チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ホンダX-ADV[新型バイクカタログ]:フラットダートも走れる本格ナナハンDCT仕様車

X-ADV 概要

クラッチ操作がいらないDCT仕様のNC750系をベースに設計されたアドベンチャースクーター。’21モデルで大幅刷新され、鋼管フレームはパイプ構成などを見直して単体で1kg軽量化。シート下トランクの容量拡大や足着き性向上も図られた。エンジンは、ピストン/クランクシャフトカウンターウェイト/バランサー軸径などが改良され、1.4kgの軽量化と4馬力の出力アップを達成した。

電子制御スロットルの新採用により、ライディングモードも新搭載。エンジン出力とトラクションコントロール制御、ATモード選択時のシフトスケジュールなどが連動して切り替わる。機能面では、接続したスマホを音声入力で操作できるシステムを搭載。ヘッドライトにはデイタイムランニングライト機能が与えられた。エマージェンシーストップシグナルも採用する。

欧州版’22モデルには新色としてベージュが追加されている。

’22 X-ADV[欧州仕様]

'22 ホンダ X-ADV|マットイリジウムグレーメタリック

【’22 HONDA X-ADV|EU MODEL】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 745cc 58.6ps/6750rpm 7.04kg-m/4750rpm ■236kg シート高820mm 13L ■タイヤサイズF=120/70R17 R=160/60R15●色:マットイリジウムグレーメタリック マットバリスティックブラックメタリック ハーベストベージュ ※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'22 ホンダ X-ADV|マットバリスティックブラックメタリック
'22 ホンダ X-ADV|ハーベストベージュ

欧州の’22モデルにはブラック/ベージュ/グレーが新色として導入された。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'22 ホンダ X-ADV|ディスプレイ

【ボイスコントロール対応】情報を直感的に把握できる5インチフルカラー液晶ディスプレイは、4タイプから表示パターンを選択可能。ブルートゥースでスマホ&ヘッドセットを連携して声で各種操作ができるホンダスマートフォンボイスコントロールシステム(HSVCS)付きだ。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

'22 ホンダ X-ADV|シート

【22L容量確保】フルフェイスヘルメットを収納できる22L容量シート下トランクには、内部照明とUSBポートタイプCを標準装備。※写真は欧州仕様 [写真タップで拡大]

’21 X-ADV

ホンダX-ADV|パールディープマッドグレー

【’21 HONDA X-ADV】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 745cc 58ps/6750rpm 7.0kg-m/4750rpm ■車重236kg シート高790mm 13L ■タイヤサイズF=120/70R17 R=160/60R15 ■ブルートゥース ●色:パールディープマッドグレー グラファイトブラック ●価格:132万円 [写真タップで拡大]

ホンダX-ADV|グラファイトブラック

カラーバリエーションはグレー/ブラックの2色展開。 [写真タップで拡大]

ホンダX-ADV|マフラー

【マフラーカチ上げ!】利便性や車体基本構成はスクーターに近いが、ルックスはアドベンチャーやラリーモデルを強く意識。前後ホイールもスポークタイプを履く。 [写真タップで拡大]

ホンダX-ADV|フロントタイヤ
ホンダX-ADV|リアタイヤ

【本格的な足まわり】ストロークが長めの前後サスペンションはプリロード調整が可能。41mm径の倒立フロントフォークは伸側減衰力も調整できる。 [写真タップで拡大]

ホンダX-ADV|スクリーン
ホンダX-ADV|スクリーン

【防風性&調整域がアップしたスクリーン】手動2アクションで高さ&角度を5段階に調整できるウインドスクリーンを装備。 [写真タップで拡大]

ホンダX-ADV|メーター
ホンダX-ADV|メーター

【ボイスコントロール対応カラーTFT液晶】機能や情報別に表示エリアを分割レイアウトした5インチカラーディスプレイは、表示パターンを4タイプに切り替えられる。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

X-ADVに関連する記事

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:大型スクーター総まとめ【スポーティーなTMAX&SUV系のX-ADV】

ビッグスクーターが一大ブームとなったのははるか昔。このクラスは現在、国内メーカーに限定するとラインアップはかなり限られる…のだが、だからこそ厳選された魅力的な車種が多い。海外市場ではこの1〜2年、ホンダが新型を次々導入。国内仕様化は…。 選べる車種は限られるが、利便性と個性に注目 15年ほど前のビッグスクーターブームが嘘のように、日本では静けさに包まれる大型スクータークラス。日本で正規購入できる国 […]

ホンダX-ADV[新型バイクカタログ]:フラットダートも走れる本格ナナハンDCT仕様車

X-ADV 概要 クラッチ操作がいらないDCT仕様のNC750系をベースに設計されたアドベンチャースクーター。’21モデルで大幅刷新され、鋼管フレームはパイプ構成などを見直して単体で1kg軽量化。シート下トランクの容量拡大や足着き性向上も図られた。エンジンは、ピストン/クランクシャフトカウンターウェイト/バランサー軸径などが改良され、1.4kgの軽量化と4馬力の出力アップを達成した。 […]

ホンダ「グロム」に鮮烈イエロー、”SP”も見参だとッ?! 【’22 ホンダ 新色続々登場】

欧州や北米にて、続々と発表されている’22モデル。ホンダもEICMA(ミラノショー)を中心にニューカラーの発表ラッシュだ。レブルのアースカラーは既報の通りだが、X-ADVにもタフなイメージに合う新色ベージュが登場。ここではフォルツァやCB650R/CBR650R、スクーターのSHシリーズなど、ホンダの新色を一挙にご紹介しよう!! とくに注目なのはグロム。”女王蜂&#8221 […]

いま新車で買える!! 林道ツーリングを楽しめるマシンたち〈国産モデル編|ゴーライド編集部厳選〉

これから林道ツーリングに行ってみたいというオフロードビギナーや、久しぶりに林道へ行ってみようというリターンライダー、さらに乗り換えや増車を考えている人たちのために、オフロードマシン総合誌『ゴーライド』編集部が選んだ、”新車で購入できる/未舗装路もバリバリ走って林道ツーリングを楽しめる”マシンたちを、まずは国産編から一挙掲載するゾ!  オフロードも林道走行も楽しめるのはやはり […]

普段使いからダート走行まで! ホンダX-ADV試乗インプレッション【電脳化促進で魅力底上げ】

アドベンチャースピリッツを持つモーターサイクルとして’17年に登場したホンダ「X-ADV」がフルモデルチェンジ。共通プラットフォームを持つNC750Xと同様の変更を受け、さらに音声操作機能のHSVCSを750ccクラスで初実装。追加されたグラベルモードも含めてチェックしたぞ! グラベルモード追加で走りがさらに瑞々しく NC750Xが’21モデルで新世代プラットフォームへと進 […]

〈動画〉電脳化で魅力アップ! ホンダX-ADV試乗インプレッション【欧州で人気のクロスオーバーマシン】

アドベンチャースピリッツを持つモーターサイクルとして ’17年に登場したホンダX-ADVがフルモデルチェンジ。 共通プラットフォームを持つNC750Xと同様の変更を受け、 さらに音声操作機能のHSVCS(ホンダスマートフォンボイスコントロールシステム)を750㏄クラスで初実装。 じっくりチェックしたぞ!

祝認可! DRL+オートライト初採用のホンダ新型「X-ADV」国内仕様登場、3/25発売

ホンダは、並列2気筒745ccエンジンを搭載するビッグSUVスクーター「X-ADV」をフルモデルチェンジし、2021年モデルとして発売する。欧州等で先行発表されていたものだが、規制によって日本では今まで採用できなかった“初物”が搭載されている。2020年から国内でも合法となったデイタイムランニングライト(DRL)だ。 スクーターとアドベンチャーを掛け合わせた個性派クロスオーバー ホンダは、NC75 […]

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型スクータークラス〉X-ADV/TMAX etc.

’19年12月に道路交通法が改正され、AT限定大型二輪免許で乗ることができる排気量が無制限化。それだけに、大型スクータークラスにはもう少し活性化する余地がありそうな気がする。そのカギを握っているのは、ホンダのDCT(デュアルクラッチトランスミッション)だろう。 ’21年はDCTスクーターの時代に!? 近年はキムコ/BMWといった海外勢や電動系スクーターの動きはあるものの、T […]

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース