第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ヤマハMT-09/SP [’22後期 新型バイクカタログ]:グラフィック変更&シアンホイール採用

ヤマハMT-09/SP

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月19日

ヤマハMT-09/SP 概要

’21で歴代初となるフルモデルチェンジを実施。排気量を888ccに拡大して全域パワーアップしたほか、6軸IMUと電子制御スロットルを新採用。電脳装備もトラクションコントロール/スライド/ウイリー/ブレーキコントロールなど大幅に進化した。新作フレームはヘッドパイプ位置を下げたほか剛性を最適化し、ハンドリングと汎用性を向上。上級版となるSPは、フロントKYB製/リヤオーリンズ製サスペンションとなるほか、クルーズコントロールも追加で標準装備となった。カラーリング/グラフィックを変更した’22モデルは、シアンカラーのホイールが新鮮だ。

’22 ヤマハMT-09

主要諸元

ヤマハMT-09/SP

【’22 YAMAHA MT-09】■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 888cc 120ps/10000rpm 9.5kg-m/7000rpm ■189kg シート高825mm 14L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●クイックシフター(アップ/ダウン) ●色:パステルダークグレー ディープパープリッシュブルーメタリックC マットダークグレーメタリック6 ●価格:110万円 ●発売日:2022年7月28日 [写真タップで拡大]

ヤマハMT-09/SP
ヤマハMT-09/SP

【カラーバリエーション】STDは、パステルダークグレー/ディープパープリッシュブルーメタリックC/マットダークグレーメタリック6の3色展開。 [写真タップで拡大]

エンジン

ヤマハ MT-09|エンジン

120psを発揮する888cc並列3気筒。’21で1&2速のギヤレシオやアシスト&スリッパークラッチも改良された。 [写真タップで拡大]

ヤマハ MT-09|マフラー

マフラーは車体下にボックス型サイレンサーを置き、エンド部は地面に向かってエンド左右から開口している。 [写真タップで拡大]

主要装備

ヤマハ MT-09|ヘッドライト

1灯でハイ/ロー両ビームを照射するバイファンクションLEDヘッドライト。その両側をポジションランプが挟む。 [写真タップで拡大]

ヤマハ MT-09|メーターパネル

フルカラーTFTメーターは3.5インチで視界の確保と開放感を優先。タコメーターは回転数に応じて色が変化する。 [写真タップで拡大]

’22 ヤマハMT-09SP

主要諸元

ヤマハMT-09 SP

【’22 YAMAHA MT-09 SP】■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 888cc 120ps/10000rpm 9.5kg-m/7000rpm ■190kg シート高825mm 14L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●クイックシフター(アップ/ダウン) ●色:ブルーイッシュホワイトメタリック2 ●価格:126万5000円 ●発売日:2022年7月6日 [写真タップで拡大]

主要装備

ヤマハMT-09 SP
ヤマハMT-09 SP

SPはオーリンズ製リヤショック/高速&低速の圧減衰が独立調整可能なKYB製Fフォーク/オートクルーズ/バフ掛けスイングアームを装備。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース