ヤマハMT-09/SP[新型バイクカタログ]【3代目はモノアイヘッドライト】

MT-09/SP概要

ユーロ5相当の平成32年排気ガス規制に適合し、国内では’21年7月末に上級版のSPが、8月末にSTDが発売された3代目MT-09。

並列3気筒エンジンは主要パーツの多くを新設計とし、インジェクター取付位置も変更。電子制御スロットルと6軸IMUも新たに採用されて、リフトコントロール/スライドコントロール/ブレーキコントロールと、スーパースポーツに迫る機能が与えられることとなった。車体もフレームを新設計したほか、鍛造に迫る強度と靭性を新製法で実現したアルミ鋳造ホイールを装備。

特徴的な新ヘッドライトは1灯でHi/Loを兼用するバイファンクションLEDを採用し、その左右には逆ハの字型のLEDポジションランプを配置する。SPはクルーズコントロール装備のほかに前後サスペンション/シート/塗装などが専用仕様だ。

’21 MT-09 SP ABS

'21 ヤマハ MT-09 SP ABS|ブラックメタリックX

【’21 YAMAHA MT-09 SP ABS】■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 888cc 120ps/10000rpm 9.5kg-m/7000rpm ■車重190kg シート高825mm 14L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:ブラックメタリックX ●価格:126万5000円 ●発売日:’21年7月28日 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ MT-09 SP ABS|クルーズコントロール
'21 ヤマハ MT-09 SP ABS|フロントサスペンション

【SPの特別装備】上級版SPは、DLCコーティングの専用フロントサスペンション/オーリンズリアサスペンション/ダブルステッチシート/クルーズコントロールも追加する。 [写真タップで拡大]

’21 MT-09 ABS

'21 ヤマハMT-09 ABS|パステルダークグレー

【’21 YAMAHA MT-09 ABS】■車重189kg ●色:パステルダークグレー ディープパープリッシュブルーメタリックC マットダークグレーメタリック6 ●価格:110万円 ●発売日:’21年8月26日 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハMT-09 ABS|ディープパープリッシュブルーメタリックC
'21 ヤマハMT-09 ABS|マットダークグレーメタリック6

カラーバリエーションはグレー/ブルー/マットダークグレーの3色展開。 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハMT-09 ABS/SP ABS|エンジン
[写真タップで拡大]

【43cc排気量アップ】ユーロ5に対応する新エンジンは排気量も43ccアップして888ccに。上下方向対応のクイックシフターも標準装備だ。

'21 ヤマハMT-09 ABS/SP ABS|スピードメーター
[写真タップで拡大]

【3.5インチTFT液晶メーター】メーターは3.5インチのフルカラーTFTパネルに進化。別売ETC車載器のインジケーター表示機能も付いている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

MT-09/SPに関連する記事

新型ヤマハMT-09/トレーサー9GT開発者インタビュー【コントロール性と刺激の両立を】

上の写真は、ヤマハ新型MT-09/トレーサー9GTの両プロジェクトリーダーを担当した北村悠氏(中央)と、開発スタッフの面々。彼らによって、3気筒のMTシリーズは第3世代として新たなる刺激的な歴史をスタートさせたのだ。本記事では彼らの熱い思いに満ちたインタビューをお届けする。 サウンドの造り込みや電子制御にも徹底してこだわる ──新型のコンセプトは? MT-09 のコンセプトは、”The […]

2021新型バイク総まとめ:日本車大型ネイキッドクラス【GSX-S1000の電撃刷新でサイバー系が躍進!】

ユーロ5対応とともに電脳進化が進む大型ネイキッドクラス。’21年はGSX-S1000がフォルムも未来を先取したかのようなサイバーな雰囲気になって新生。MT-09&07兄弟もモノアイのニューフェイスで国内登場した。迎え撃つ既存モデルも熟成にて勝負を挑む。 スズキとヤマハの新作ネイキッド対決に注目 フルカウルを持たず、むきだしのエンジンが存在を主張するネイキッドクラスは、どんな時代でも&# […]

ヤマハMT-09/SPディテール写真解説【エンジン/フレーム/電子制御:全盛りフルモデルチェンジ】

官能トルクの新機軸エンジンでモーターサイクルの世界に旋風を巻き起こしたヤマハMT-09が、さらに魅力を増したユーロ5時代対応の第3世代に進化して登場。ディテール写真を見ながらその特徴を解説する。 エンジンとフレームを刷新。電子制御も進化した ’14年の登場から初となるフルモデルチェンジを果たしたMT-09。エンジンはストロークアップによる排気量43cc増で4psのパワーアップを実現した […]

ヤンチャさと安心感が同居! ヤマハMT-09/SP試乗インプレッション【言うことを聞く暴れん坊】

官能トルクの新機軸エンジンでモーターサイクルの世界に旋風を巻き起こしたヤマハMTシリーズが、さらに魅力を増したユーロ5時代対応の第3世代に進化して登場。3気筒ネイキッドのMT-09と上級版SPは、扱いやすい低中回転に対し、ひとたび高回転まで回すと豹変するヤンチャぶりが魅力だったが、新型となってどう変わったのか? テスター丸山浩氏が全開でテスト開始! “言うことを聞かせられる暴れん坊&# […]

YZF-R7は序章にすぎない!? ヤマハ3気筒の新型「YZF-R9」出現の状況証拠はこれだけある!

ヤマハは、並列2気筒のMT-07をベースとしたフレンドリーなスーパースポーツモデル「YZF-R7」を5月に発表。2021年冬には日本への導入も予告されている。そこへ新たなニュースが飛び込んできた。欧州でR9およびR2という商標が出願されているというのだ! 日本ではYZF-R1~R9の全てのナンバーを出願しているが…… ヤマハは、2021年5月に新型YZF-R7を世界同時公開。日本でも2021年冬の […]

ヤマハ新型MT-09/MT-07が国内販売開始【09SP/07が7/28〜、09STDは8/26〜】

ヤマハの’21新型「MT-09 SP」と「MT-07」が7月28日に、「MT-09(STD)」が8月26日に発売される。MT-09/SPはシャーシ全面刷新&排気量アップ、しかも電脳化まで推し進めながら、STDで約8万円アップに抑えられているのは驚きだ。また、弟分のMT-07も約2万円アップでしかない。’21年、再びMT旋風が吹き荒れそうだ! ヤマハ人気シリーズの新型発売。欲 […]

エンジン&フレーム刷新! 大幅進化のヤマハ新型「MT-09/SP」国内発売決定

ヤマハは、「MT-09 ABS」および「MT-09 SP ABS」をフルモデルチェンジし、2021年モデルとしてそれぞれ2021年8月26日/7月28日に発売する。ストロークアップで888ccとした新型エンジンを新設計フレームに搭載し、新型軽量ホイールなどで武装している。 エンジンとデザインだけじゃない! 細部にわたる刷新、SPはクルーズコントロールも ヤマハは、“Synchronized Per […]

2021新車バイクラインナップ〈大型ネイキッドクラス|日本車最新潮流解説〉

’21年の大型ネイキッドカテゴリーは各メーカーとも続々とユーロ5に対応したモデルチェンジを実施。同時にヤマハMT-09/07やホンダCB1000Rなど、スタイリングもさらに未来を先取りしたかのような新しいセンスが採り入れられている。電脳化もますます進んでおり、目が離せない。 大型ネイキッド:’21はプレミアムなZ H2に主力価格帯のMT兄弟が挑む むき出しのエンジンがメカニ […]

新型ヤマハMT-09は排気量アップ×軽量化×最新電脳【モノアイルックでフルチェン決行】

電脳はR1譲り。気合いの全面改修で盟主は確実か? 軽量ハイパワーな3気筒ネイキッド・ヤマハMT-09が初の全面刷新を敢行した。’14年の登場以来人気を博している本作だが、近年は他メーカーの攻勢も激しい。そこで従来の個性を深化した”The Rodeo Master”をテーマに全身を磨き、再びライバルを突き放す。 心臓部は、ストロークを3.1mmアップし、従来から4 […]

ヤマハ新型「MT-09」「MT-07」「トレーサー9 GT」の発売時期が判明!

ヤマハは海外で2021年モデルを発表。これらのうち、クロスプレーンコンセプトの「MT-09」および「TRACER9 GT」、「MT-07」については2021年春頃に国内販売予定と公表されていたが、その後の調査で詳しい発売時期が明らかになった。また、北米発表の「MT-03」の新色も日本への導入が確実視される。 2021年モデルの国内販売予定車は今のところ3機種 ヤマハは、2021年モデルとして欧州と […]

【2021年モデルまとめ】ヤマハは「MT-09」「MT-07」「トレーサー9 GT」を来春以降に発売

ヤマハは欧州やアメリカで2021年モデルを発表。これらの中で日本国内販売を予定しているモデルについても公表された。クロスプレーンコンセプトの「MT-09」および「TRACER9 GT」、「MT-07」だ。ほかに北米では「MT-03」の新色も発表されており、こちらも日本への導入が確実視されている。 海外発表済みの2021年モデルのうち国内販売予定車×3機種 ヤマハは、2021年モデルとして海外で発表 […]

ヤマハ新型「MT-09 SP」も登場! クルーズコントロール、高級サス、特別色ほか

ヤマハは欧州で新型「MT-09 SP」を発表。1週間前に発表された新型MT-09の上級モデルで、現行SPモデルと同様にKYB/オーリンズのサスペンションやスペシャルカラーを与えられているほか、クルーズコントロールを新たに装備する。 各部をブラックアウトし、ダブルステッチのシートやシルバーアルマイトのスイングアームも ヤマハは欧州で新型「MT-09 SP」を発表した。先日発表されたばかりの新型MT- […]

110万円切りは確実?! ヤマハ新型「MT-09」の国内発売は2021年春以降と判明!【映像あり】

欧州で発表されたヤマハ新型「MT-09」だが、さっそく続報が入ってきた。同時に北米でも発表され、こちらでは価格も明らかに。従来型の価格と比較してみると、フルモデルチェンジ&電子制御満載の割には価格上昇が最小限と判明したぞ! MT-09の北米価格は従来型が8999ドル=約93万8000円、新型は9399ドル=約98万円! 欧州ヤマハが発表した新型MT-09について続報だ。日本でも欧州での登場が正式に […]

【119馬力/189kg】ヤマハ新型「MT-09」フルモデルチェンジして正式発表

欧州ヤマハは、排気量アップした3気筒エンジンを新フレームに搭載した2021年モデルの「MT-09」を発表した。デザインも完全に一新され、電子制御は6軸IMUの採用によりトラクション、スライド、ウイリー、ブレーキをトータルでコントロールする。 ↓↓追加情報が出ました↓↓ 排気量は3.1mmのストロークアップで847→890ccへ|IMU+電子制御スロットル採用 欧州ヤマハは新型MT-09を発表。エン […]

【映像】ヤマハ新型MT-09か…欧州でティーザー開始! 排気量アップ&フレーム刷新も確実

ヤマハが欧州でティーザーを開始! 「日本のダークサイド」を謳うマシンが夜を走り、その姿が細切れに映し出される。ダークサイド・オブ・ジャパンといえば、MT-09が最初に登場した時のキーワードだ。ユーロ5準拠のニューエンジンとともにフルモデルチェンジか?! MT-25系とも違うフェイスまわり、スイングアームマウントをやめたナンバーホルダー、そして新型エンジン……? 欧州ヤマハが公開したティーザー映像は […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報