東京モーターショー出品車紹介

カッコイイぞ! 新型 クロスカブ【増補改訂版】

生まれ変わったスーパーカブ50/110と同時にヘビーデューティなレジャーモデルのクロスカブもモデルチェンジ。
スタイリングと機能性の双方を高めて、もうすぐ市販化になるぞ

タフさが戻ったんだゾ!

ベースとなる新型スーパーカブと基本コンポーネントを共用しつつも、従来型にあったレッグシールドを廃したり、多孔スリットのヒートガードを持ったマフラーが与えられて、往年のハンターカブCT110のイメージが強くなった新クロスカブ。カッコイイだけでなく振動に強いLEDヘッドライトや太くなったトレール系タイヤなどで、よりスタイリングとレジャーでの実性能を強めたというのが今回の特徴だ。基本となるフレームやエンジン部分はスーパーカブともども先代モデルをベースとしているが、エンジンは新排ガス規制に対応したうえオイルフィルターをカートリッジ式に変更。車体面ではライディングポジション面が大きく変わっている。実はこれまでのクロスカブはオーストラリアの郵政用途向けなどに輸出されていたモデルがベース。そのため高すぎるハンドル位置など、やや一般の日本人ライダーにはライディングポジションに不自然な部分があったという。そこで今回は抜本的にこれを改め、ハンドル高を最適化して幅も若干詰める方向で調整。シートもスーパーカブとは異なる肉厚な専用のものを与えることで、より自然で扱いやすいアップライトなポジションとなっている。また従来は1人乗り仕様だったが、今回はベースとなるスーパーカブ110同様に2人乗りにも対応できるように設定された。シティユースから荷物を積んでちょっと遠出のツーリング、さらには新たに恋人や家族とタンデムしてみたりと、遊びの幅が一層広まったファンキーなクロスカブ。発売は近そうだぞ。

レッグシールドがなくなったことや、形状が変わったライトガード、それに復活したカブらしい意匠のひとつである変形4角のサイドカバーで、CT110のイメージにグっと近づいた新クロスカブ。ブラックアウトされたリムホイールが足元を精悍に引き締めている。

ヘッドライトはスーパーカブPRO同様の小ぶりな丸型LEDユニットを採用。ウインカーやテールランプはハロゲンバルブのままとなっている。ヘビーデューティな雰囲気を演出するライトガードも新形状に変更された。

メーターユニットはケースも含め基本構成やレイアウトは従来型から継承しているが、文字盤が変わったことで、まるで別物のようにグッと質感がアップしている。

新排ガス規制対応以外でエンジンに大きな改良を受けた部分が、メンテナンスが容易となったオイルフィルターだ。従来は右ケースカバー全体を外して内部にあるメッシュフィルターを清掃する必要があった。これはベースとなるスーパーカブも同様の変更を受けている。レジャーモデルとしてちゃんと分かっているライダーが乗っているクロスカブならいざ知らず、ビジネス用途のスーパーカブでは清掃を怠ったうえにオイルを交換せず、注ぎ足しで長年使用するユーザーも少なくなかったらしい。そうした場合、溜まったスラッジを処理しきれなくなって不調をきたす恐れがあったが、オイルフィルターをカートリッジ式と右下に設置することでこれに対処。メンテナンス性を高めることとなった。

クロスカブ専用に与えられた多孔スリットのヒートガードが、ハンターカブっぽさを醸し出す。サイドカバーのCC110の文字もCT110へのオマージュが効いている。新たに2人乗り対応となったことで、スイングアームにはタンデムステップも追加。

従来、車体色と同色に塗られていたリヤキャリアは、今回ブラック塗装に。ホイールやサスといった足まわりやシート、ハンドル部と合わせて、これらブラックに塗られていた部分が、車体色のイエローと絶妙なシブさのコントラストでまとまっていた。

 

【以下、メーカーリリースより】

毎日の移動から、休日のレジャーまで、使い勝手が広がる二人乗り対応クロスカブ。

The Cross Over Cub styling」をテーマに、レッグシールドレスのアクティブなスタイルを追求。また、LEDヘッドライトや専用ヘッドライトガード、スチール製フロントフェンダー、前後ブラックリムと、新パターンの太目なタイヤの採用などにより、タフなイメージを強調したレジャー志向の仕様としました。新形状アップハンドルなどによるアップライトなライディングポジションとすることで、より見通しの良い視界を確保、シートは厚めの専用デザインとし、長距離でも快適な乗り心地を提供します。市街地にもアウトドアにも似合うクロスオーバースタイルで二人乗りにも対応する、カブの新たな魅力を提案するモデルです。

全長:1,935mm 全幅:795mm 全高:1,090mm
エンジン種類:空冷 4ストローク OHC  単気筒 総排気量:109cm3

 

【メーカー特設サイトへ】

ミヤケン

ミヤケン

記事一覧を見る

天然のヤング脳を持つ伝説の元編集部員。現在は超フリーライター。

この著者の最新の記事

関連記事