ホンダ クロスカブ50/くまモンバージョン[新型バイクカタログ]:暮らしをもっとアクティブに!

クロスカブ50/くまモンバージョン 概要

ホンダ クロスカブ50/くまモンバージョン[新型バイクカタログ]

スーパーカブ50からレッグシールドを排した軽快でアクティブなクロスオーバースタイル。フレームカバーや武骨なライトガードに加え、フォークブーツ/大型マッドガードも装備。兄貴分の110の前後17インチタイヤに対して50は14インチの小径タイヤを履き、クッションが薄めのシートを装備するため、足着き性も優れる。

’19 クロスカブ50

'19 ホンダ クロスカブ50|クラシカルホワイト

【’19 HONDA CROSS CUB 50】■空冷4スト単気筒 49cc 3.7ps/7500rpm 0.39kg-m/5500rpm ■車重100kg シート高740mm 4.3L ■タイヤサイズF=70/100-14 R=80/100-14 ●色:クラシカルホワイト カムフラージュグリーン ●価格:29万7000円

[写真タップで拡大]

'19 ホンダ クロスカブ50|カムフラージュグリーン
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはクラシカルホワイト/クラシカルホワイトの2色展開。

’19 クロスカブ50 くまモンバージョン

'19 ホンダ クロスカブ50くまモンバージョン|グラファイトブラック

【’19 HONDA クロスカブ50 くまモンバージョン】●色:グラファイトブラック ●価格:30万8000円 [写真タップで拡大]

'19 ホンダ クロスカブ50くまモンバージョン|くまモンVer.
[写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

クロスカブ50/くまモンバージョンに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車50cc原付一種クラス

日本独自規格の50ccは、残念ながら現状維持で変化ナシ。今後はカーボンニュートラルに舵を切った社会と時世に合わせ、EV化が進むものと思われる。 日本独自の原一クラスは電気で楽しむ時代の先駆け!? かつては通勤/通学/買い物の足として重宝された50ccだが、この1年ではラインナップに変化なく、継続モデルがほとんど。近距離移動では低コスト化している電動アシスト自転車の方が優勢になっており、原付一種独自 […]

郵便屋さん御用達でソロキャンプ!? ハンターカブ&クロスカブ用のシブカワ系「ハンドルカバー」登場!

兵庫県の大久保製作所が展開する“ヤママルト”は、50年以上にわたって全国の郵便屋さんや新聞屋さんに愛され続けている業務用ハンドルカバーのブランドだ。そんなプロ用アイテムで積み上げたノウハウを、普段のツーリングやアウトドアでも使いやすいデザインに仕立て直した製品が発売される。 メイドインジャパンの誇り、プロライダーに愛されたハンドルカバーはキャンプツーリングにも最適だ 冬場になると、郵便配達や新聞配 […]

2021新車バイクラインナップ〈原付一種50cc|日本車最新潮流解説〉

50ccはほとんど日本独自の規格とあって、ゼロハンスポーツはとうの昔に消滅し、原付一種スクーターもガラパゴス化した感は否めない。維持費や免許的にもメリットが大きい原付一種だけに、現状維持以上の展開を期待したいところだ。 原付一種を維持しながら着実に歩を進めるホンダ 庶民の足として通勤や通学にも重宝される原付一種モデル…と言いたいところだが、現在は大幅に減少しているのが事実。様々な要因が考えられるが […]

ホンダ2021新車バイクラインナップ〈50cc原付一種クラス〉クロスカブ/スーパーカブetc.

2021新車バイクラインナップ>日本車>電動バイク 最新潮流解説 ホンダ クロスカブ50|スーパーカブ50/プロ|ダンク|タクト/ベーシック|ジョルノ/デラックス|ジャイロX/キャノピー|ベンリィ/プロ ヤマハ ジョグ/デラックス|ビーノ スズキ アドレスV50|レッツ/バスケット クロスカブ50:楽しいトレッキングカブ スーパーカブ50をベースに、レッグシールドを排したフレームカバーや武骨なライ […]

今も昔も面白い!ホンダ”リトル”クラスのファンバイク#2【次期復刻125総選挙も実施中】

[今] ’18 クロスカブ50:カブで手軽にアウトドア遊びに挑戦 スーパーカブ50/110をベースにアウトドア風味にしたのがクロスカブ50/110。2代目となる現行型ではレッグシールドレスとなり、よりアクティブなスタイルとなった。太めの17インチタイヤを履く110に対し、50は14インチタイヤでより手軽に。初心者&女性から幅広く楽しめる1台だ。 [昔] ’97 リトルカブ: […]

’20モデル スペックベストテン〈燃費編〉【カブファミリーはじめホンダが上位独占】

※’20年7月上旬現在、国内で購入できる現行ラインナップかつ公道市販車のカタログ数値(公式HPに記載されているスペック)を比較。 世界中で愛されるカブが堂々の戴冠 燃料1Lあたりの走行距離を示す「燃費」。世界統一基準で、実際の使用状況に近いWMTCモードで比較した。その結果、好燃費の代名詞であるホンダ スーパーカブ50と派生モデルのクロスカブ50が順当に1位を獲得した。3位は新作のホンダ CT12 […]

’19 ストリートスポーツ50~125cc人気バイクランキング【マシン・オブ・ザ・イヤー投票】

その年のモデルからファン投票で人気ナンバー1を決める、ヤングマシンが誇るガチ企画「第47回マシン・オブ・ザ・イヤー(MOTY)」。「ストリートスポーツ50〜125cc」部門では、ホンダ モンキー125が前回に続き2連覇を果たした。 ストリートスポーツ50〜125cc部門〈総評〉ホンダが一党独裁状態。10台中7台がランクイン 惜しまれつつも生産終了した50ccのホンダ モンキー。2018年、125c […]

ファン投票で選ばれた’19年の人気バイクランキング【マシン・オブ・ザ・イヤー:総合部門】

バイクはどれも魅力的。だから、何に乗ってもいい。しかし、ヤングマシンのファン2300人が選んだバイクには、注目すべき価値が間違いなくある。――その年のモデルからファン投票で人気ナンバー1を決めるガチ企画「マシン・オブ・ザ・イヤー」、その47年目の結果をここに披露。まずは排気量/ジャンル等不問の無差別級=総合部門の上位20台を発表する。 総合部門〈概観〉トップはほぼダブルスコアの圧勝。新潮流も上位に […]

’20新車バイク総覧〈50cc原付一種|国産車#1/2 カブ&スクーター〉ホンダ

通勤・通学・買い物と手軽な生活の足として活躍する、ほぼ日本独自の規格・原付一種=ゼロハン。バイク市場の環境変化により以前よりラインナップは減ったものの、普通四輪免許で乗れることに加え維持費もリーズナブルとあって、現在も一定の存在感を示している。本ページでは、国民的バイク・スーパーカブ50を筆頭に、ホンダの新車ラインナップ×7車を紹介する。 取り巻く環境の変化はあれど、カブを筆頭にまだまだ元気 庶民 […]

ホンダ クロスカブ110/50・くまモン仕様のディテールが細かすぎる

クロスカブ50、クロスカブ110のニューカラーが設定されるとともに、新たに「クロスカブ50・くまモン バージョン」と「クロスカブ110・くまモン バージョン」が追加された。遠目に見れば、赤と黒のかっこいいスタイリングだが……。 クロスカブシリーズのカラーバリエーションが変更に ホンダは、クロスカブ50とクロスカブ110のカラーバリエーションを変更し、2019年7月19日に発売。さらに、熊本県とのコ […]

ホンダ クロスカブ110/クロスカブ50のカラーバリエーション変更【話題のくまモンバージョン6月発売】

2018年に生まれ変わったホンダのレジャーバイク・クロスカブ110/50。アウトドアイメージのスタイリングと装備を施したこのモデルは大きな話題を呼び、われわれ内外出版社もヤングマシンの兄弟メディア・ルアーマガジン特別仕様車を仕立ててショーに展示したことは既報の通りだ。そのクロスカブの2019年型は、カラーバリエーションが変更になるとともに、やはりすでに話題となっている「くまモン バージョン」を正式 […]

車種別特集:ホンダ クロスカブ 110/50

スーパーカブ110をベースに、アウトドアイメージのスタイリングと装備を施したレジャーバイク。フルモデルチェンジした’18年型は、レッグシールドを廃止するとともに、HONDAのロゴを強調したフレームカバーを装着することで、アクティブなイメージを高めている。また、新たにLEDヘッドライトを囲む形状のヘッドライトガードや、スリット入りのマフラーガード、ブラックリムホイールを採用。タンデムステップも新装備 […]

クロスカブ50/110 くまモンバージョンが熊本県庁でお披露目!

2018型のモデルチェンジで人気急上昇の新型CROSS CUB50/110(クロスカブ50/110)に黒×赤のくまモンバージョンが登場することが明らかになった。その市販予定車を紹介しよう。 予想発売時期は2019年夏 2019年1月8日、熊本県庁でクロスカブ50/110くまモンバージョンのお披露目会が実施された。会では、蒲島郁夫県知事自らアンベールのスイッチを押し、車両を公開。そのまま1月15日ま […]

新型クロスカブ110/50徹底比較試乗インプレ

2月23日の発売開始以来、セールス絶好調の新型クロスカブ兄弟。気になるのは110(税込33万4800円)と50(税込29万1600円)で走りと装備にどんな違いがあるのかという点。見た目には「同じじゃないの?!」思われそうな2台だが、実は排気量とタイヤサイズの違いによって見事にキャラクターが作り分けられているのだ。ヤングマシンが誇る鉄壁テスター・大屋雄一氏による徹底比較レポートをお届けしよう。 「街 […]

ファン注目のクロスカブグッズが登場

110に加えて50もリリースされ、もっか大注目の新型クロスカブ。その人気を後押しするグッズ類も発売されている。Tシャツ/キーホルダー/ステンレスサーモ(保温・保冷水筒)の3種類で、どれも新型の「顔」をフィーチャーしたデザインがカワイイのだ。 クロスカブ Tシャツ(2700円) ■色:白、黒 ■サイズ:フリー ■素材:綿100% 2代目クロスカブの特徴・LEDヘッドライトとそのガードをアレンジしたイ […]

2018新型クロスカブ50/110試乗インプレ

2018年2月23日に発売の新型クロスカブ50/110に試乗する機会に恵まれ、2台同時に乗り比べてみた。最も大きな違いは排気量だが、それ以外にも細かい違いが見られた。本誌執筆メンバーの「いち」がレポートする。 50はクイックなハンドリング 新型クロスカブには従来の110に加え、新たに50が登場したのは既報の通り。今回はこの2台を乗り比べてみた。最も大きな違いはエンジンで、50でも近所への買い物程度 […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報