ホンダX-ADV[新型バイクカタログ]:’21フルモデルチェンジで出力向上&機能充実

X-ADV 概要

クラッチ操作がいらないDCT仕様のNC750系をベースに設計されたアドベンチャースクーター。’21モデルで大幅刷新され、鋼管フレームはパイプ構成などを見直して単体で1kg軽量化。シート下トランクの容量拡大や足着き性向上も図られた。エンジンは、ピストン/クランクシャフトカウンターウェイト/バランサー軸径などが改良され、1.4kgの軽量化と4馬力の出力アップを達成した。

電子制御スロットルの新採用により、ライディングモードも新搭載。エンジン出力とトラクションコントロール制御、ATモード選択時のシフトスケジュールなどが連動して切り替わる。機能面では、接続したスマホを音声入力で操作できるシステムを搭載。ヘッドライトにはデイタイムランニングライト機能が与えられた。エマージェンシーストップシグナルも採用する。

’21 X-ADV

ホンダX-ADV|パールディープマッドグレー

【’21 HONDA X-ADV】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 745cc 58ps/6750rpm 7.0kg-m/4750rpm ■車重236kg シート高790mm 13L ■タイヤサイズF=120/70R17 R=160/60R15 ■ブルートゥース ●色:パールディープマッドグレー グラファイトブラック ●価格:132万円 [写真タップで拡大]

ホンダX-ADV|グラファイトブラック
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはグレー/ブラックの2色展開。

ホンダX-ADV|マフラー
[写真タップで拡大]

【マフラーカチ上げ!】利便性や車体基本構成はスクーターに近いが、ルックスはアドベンチャーやラリーモデルを強く意識。前後ホイールもスポークタイプを履く。

ホンダX-ADV|フロントタイヤ
ホンダX-ADV|リアタイヤ

【本格的な脚まわり】ストロークが長めの前後サスペンションはプリロード調整が可能。41mm径の倒立フロントフォークは伸側減衰力も調整できる。 [写真タップで拡大]

ホンダX-ADV|スクリーン
ホンダX-ADV|スクリーン

【防風性&調整域がアップしたスクリーン】手動2アクションで高さ&角度を5段階に調整できるウインドスクリーンを装備。 [写真タップで拡大]

ホンダX-ADV|メーター
ホンダX-ADV|メーター

【ボイスコントロール対応カラーTFT液晶】機能や情報別に表示エリアを分割レイアウトした5インチカラーディスプレイは、表示パターンを4タイプに切り替えられる。 [写真タップで拡大]

ホンダX-ADV|トランク
[写真タップで拡大]

22L容量トランクにはUSBタイプCポートも備える。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

X-ADVに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車大型&ミドルスクータークラス【進撃X-ADVを追う新たなSUV系誕生に期待】

国内メーカー製に限定すると、かなり少数精鋭となるのが大型&ミドルスクータークラス。その代わり、現在新車販売されている機種はどれも大きな魅力や圧倒的な個性を備えている。海外市場向けモデルの国内仕様化にも期待したい! 選べる車種は限られるが、利便性と個性に注目すべき 15年ほど前のビッグスクーターブームが嘘のように、日本では静けさに包まれる大型&ミドルスクータークラス。日本で正規購入できる国内メーカー […]

普段使いからダート走行まで! ホンダX-ADV試乗インプレッション【電脳化促進で魅力底上げ】

アドベンチャースピリッツを持つモーターサイクルとして’17年に登場したホンダ「X-ADV」がフルモデルチェンジ。共通プラットフォームを持つNC750Xと同様の変更を受け、さらに音声操作機能のHSVCSを750ccクラスで初実装。追加されたグラベルモードも含めてチェックしたぞ! グラベルモード追加で走りがさらに瑞々しく NC750Xが’21モデルで新世代プラットフォームへと進 […]

〈動画〉電脳化で魅力アップ! ホンダX-ADV試乗インプレッション【欧州で人気のクロスオーバーマシン】

アドベンチャースピリッツを持つモーターサイクルとして ’17年に登場したホンダX-ADVがフルモデルチェンジ。 共通プラットフォームを持つNC750Xと同様の変更を受け、 さらに音声操作機能のHSVCS(ホンダスマートフォンボイスコントロールシステム)を750㏄クラスで初実装。 じっくりチェックしたぞ!

祝認可! DRL+オートライト初採用のホンダ新型「X-ADV」国内仕様登場、3/25発売

ホンダは、並列2気筒745ccエンジンを搭載するビッグSUVスクーター「X-ADV」をフルモデルチェンジし、2021年モデルとして発売する。欧州等で先行発表されていたものだが、規制によって日本では今まで採用できなかった“初物”が搭載されている。2020年から国内でも合法となったデイタイムランニングライト(DRL)だ。 スクーターとアドベンチャーを掛け合わせた個性派クロスオーバー ホンダは、NC75 […]

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型スクータークラス〉X-ADV/TMAX etc.

’19年12月に道路交通法が改正され、AT限定大型二輪免許で乗ることができる排気量が無制限化。それだけに、大型スクータークラスにはもう少し活性化する余地がありそうな気がする。そのカギを握っているのは、ホンダのDCT(デュアルクラッチトランスミッション)だろう。 ’21年はDCTスクーターの時代に!? 近年はキムコ/BMWといった海外勢や電動系スクーターの動きはあるものの、T […]

新型ホンダX-ADVは鋭くアグレッシブなフォルム+最新電脳盛りの全面強化を敢行

唯我独尊SUVがより小粋に。NCより多い5モードも搭載 スクーターの皮を被った個性派クロスオーバーが、登場以来初のビッグチェンジを受け欧州で発表された。まず注目したいのはスタイル。従来もイタリアのホンダR&Dによる大胆なデザインが魅力だったが、新型はより鋭くスリムにアグレッシブな造形へ進化。特に切れ上がった2眼とデイライト+多灯LEDが織りなす顔は鮮烈だ。 もちろん走りも強化された。NC750Xと […]

ホンダ「レブル1100、X-ADV、CB1000R、NC750X、PCX、CB125R、グロム」を国内販売!

ホンダは欧州やアメリカで2021年モデルを続々と発表したが、これらの中から今後国内で販売を予定しているモデルを公式HPで紹介した。タイと欧州で最初に発表された「GROM」から、正式発表間もない「REBEL 1100」まで、一挙に7機種。正式発表が待ち遠しい! 海外発表済みの2021年モデルより国内販売予定車×7機種 ホンダは、公式HPにおいて2021年モデルとして国内販売を予定しているグローバルモ […]

ホンダ新型「X-ADV」登場! 足着き&利便性向上、パワーアップにツインLEDの新しい顔

ホンダは欧州で2021年のニューモデルとしてX-ADVを発表した。パワー&トルクアップしたエンジンはライドバイワイヤにより4つのライディングモードを手に入れ、刷新されたボディワークにより足着きや利便性も向上。外観もさらにシャープになっている。 エンジンのレッドラインは600rpm高められ、4.2psのパワーアップを果たす ホンダは欧州で2021年のニューモデルを一挙発表。当記事ではフルモデルチェン […]

岡崎静夏のホンダX-ADV試乗インプレ後編【通勤からロングツーリングまで幅広対応】

コロナ禍でレースも練習もままならない中、3密を避けてバイク通勤しているレーサー・岡崎静夏さん。今回の相棒は、’17年のデビュー当時から大好きだというX-ADVだ。インプレッションレポート後編をお届けする。 快適に通勤しながら長旅に思いを馳せる (前ページより続く) ’20 X-ADVで街中を走っていると、やはり想いは郊外の気持ちいい道へと広がっていきます。このバイクが本領を発揮するのは […]

岡崎静夏の’20ホンダX-ADV試乗インプレ前編【”単車感”満載、幅広く楽しめる1台】

新型コロナ禍の影響でレースも練習もままならない中、3密を避けてバイク通勤しているレーサー・岡崎静夏さん。今回の相棒は、’17年のデビュー当時から大好きだというホンダX-ADVだ。その試乗インプレッションレポート前編をお届けする。 このバイク、本当の意味で幅広く楽しめる! 物心ついてから、ずっとレースをしてきました。だからいつも忙しくて、のんびりしたことがありません……。 でも、さすがにこの新型コロ […]

’20新車バイク総覧〈大型アドベンチャー&オフロード|国産車#2/4〉ホンダ

オンもオフも、街乗りもロングツーリングもを楽しめるアドベンチャーモデルは、近頃特に勢いのあるカテゴリー。本ページではホンダの大本命・早くもビッグチェンジを果たしたCRF1100Lアフリカツイン、X-ADV、VFR800X、NC750Xを紹介する。 CRF1100Lアフリカツイン:本格冒険マシンがパワーと軽さを研ぎ澄ました ’16年のデビュー以来販売好調のアフリカツインが’2 […]

’19ストリートスポーツビッグバイクの人気ランキング【マシン・オブ・ザ・イヤー投票】

その年のモデルからファン投票で人気ナンバー1を決めるガチ企画「マシン・オブ・ザ・イヤー」。国内仕様の大排気量車を対象とした「ストリートスポーツビッグバイク部門」では、総合部門と合わせKATANAが2冠を達成した。 ビッグバイク部門〈概観〉多彩なモデルが接戦を展開。CB3兄弟は揃って圏内へ 国内仕様の大排気量車を対象とした当部門では、前回ナイケンとZ900RSが、MOTY史上初となる同着1位を獲得す […]

2019新車走評:HY戦が熱い! スクーター編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #17]

マニュアル変速の必要がなくシート下などに荷物を放り込めるという気軽さが、最大の魅力。一時期と比べると、日本における250cc以上のラインアップは厳選されてきた傾向にあるが、それでもナナハンクラスから原付二種以下まで、豊富な車種が用意されている。メインとしてだけでなく、セカンドバイクとしても注目するライダーが多いカテゴリーだ! 欧州&アジア主導となり、パッケージングがやや変化 初代マジェスティ発売や […]

3輪バイク未来車予想〈ヤマハvsホンダ〉3CTとX-ADVが軸となるか!?

未来の新車を大胆に予想(×妄想)することでおなじみの『ヤングマシン』。2018年はヤマハのLMWフラッグシップとしてナイケンが登場し、大きな話題を呼んだ。続く2019年はホンダが3輪市場に手を打ってくるはずだ。3輪車の動向から目が離せない! ヤマハvsホンダの構図 ’18はヤマハがLMW第3弾として本格スポーツツーリングタイプのNIKEN(ナイケン)を市販化。ますます勢いがついた3輪市 […]

2019新型X-ADVはカモフラージュ柄がラインナップ〈2/21発売〉

アドベンチャーモデルの力強さとコミューターモデルの利便性を高次元で両立することを目指したホンダX-ADV。燃費性能に優れる直列2気筒745ccエンジン、ホンダ独自の二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」、各種センサーによりトルクを制御する「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」、クラッチを制御する「Gスイッチ」などの先進技術により、アドベンチャーモデルと […]

ホンダCRFシリーズetc.の2019年モデルをチェック

2018年10月のインターモトショーから11月のミラノショーにかけて、世界のニューモデルが一気に登場したことは記憶に新しいだろう。WEBヤングマシンでは新車情報を逐一お届けしてきたが、本特集「2019世界の新車総図鑑」にてここまで判明しているラインナップをあらためて整理しておきたい。本稿ではホンダのCRFシリーズ等の2019モデル情報についてまとめた。 [コンセプト]CRF450L ラリーコンセプ […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報