チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ヤマハMT-09/SP[新型バイクカタログ]【3代目はモノアイヘッドライト】

MT-09/SP 概要

ユーロ5相当の平成32年排気ガス規制に適合し、国内では’21年7月末に上級版のSPが、8月末にSTDが発売された3代目MT-09。

並列3気筒エンジンは主要パーツの多くを新設計とし、インジェクター取付位置も変更。電子制御スロットルと6軸IMUも新たに採用されて、リフトコントロール/スライドコントロール/ブレーキコントロールと、スーパースポーツに迫る機能が与えられることとなった。車体もフレームを新設計したほか、鍛造に迫る強度と靭性を新製法で実現したアルミ鋳造ホイールを装備。

特徴的な新ヘッドライトは1灯でHi/Loを兼用するバイファンクションLEDを採用し、その左右には逆ハの字型のLEDポジションランプを配置する。SPはクルーズコントロール装備のほかに前後サスペンション/シート/塗装などが専用仕様だ。

欧州では新色としてシアンをイメージカラーとした’22年モデルが登場している。

’22 MT-09[欧州仕様]

'22 ヤマハ MT-09

【’22 YAMAHA MT-09|EU MODEL】■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 888cc 120ps/10000rpm 9.5kg-m/7000rpm ■189kg シート高825mm 14L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:シアンストーム アイコンブルー テックブラック ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'22 ヤマハ MT-09
'22 ヤマハ MT-09

欧州仕様車の’22年カラーチェンジモデルはシアンストーム/アイコンブルー/テックブラックの3色。 [写真タップで拡大]

’22 MT-09 SP[欧州仕様]

'22 ヤマハ MT-09

【’22 YAMAHA MT-09 SP|EU MODEL】 [写真タップで拡大]

'22 ヤマハ MT-09
'22 ヤマハ MT-09

SPはオーリンズ製リヤサスペンションやクルーズコントロールのほか、専用ステッチシートやFフォークのDLCコート加工、ブラックの専用車体色などを持っている。 [写真タップで拡大]

’21 MT-09 ABS

スタイリング

'21 ヤマハMT-09 ABS|ディープパープリッシュブルーメタリックC

【’21 YAMAHA MT-09 ABS】■水冷4スト並列3気筒DOHC4バルブ 888cc 120ps/10000rpm 9.5kg-m/7000rpm ■車重189kg シート高825mm 14L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:パステルダークグレー ディープパープリッシュブルーメタリックC マットダークグレーメタリック6 ●価格:110万円 ●発売日:’21年8月26日 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハMT-09 ABS|パステルダークグレー
'21 ヤマハMT-09 ABS|マットダークグレーメタリック6

カラーバリエーションはグレー/ブルー/マットダークグレーの3色展開。 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ MT-09 ABS|ライディングポジション

’14年に登場して以来、7年越しにフルモデルチェンジが行われた現行車。エンジンとフレームが刷新され、電子制御も充実した。フルLEDとなりモノアイ化したヘッドライトで独特な小顔に。 [写真タップで拡大]

エンジン

'21 ヤマハ MT-09 ABS|エンジン

主要パーツのほとんどを新設計とし、43ccの排気量アップで4psのパワーアップを果たした新エンジン。1&2速のギヤレシオやアシスト&スリッパークラッチも改良された。上下両方向のクイックシフターも搭載する。 [写真タップで拡大]

足まわり

'21 ヤマハ MT-09 ABS|フロントまわり
'21 ヤマハ MT-09 ABS|ホイール

高い強度と靭性に加え約700gの軽量化まで果たしたスピンフォージド鋳造ホイールを採用。STDは前後ともにKYB製のアジャスタブルサスペンション、フロントブレーキにはラジアルマウントのモノブロックキャリパーを搭載する。 [写真タップで拡大]

主要装備

'21 ヤマハ MT-09 ABS|ヘッドライト

LEDヘッドライトは、他のヤマハ車にも続々と採用されている1灯でハイ/ロー両ビームを照射するバイファンクションタイプだ。 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ MT-09 ABS|ハンドル

ハンドルとステップ位置を2段階に調整できる。トレーサーと同様にラジアルマスターシリンダーやテーパーバーを採用。 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハMT-09 ABS/SP ABS|スピードメーター

【3.5インチTFT液晶メーター】メーターは3.5インチのフルカラーTFTパネルに進化。別売ETC車載器のインジケーター表示機能も付いている。 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハMT-09 ABS|タンク
'21 ヤマハMT-09 ABS|シート

燃料タンク容量は14L。WMTCモード燃費はトレーサーと同じく20.4km/Lだが、モタードを思わせるスリムなシートとあいまって足着き性能はMT-09に軍配が上がる。 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ MT-09 ABS|マフラー

新作マフラーは車体下に置いたボックス型サイレンサーから地面に向けてエンド部が左右に開口。反響音も考慮したサウンド設計だ。 [写真タップで拡大]

’21 MT-09 SP ABS

'21 ヤマハ MT-09 SP ABS|ブラックメタリックX

【’21 YAMAHA MT-09 SP ABS】■車重190kg ●色:ブラックメタリックX ●価格:126万5000円 ●発売日:’21年7月28日 [写真タップで拡大]

足まわり

'21 ヤマハ MT-09 SP ABS|フロントまわり
'21 ヤマハ MT-09 SP ABS|リヤまわり

新設計のスイングアームは上位モデルSPのみバフ&アルマイト処理を施され、より洗練されたスタイリングに。倒立フォークはDLCコーティングのKYB製専用フロントサスペンション。リヤも専用のオーリンズ製だ。 [写真タップで拡大]

主要装備

'21 ヤマハ MT-09 SP ABS|クルーズコントロール

トレーサー900GTがすでに採用しているクルーズズコントロールシステムを、MT-09として’21年型のSPが初導入。スイッチはトレーサーに準じる。 [写真タップで拡大]

YAMAHA MT-09 SP ABS

SPはブラックアルマイトのハンドルバー&レバー/塗り分け塗装の燃料タンク/スモーククリア処理のブレーキリザーバータンク(前後とも)を採用。 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ MT-09 SP ABS|シート

シートはスエード調にダブルステッチを施した専用表皮を採用。上質な高級感を漂わせる。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

MT-09/SPに関連する記事

[’22前期]国産大型ネイキッド総まとめ#1(751cc〜)【懐古スタイルを捨て、より先鋭的に|新型バイクカタログ】

懐古系モデルが人気を集める一方で、オートバイのスタンダードスタイルであるネイキッドクラスは、電脳時代をストレートに反映した近未来デザインを続々と採用。’22も最新鋭となったMT-10を皮切りにサイバーな進化を続ける。 電脳時代に合わせた先進デザインが増えてきた むき出しのエンジンにアップライトなハンドルポジション、公道ユースに合わせた出力特性やハンドリングと、オートバイの基本スタイルと […]

MT-09/SPカスタム:ツーリングの快適性と運動性能を無理なく両立〈プロトカスタムダイバー〉

2輪/4輪のカスタムパーツの製作&輸入を手がけるプロトは、最近では電動モビリティやイタリアンマシン・ベネリの輸入も実施。「プロトカスタムダイバー」は、そんなプロトの自社製品/取扱いアイテムを厳選した車種別ラインナップを展開している。本記事では新型MT-09向けアイテムを紹介する。 テーマに応じてセレクトした車種別カスタム提案 プロトが取り扱う、国内外のアイテムからテーマに応じて車種専用に厳選した商 […]

バイクのメーターはどうやって作られるのか?〈メーカー直撃・開発者インタビュー〉

『個性派&傑作揃いの”メーター”年代記』と銘打って、1959~2021年のバイクメーター史を振り返った本特集。だがこれらのメーターが、どういった過程でどんな意図で開発されるのかについては、ほとんど知られていないもの。そこで編集部では、ヤマハに直撃インタビューを敢行。’21年に発売されたMT-09/トレーサー9GTを例に、メーター開発の裏側を探った。 ヤマハの最新 […]

ヤマハMT-09/SP[新型バイクカタログ]【3代目はモノアイヘッドライト】

MT-09/SP 概要 ユーロ5相当の平成32年排気ガス規制に適合し、国内では’21年7月末に上級版のSPが、8月末にSTDが発売された3代目MT-09。 並列3気筒エンジンは主要パーツの多くを新設計とし、インジェクター取付位置も変更。電子制御スロットルと6軸IMUも新たに採用されて、リフトコントロール/スライドコントロール/ブレーキコントロールと、スーパースポーツに迫る機能が与えられ […]

最新おすすめカスタムパーツ×8選〈ヨシムラ ニンジャZX-25Rウィンドアーマーetc.〉

ヨシムラ ウィンドアーマー[‘20 ニンジャZX-25R用] ヨシムラジャパンより、ZX-25R用のウィンドスクリーンが新登場。純正と比べ20mmロング/70mmアップで高速走行時の快適性が向上する。純正カウルとのバランスを崩さないデザインもマル。 アクティブ パフォーマンスダンパー[CB400SF/SB用] 高性能4輪車に装着され定評のあるパフォーマンスダンパー。その2輪用としてCB400SF/ […]

ヤマハMT-09 SP試乗インプレッション【より熱く濃く! 官能的な異色作】

’21年モデルで排気量を43ccアップし、シャーシを全面刷新したヤマハの”ザ・ロデオマスター”MT-09。その上位版である「MT-09 SP」に試乗した。KYB製の倒立式フロントフォーク、オーリンズのリヤショックともSP専用設計で、MT-09としては初のクルーズコントロールも装備している。 ‘21 ヤマハMT-09 SP [〇] 上質であり本気で速い。シャーシの進化も実感 […]

’21新型スズキGSX-S1000徹底解剖:ライバル比較編〈vs MT-09/ニンジャ1000SX〉

新型スズキGSX‐S1000の実力を検証する今回の企画。本記事では、ライバル対決として’21年夏に国内登場した3代目ヤマハMT-09SPと、カワサキの直4ベストセラー・ニンジャ1000SXの2台もワインディングに持ち込み、テスター丸山浩氏が比較試乗を行なった。 ヤマハMT-09:まったく異なる峠の世界観 まずは同じスポーツネイキッドのMT-09からだ。試乗したのはフロントにKYB、リヤ […]

RZ350カラーだ!! XSR700に新色登場/MTシリーズはシアンが特色/テネレ700&ラリーも新色

ヤマハは欧州で2022年モデルを相次いで発表している。主要な変更モデルについての情報はすでに記事化しているが、ここではカラーチェンジを受けたレギュラーモデルについて取り上げていこう。いずれも価格は未発表だ。 XSR700はRD350LC(RZ350)カラー、XSR700 XTributeは1981年のカラーリングを再現 ヤマハは欧州で、EICMA開幕直前のタイミングで2022年モデルを発表。EIC […]

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース