個性際立つ750ccアドベンチャーモデル

2019新型X-ADVはカモフラージュ柄がラインナップ〈2/21発売〉

  • 2019/1/21
HONDA X-ADV

HONDA X-ADV [2019]

アドベンチャーモデルの力強さとコミューターモデルの利便性を高次元で両立することを目指したホンダX-ADV。燃費性能に優れる直列2気筒745ccエンジン、ホンダ独自の二輪車用「デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)」、各種センサーによりトルクを制御する「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」、クラッチを制御する「Gスイッチ」などの先進技術により、アドベンチャーモデルとして高い操作性を備えている。

2019新型においては、標準装備のETC車載器がVer.2.0にバージョンアップ。新たなカラーリングは、金属調で硬質な「マットビュレットシルバー」、スポーティーで鮮やかな「グランプリレッド」、アドベンチャーイメージを演出するカムフラージュ柄「マットアーマードグリーンメタリック」の全3色展開。個性的なスタイリングが際立つ1台だ。

HONDA X-ADV

HONDA X-ADV [2019] マットビュレットシルバー

HONDA X-ADV

HONDA X-ADV [2019] グランプリレッド

HONDA X-ADV

HONDA X-ADV [2019] マットアーマードグリーンメタリック

ホンダ新型X-ADVは、124万920円〜127万3320円にて2019年2月21日に発売される。

  X-ADV
全長×全幅×全高(mm) 2,230×910×1,345
軸距(mm) 1,580
シート高(mm) 790
車両重量(kg) 238
エンジン型式 水冷4スト直列2気筒OHC4バルブ
総排気量 (cc) 745
内径×行程(mm) 77.0×80.0
圧縮比 10.7
最高出力(ps/rpm) 54/6,250
最大トルク(kgf・m/rpm) 6.9/4,750
燃料タンク容量(L) 13
変速機形式 電子式6段変速(DCT)
キャスター角(度)/トレール量(mm) 27°/104
ブレーキ前 Wディスク
ブレーキ後 ディスク
タイヤサイズ前 120/70R17
タイヤサイズ後 160/60R15
税込車両本体価格 124万920円(マットビュレットシルバー)、127万3320円(グランプリレッド/マットアーマードグリーンメタリック)

※情報提供:本田技研工業

このバイクに関連する記事/リンク

カサ

カサ ヤングマシン編集部員・いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ