車体色の変更のみで10月1日発売

カワサキ「ニンジャZX-6R KRTエディション」の2023年モデル発売決定! 新排出ガス規制には適合せず

カワサキモータースジャパンは、636ccの並列4気筒エンジンを搭載するスーパースポーツ「ニンジャZX-6R KRTエディション」のカラー&グラフィックを変更し、2023年モデルとして発売すると発表した。旧排出ガス規制適合の型式2BLのまま、すべてのスペックに変更はない。

636ccのトルクを生かした走りが持ち味

600クラスのスーパースポーツながら排気量をレースレギュレーションに縛られない636ccに設定し、サーキットでのスポーツ走行や峠のワインディングで楽しむことに主眼を置いたモデルがニンジャZX-6Rだ。

最高出力126psのエンジンはラムエアシステムも採用しており、加圧状態では132psに達してさらなるパワーを絞り出す。2段階パワーモードや3段階+オフから選択できるトラクションコントロール、アップ方向のクイックシフターといった電子制御デバイスを持つほか、国内仕様にはETC2.0車載器を標準装備。ツインスパーフレームやフルアジャスタブルの前後サスペンションなど車体面も抜かりはない。

2023年モデルはKRTエディションのみの発売となり、従来のKRTからはグラフィックが変更された。エンジンは令和2年排出ガス規制に対応しておらず、型式は2BLのまま。旧規制適合の継続生産車は2022年10月の生産分まで販売できるため、2BL型式ではこれが最後の新車になる。手に入れたい方はカワサキプラザ店へ急いだほうがよさそうだ。2023年モデルの価格は3万3000円プラスの140万8000円、発売日は2022年10月1日。いずれ同じ姿の8BL(新規制適合車)が登場することはあるのか、あるいは時間をおいてフルモデルチェンジして復活する可能性も? 大いに気になるところだが……。

カワサキ|ニンジャZX-6R KRTエディション|2023年モデル

KAWASAKI NINJA ZX-6R KRT EDITION[2023 model] [写真タップで拡大]

KAWASAKI NINJA ZX-6R KRT EDITION[2023 model]

主要諸元■全長2025 全幅710 全高1100 軸距1400 シート高830(各mm) 車重197kg(装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 636cc 126ps/13500rpm(ラムエア加圧時132ps/13500rpm) 7.1kg-m/11000rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●価格:140万8000円 ●色:緑×黒 ●発売日:2022年10月1日

カワサキ|ニンジャZX-6R KRTエディション|2023年モデル

KAWASAKI NINJA ZX-6R KRT EDITION[2023 model] [写真タップで拡大]

カワサキ|ニンジャZX-6R KRTエディション|2023年モデル

KAWASAKI NINJA ZX-6R KRT EDITION[2023 model] [写真タップで拡大]

カワサキ|ニンジャZX-6R KRTエディション|2023年モデル

KAWASAKI NINJA ZX-6R KRT EDITION[2023 model] [写真タップで拡大]

参考:2022年モデルのKRTエディション [写真タップで拡大]

カワサキ|ニンジャZX-6R KRTエディション|2023年モデル

KAWASAKI NINJA ZX-6R KRT EDITION[2023 model] [写真タップで拡大]

カワサキ|ニンジャZX-6R KRTエディション|2023年モデル

KAWASAKI NINJA ZX-6R KRT EDITION[2023 model] [写真タップで拡大]

カワサキ|ニンジャZX-6R KRTエディション|2023年モデル

KAWASAKI NINJA ZX-6R KRT EDITION[2023 model] [写真タップで拡大]

カワサキ|ニンジャZX-6R KRTエディション|2023年モデル

KAWASAKI NINJA ZX-6R KRT EDITION[2023 model] [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース