カワサキ ニンジャZX-6R/KRTエディション [’22後期 新型バイクカタログ]:排気量ちょい多めの636cc

カワサキ ニンジャZX-6R KRTエディション

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年8月11日

カワサキ ニンジャZX-6R/KRTエディション 概要

レースレギュレーションに縛られない636ccの排気量設定で、ツーリングシーンなどに余裕をもたせた600スーパースポーツ。’22STDモデルはユーロ4仕様のまま新色のグレー×ブラックにカラーチェンジした。ライムグリーンのKRTエディションは’21からの継続色だ。

’22 カワサキ ニンジャZX-6R [STD]

主要諸元

カワサキ ニンジャZX-6R KRTエディション|メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックディアブロブラック

【’22 KAWASAKI Ninja ZX-6R】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 636cc 126ps/13500rpm 7.1kg-m/11000rpm ■197kg シート高830mm 17L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ) ●色:メタリックマットグラフェンスチールグレー×メタリックディアブロブラック ●価格:137万5000円 [写真タップで拡大]

主要装備

カワサキ ニンジャZX-6R/KRTエディション|メーター

【アナログタコを継承】旧ニンジャシリーズで主流だったアナログタコメーター+モノクロ液晶パネルを採用。ストリート用途を考慮してバー式燃料計も完備する。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-6R/KRTエディション|クイックシフター

【クイックシフター標準】クイックシフターも標準装備。電子制御スロットルは採用されていないため、アップ方向のみの作動だ。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-6R/KRTエディション|ETC2.0

【ETC2.0も標準】国内仕様はETC2.0車載器をフロントシート下に標準装備。インジケーターはメーターパネル内に表示される。 [写真タップで拡大]

’22 カワサキ ニンジャZX-6R KRTエディション

主要諸元

カワサキ ニンジャZX-6R KRTエディション|ライムグリーン×エボニー

【’22 KAWASAKI Ninja ZX-6R KRT EDITION■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 636cc 126ps/13500rpm 7.1kg-m/11000rpm ■197kg シート高830mm 17L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ■クイックシフター(アップ) ●色:ライムグリーン×エボニー ●価格:137万5000円 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース