カワサキ ニンジャ650/KRTエディション[新型バイクカタログ]【スマホ接続機能も持った軽快なミドルツアラー】

ニンジャ650/KRTエディション 概要

「ファン・スタイル・イージー」をコンセプトに、国内仕様では68psを発揮する水冷パラツインエンジンと軽量&スリムな車体を組み合わせ、ビギナーからベテランまで軽快な走りが楽しめるミドルクラスのロードスポーツ。

’20のモデルチェンジで逆スラントの最新ニンジャ顔を得るとともにLEDヘッドライトを獲得。さらにメーターを従来のアナログ+モノクロ液晶からスマホ連動機能も搭載したカラーTFTパネルへと変更した。エンジン面も中速トルクを厚くしてユーロ5にも対応。

’22 ニンジャ650[北米仕様]

北米ではひと足早く’22モデルが発表された。’21国内と同じライムグリーンのKRTカラーのほか、新色として緑の差し色が際立つホワイト×グレーと、シックな単色グレーの計3色展開だ。

カワサキ ニンジャ650/KRTエディション

【’22 KAWASAKI Ninja 650 [US]】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1043cc 141ps/10000rpm 11.3kg-m/8000rpm ■236kg シート高820mm 19L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン)/ブルートゥース ●色:ホワイト×グレー グレー [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

先行発表された北米’22モデルには、STD新色のホワイト×グレーと単色グレーが登場。

’22 ニンジャ650 KRTエディション[北米仕様]

【’22 KAWASAKI Ninja 650 KRT EDITION [US]】●色:グリーン×ブラック [写真タップで拡大]

’21 ニンジャ650

国内’21モデルは、レーシーなストライプの入ったグランプリレッドと単色ブラックの2ラインナップ。レッドは3万3000円高だ。

カワサキ ニンジャ650

【’21 KAWASAKI Ninja 650】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 649cc 68ps/8000rpm 6.4kg-m/6700rpm ■194kg シート高790mm 15L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ■ブルートゥース ●色:メタリックスパークブラック×メタリックインペリアルレッド ●価格:90万2000円 [写真タップで拡大]

’21 ニンジャ650 KRTエディション

カワサキ ニンジャ650 KRTエディション

【’21 KAWASAKI Ninja 650 KRT EDITION】●色:ライムグリーン×エボニー ●価格:90万2000円 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャ650|スクリーン
[写真タップで拡大]

【独自機構のスクリーン】スクリーンはボルトの代わりにフックを多用し、アッパーカウルと一体化した段差の少ないフォルムを実現。

カワサキ ニンジャ650|メーター
[写真タップで拡大]

【ミドルでもカラーTFTメーター】自動調光機能を備えた4.3インチのフルカラーTFTメーターは、ブルートゥースと専用アプリによるスマホ連動機能付きと豪華仕様だ。

カワサキ ニンジャ650|DCソケット
[写真タップで拡大]

【DC電源も標準】DC12Vソケットもオプションで用意。メーター脇にきれいに収まり、普段使いから様々なツーリングシーンまで活躍してくれる。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ニンジャ650/KRTエディションに関連する記事

650の「Z&ニンジャ」先祖は80年代のアメリカンだった!? カワサキ水冷並列2気筒の長〜い歴史

カワサキスピリット=長寿エンジン? W1やマッハIII、Z1やニンジャ(GPZ900R)など、名車と言われる大型モデルが数多いカワサキだが、カワサキというメーカーの特徴に「長寿エンジンの多さ」がある。 たとえば1976年登場のZ650を原点として「ザッパー系」と呼ばれる空冷4気筒750cc(実際は738cc)は、2007年に生産終了となったゼファー750まで存続したし、それより一回り小さい空冷4気 […]

2021新型バイク総まとめ:日本車大型スポーツツーリングクラス【新ハヤブサ効果でメガスポーツ復権なるか?】

余裕ある排気量による快適ツーリング性能とワインディングを楽しめるスポーツ性能が同居する大型スポーツツーリングクラス。’21年はついに『ヤングマシン』誌が主催する『マシン オブ ザ イヤー』で9度も頂点に輝いた「ハヤブサ」が3代目となって登場し、このクラスの話題を独占した。 極上3代目ハヤブサが待望のデビュー! ZX-14Rをも呼び起こす? ウインドプロテクションに優れたフルカウルを身に […]

カワサキが北米で「KLX300/SM」「ニンジャ400/650」「バルカンS」2022年モデルを発表!

カワサキは北米で2022年モデルを一挙に発表。Z900RS/カフェやニンジャZX-14R、Zファミリーに続いてご紹介するのは、日本では販売終了したデュアルパーパス車KXL250の北米版「KLX300/SM」と2気筒スポーツの「ニンジャ400/650」、そしてニンジャ650と同系エンジンを搭載する「バルカンS」だ。 パワフルな292cc単気筒、オフロードモデルKLX300Rの兄弟車「KLX300」 […]

2021新車バイクラインナップ〈大型スポーツ&ツーリングクラス|日本車最新潮流解説〉

高速クルージングとスポーツ性能を併せ持つ大型ツアラークラス。近年は軽快な1000ccクラスに人気が移行していたこのクラスだが、’21年はいよいよオーバーリッターのハヤブサが復活。メガスポーツの復権なるか、見逃せない1年になりそうだ。 大型スポーツツーリング:いよいよハヤブサ復活。’21最大の注目となるか 余裕ある排気量とウインドプロテクションに優れたカウリングで、高速道路や […]

カワサキ’21モデルの新色はほぼ出揃った!〈前編|ニンジャ&Zシリーズ〉

ニンジャ400:ニンジャシリーズにも’21注目色が登場 専用ユニットと250並みの170kgを切る車体で、圧巻の動力性能を示す人気400スーパースポーツ・ニンジャ400。’21は3色すべてがニューカラーとなる。ライム×黒は、アンダーカウルなどを白とした最新KRT仕様。全身ブラックも投入した。青は、注目のパールナイトにロゴが大きく入る斬新なイメージだ。 ニンジャ1000SX: […]

’20 カワサキ ニンジャ650試乗インプレッション【万能モデルのお手本】

カワサキ ニンジャ650がモデルチェンジ。ニンジャ400/250、そして間もなく登場するZX‐25Rらと共通イメージのフロントマスクに刷新されただけでなく、基本設計を継承しながらもETC2.0標準搭載やスマートフォンとの連動性など、ユーティリティの面でも大幅にバージョンアップしている。 [◯]現代における万能選手。街も旅もこれ1台で! ニンジャ400/250、そして間もなく登場するZX-25Rらと […]

’20新車バイク総覧〈大型スポーツ&ツーリング|国産車#1/3〉カワサキ

高速クルージングのみならずスポーツ性能も併せ持つ、600cc以上の大型スポーツ&ツアラータイプ。このカテゴリーのモデルバリエーションが豊富なカワサキから’20年新型の4台、Ninja 1000 SX、Ninja H2 SX SE+、Ninja ZX-14R、Ninja 650を紹介する。 快適度を増したツアラー忍者〈Ninja 1000 SX〉 ’11年の初代デビュー以来、 […]

ミドルスポーツ編[2019新車走評]カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #03

リッターSSより軽量コンパクトな車格が魅力。レース参戦を見据えた600ccはラインナップが縮小したが、YZF-R6、そして2019年にニンジャZX-6Rがモデルチェンジし、気を吐く。さらに、ファンライド寄りのCBR650Rがブランニューとしてデビューした。より排気量をチョイ乗せしたアッパーミドルとしてMVアグスタのF3 800も選べる。 レースを視野に入れるか、排気量+αで楽しむか? 人知を超えた […]

新型バイクカタログ[日本車|クラス別]

WEBヤングマシン|最新バイク情報