核としたエレクトロニクスで扱いやすさや利便性まで全方位に強化している。

フレームについては、従来型のFからメインフレームとスイングアームを踏襲しつつ、パッセンジャーシートの大型化など快適性を高めるため新作シートレールを採用した。

スズキGSX-S1000GT|エンジン
スズキGSX-S1000GT|エンジン

黄色い部分が変更箇所。2次エアリードバルブ/吸排気カム/バルブスプリング/カムチェーンテンショナーなど多岐にわたる。 [写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT|エンジン出力特性

トルクの谷を解消し、スペック上の最大トルクはやや下がっているものの2000~1万1500rpmにおける平均トルクはむしろ1.9%強化した。スズキの社内テストでは先代Fに対し0-200m加速で0.06秒、0-400m加速で0.1秒短縮している。 [写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT|シャーシ

KYB製φ43mm倒立フォークはフルアジャスタブルで、リヤサスペンションとともにセッティングを変更した。前後タイヤは最新のダンロップ製スポーツマックス・ロードスポーツ2だ。 [写真タップで拡大]

GSX-S1000GT 前輪

フロントブレーキはφ300mmダブルディスクとブレンボ製モノブロック4ピストンキャリパーを継承。ホイール形状も従来から変わっていない。 [写真タップで拡大]

GSX-S1000GT 後輪

スイングアームは’17年型GSX-R1000から転用されたもので、ロードホールディングや運動性、ハイスピード域での安定性に定評アリ。 [写真タップで拡大]

エアロダイナミクス:トータルで空力特性を追求したフォルム

空力については、大型カウル&スクリーンやバックミラーによってトータルに性能を追求している。スクリーンは左右端の形状を工夫することで風の巻き込みも軽減。カウルマウントになったミラー(折り畳みも可能)は、ライダーの手元から肩にかけての気流もコントロールする。細かいところではアンダーブラケットの下にもカバーを設置した。

スズキGSX-S1000GT|鳥瞰

スポーツバイクのスリムさを持ちながら大型カウルで空力を向上したのがよくわかる。ミラーがカウルマウントになったことで視線移動は少ない。 [写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT|アンダーブラケット下のカバー

アンダーブラケット下にもカバーを設置し、フロントフォーク間のあたりからライダーの顔方向へと抜けてくる風をシャットアウト。 [写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT|ウイングレット

プレスリリースでは特に触れられていないが、小型のウイングレットのようなものも。膝まわりの走行風を整流してくれるはずだ。 [写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT|タンク

燃料タンクは容量を17L→19Lに増大。エグリは大きくとられニーグリップ部はスリムそう。ちなみに、WMTCモードで約19.68km/Lへと向上した燃費(従来は19.1km/L)とあいまって、計算上の航続距離は370kmに。 [写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT|ウインドスクリーン

従来からかなり大型化されたウインドスクリーンは、両端を折り曲げたような形状とすることで、ライダーの肩に当たる風を軽減した。 [写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT|空力コンピュータシミュレーション

コンピュータによるシミュレーションで風の流れを解析。風洞実験とともにこうした技術も最大限に用いて開発は進められる。 [写真タップで拡大]

電子制御:電脳は大幅進化でスマホ接続やクルーズコントロール/クイックシフターも

電子制御スロットルを軸とした「スズキインテリジェントライドシステム(S.I.R.S.)」はこのマシンの目玉。SDMS(いわゆるパワーモード)/STCS(トラクションコントロール)/双方向クイックシフト/クルーズコントロール/スズキイージースタートシステム/ローRPMアシストをひっくるめた総称だ。SDMSは3モードで、もっともスポーティーなモードA(アクティブ)、基準となるモードB(ベーシック)、そしてもっともソフトなモードC(コンフォート)がある。トラコンは従来の3段階+オフから5段階+オフに進化した。ローRPMアシストは従来から継承しているが、SCAS(スズキクラッチアシストシステム)と協調して働くようにアップデートされている。

GSX-S1000GT クルーズコントロール

【もはやツアラーの必須装備】新採用されたクルーズコントロールは、2速以上のギヤ、かつ速度は30~180km/hの間で走っている際に利用できる。 [写真タップで拡大]

GSX-S1000GT 左手スイッチボックス

左手元のスイッチボックスでメーターパネルを操作。右下にあるのはクルーズコントロール設定用のボタンだ。 [写真タップで拡大]

主要装備

スズキGSX-S1000GT|ハンドルバー

テーパー形状のハンドルバーはラバーマウントのフローティング式。グリップ間の幅は従来のFより23mm拡大された。ミラーはカウルマウントに。 [写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT|ステップバー

ライダー/パッセンジャーともステップバーはラバー付きに変更され、振動による疲れを軽減してくれる。バーの位置自体は従来を踏襲した。 [写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT シート

前後とも快適性を向上したシートはスポーツ走行にも配慮したという。 [写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT テールランプ

テールセクションを含め灯火類はフルLED。新たにパッセンジャー用の大型グラブバーを標準装備(従来はオプション設定もなし)している。 [写真タップで拡大]

純正アクセサリーも充実

欧州発表の純正アクセサリーは、車体色と統一感のあるガーニッシュを備えたサイドケースセットに始まり、これを取り付けるためのブラケットセット、スポーツ性をアピールする赤いブレンボ製キャリパー(カタナ用にラインナップされたものと同じ?)、各種カーボンパーツ、バッグ、そして大型スクリーンなど、ひと通りのラインナップが揃う。ちなみに北米ではパニアケースを標準装備したGSX-S1000GT+が存在する。

スズキGSX-S1000GT|純正アクセサリー

[写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT|純正アクセサリー

[写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT|純正アクセサリー

[写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT|純正アクセサリー

[写真タップで拡大]

スズキGSX-S1000GT+(北米仕様)
スズキGSX-S1000GT+(北米仕様)

パニアケースを標準装備した北米モデル・GSX-S1000GT+。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

GSX-S1000GTに関連する記事

これがスマホ連動の最新2大トレンドだ!【ゾクゾク増殖中! “つながる”バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能を総チェックしてみよう。まずここでは現在の2大トレンドとも言うべきシステム、”mySPIN”と”アップルカープレイ&アンドロイ […]

MCショーに行けなかった人も! 福岡・広島・仙台で「スズキモーターサイクルコレクション2022」開催

スズキは、大阪、東京、名古屋モーターサイクルショーに続き、スズキの大型バイクを見ることができる「スズキモーターサイクルコレクション2022」を、福岡・広島・仙台の3会場で開催すると発表した。 テーマは“ワクワク!スズキの新型車を体験しよう”で、展示するのは「ハタブサ」「KATANA」「GSX-S1000GT」「GSX-S1000」「Vストローム1050XT」だ(詳細は特設サイト参照)。 会場と日程 […]

軽い速い快適! 3拍子揃ったGSX-Rツアラーだ! 【スズキGSX-S1000GT】丸山浩の試乗インプレッション

’21モデルで近未来フォルム+数々の電子制御機能で生まれ変わったスズキのスーパーネイキッド、GSX-S1000。GSX-R1000譲りのエキサイティングエンジンと軽快なハンドリングはそのままに、負けず劣らずのシャープなフルカウルで身を包み、電脳装備もさらに強化。グランドツアラーの新たな境地を切り拓いたのが、このGSX-S1000GTだ。その走りは、これまでのツアラーイメージを書き換える […]

スズキGSX-S1000GT車両解説【スズキが考える”GT”の答えがココにあり!】

’22年2月に国内発売されたスズキGSX-S1000GT。先に登場していたスポーツネイキッドのGSX-S1000と共通の骨格を持つものの、「GT=グランドツアラー」の名前にふさわしい専用の快適装備が特徴だ。価格は160万円切りで、まさに”バリューフォーマネー”。スズキの本気が伝わってくる。 快適性と軽快なスポーツ性を両立した”GT” 先に発売されたGSX‐S10 […]

新型ダックス125総力特集/CBX400F仕様車登場/ワークマンキャンプギア大全【ヤングマシン2022年5月号は3/24発売】

ヤングマシン2022年5月号のお知らせです! ホンダ『ダックス125』徹底解説は、なんと30ページの総力特集で早くもカスタム提案や2023年カラーも大予想! 次いでホーク11、スーパーカブ110、そしてCB400F仕様の“タイプX”もお届け。モーターサイクルショーはまさしくホンダ祭りだっ!! ニューモデル試乗ではブランニューモデルGSX-S1000GT、エンジンがアップデートされたXSR700、そ […]

〈動画〉スポーツできるツアラーの最高峰!? 【スズキGSX-S1000GT】試乗インプレッション

歴代GSX-R1000において、今も“名機”と讃えられる2005〜2006年式、通称K5/K6型。このエンジンを抱くストリートファイター・GSX-S1000をベースにフルカウリングを与え、さらにスズキ初のスマホ連動・カラー液晶メーターやオートクルーズなどを投入。純正オプションでパニアケースまで用意したのが「GT」だ。メーカーはグランドツアラーであることを大いに強調するも…試乗した丸山浩の第一声は「 […]

[’22前期]国産大型スポーツツーリング総まとめ#2(〜1000cc)【電脳装置満載の新世代ツアラー|新型バイクカタログ】

快適性と走る楽しさを両立したスポーツツーリングクラス。’21の3代目ハヤブサに引き続き、’22年も新型モデルが各社から続々と登場。ツーリングブームとともに目が離せないカテゴリーだ。 カワサキ ニンジャH2 SX/SE:前車追従型クルーズコントロールでハイウェイ移動は楽々 カワサキならではのバランス型スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツツアラーが’22でモ […]

スズキ新型「GSX-S1000GT」は160万円切りで2/17発売! メーターに地図を表示可能でシフター、ETC2.0も装備

スズキは、GSX-S1000をベースとした新型スポーツツーリングモデル「GSX-S1000GT」の国内仕様を正式発表した。基本的に欧州と同じ仕様・装備を踏襲しながら、日本独自の専用装備としてETC2.0車載器を標準搭載する。 電子制御が進化し、スマートフォン接続には専用アプリ「SUZUKI mySPIN」を初導入 スズキは新型スポーツツーリングモデル「GSX-S1000GT」をついに国内正式発表。 […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース