ミラノショーで注目のモデルが一挙登場

ホンダ2019国内仕様が判明! CBR650Rは103万~、新型CBR400Rも初公開!

ホンダのニューモデルの国内発売情報を速報でお届けする。本日12月10日にホンダ正規ディーラーのHonda Dreamを対象とした新製品内見会が開かれ、そこで予定発売時期と予定価格が明かされたのだ。

2019新型CBR400Rと400Xは世界初公開

ミラノショーでCBR500RおよびCB500Xとして発表されたニューモデルは、ともに日本仕様では400となり、普通二輪免許で乗れることになる。これは従来型も同様だったが、どちらかというと欧州向けのベーシックなデザインだったものが、日本やアジア市場も鑑みてか新型ではアグレッシブな外観となった。とくにCBR400RはCBR250RRルックが与えられ、それでいて価格上昇は最小限に抑えられている。

【HONDA CBR400R 2019年型国内仕様 予定価格:79万3800円 色:赤、灰、白 発売時期:’19年3月下旬予定】現行モデルは78万3000円なので、約1万円アップに留められている。しかもCB250RR ABSよりも2万円以上も安価だ。

【HONDA 400X 2019国内仕様 予定価格:81万1080円 色:黒、赤 発売時期:’19年3月下旬予定】現行モデルは79万2720円なので約2万円アップだが、専用ホイール(フロントは19インチ)などの装備を考慮すると上り幅は抑えられている。

2019新型CBR650RとCB650Rも登場!

CBR1000RRライクなスポーツスポーツルックとなったCBR650Rは、排気量の近いスーパースポーツYZF-R6(156万6000円)やニンジャZX-6R(132万8400円)などに比べて格段にリーズナブルで、ライディングポジションも楽。ネオスポーツカフェの最新版であるCB650Rも100万円を下回り、お買い得感が強い。

【HONDA CBR650R 2019年型国内仕様 予定価格:103万6800円~106万9200円 色:赤、黒 発売時期:’19年3月中旬予定】現行モデルは99万9000円~103万1400円なので、約4万円アップとなるが、外装やフレームを刷新し、エンジンもアップデートしトラコンも装備していることを考えると納得の範囲だ。6kgの軽量化も魅力だ。

【HONDA CB650R 2019年型国内仕様 予定価格:96万1200円 色:黒、赤、銀 発売時期:’19年3月中旬】前身のCB650Fは92万3000円なので、こちらも約4万円アップだが、CBR650Rと同様の変更を受けている。CBR650R同様のフロント倒立フォークやラジアルマウントのブレーキキャリパーの装備も魅力だ。

2019新型CB1100/CB1100EXは間もなく!

ユーロ4対応の空冷4気筒という価値あるエンジンを搭載するCB1100シリーズも’19年モデルが登場。RSを除く2機種が1月に発売予定だ。

【HONDA CB1100 2019年型国内仕様 予定価格:123万1200円 色:黒 発売時期:’19年1月下旬予定】STDはカラー以外に若干の変更受けている模様だ。

【HONDA CB1100EX 2019年型国内仕様 予定価格:133万8120円 色:赤、青 発売時期:’19年1月中旬予定】写真はキャンディクロモスフィアレッドの新色。

2019新型X-ADVは注目のカモフラージュカラーなど

日本で発売されればいいのに……的な記事を展開したばかりだが、早くも日本での発売が発表された。新作のマットアーマードグリーンメタリックが新鮮かつアウトドア感も抜群。

【HONDA X-ADV 2019年型国内仕様 予定価格:124万920円~127万3320円 色:マット緑、赤、銀 発売時期:’19年2月下旬予定】

関連記事

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

YM-BOY

YM-BOY

記事一覧を見る

台東生まれ台東育ち。バイク好きは大体トモダチ。
■1972年生まれ
■愛車:YAMAHA MT-09