遊びゴコロたっぷりのレジャーモデル

ホンダ クロスカブ110/クロスカブ50のカラーバリエーション変更【話題のくまモンバージョン6月発売】

  • 2019/3/12
HONDA CROSS CUB 110/50 [2019]

2018年に生まれ変わったホンダのレジャーバイク・クロスカブ110/50。アウトドアイメージのスタイリングと装備を施したこのモデルは大きな話題を呼び、われわれ内外出版社もヤングマシンの兄弟メディア・ルアーマガジン特別仕様車を仕立ててショーに展示したことは既報の通りだ。そのクロスカブの2019年型は、カラーバリエーションが変更になるとともに、やはりすでに話題となっている「くまモン バージョン」を正式リリース。相変わらず遊びゴコロたっぷりのバリエーション展開となっている。

グリーン系とホワイト系が新たにラインナップ

2019年型クロスカブ50/110のカラーバリエーションは、これまで両タイプの専用色であった「カムフラージュグリーン」と「クラシカルホワイト」が共通カラーとして設定される。クロスカブ110はそのカムフラージュグリーン/クラシカルホワイトと、従来色でおなじみの「パールシャイニングイエロー」の3色設定。クロスカブ50の方はカムフラージュグリーンとクラシカルホワイトの2色展開となる。

HONDA CROSS CUB 110 [2019]

HONDA CROSS CUB 110 [2019] クラシカルホワイト

 

HONDA CROSS CUB 50 [2019]

HONDA CROSS CUB 50 [2019] カムフラージュグリーン

かわいらしくも案外精悍!?なスタイリングの「くまモンバージョン」

クロスカブの生産がホンダ熊本製作所でなされていることが縁で実現した、熊本が誇る超有名キャラ「くまモン」とのコラボレーションモデルは、くまモンをイメージしたブラックとレッドのカラーリング。赤いパイピング付きシートの後部側面やクロスカブのロゴマークなど随所にくまモンの足跡をイメージしたデザインが施され、くまモンのかわいらしさを生かしたエンブレムやスペシャルキーなども実に楽しい1台に仕上がった。カラーは(当然ながら)グラファイトブラック1色のみだ。

HONDA CROSS CUB 110 くまモンバージョン [2019]

HONDA CROSS CUB 110 くまモンバージョン [2019]

HONDA CROSS CUB 50 くまモンバージョン [2019]

HONDA CROSS CUB 50 くまモンバージョン [2019]

HONDA CROSS CUB くまモンバージョン [2019]

くまモンを模した特性エンブレムがかわいらしい

 クロスカブ110くまモン バージョン(税込車両本体価格34万5600円)とクロスカブ50くまモン バージョン(同30万2400円)は2019年6月21日、新たなカラーバリエーションとなるクロスカブ110(税込車両本体価格33万4800円)とクロスカブ50(同29万1600 円)は2019年7月19日に発売される。

※情報提供:本田技研工業、ホンダモーターサイクルジャパン

このバイクに関連する記事/リンク

カサ

カサ ヤングマシン編集部員・いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ