あんなところにまで肉球が……!

ホンダ クロスカブ110/50・くまモン仕様のディテールが細かすぎる

クロスカブ50、クロスカブ110のニューカラーが設定されるとともに、新たに「クロスカブ50・くまモン バージョン」と「クロスカブ110・くまモン バージョン」が追加された。遠目に見れば、赤と黒のかっこいいスタイリングだが……。

クロスカブシリーズのカラーバリエーションが変更に

ホンダは、クロスカブ50とクロスカブ110のカラーバリエーションを変更し、2019年7月19日に発売。さらに、熊本県とのコラボにより、くまモンをイメージした「クロスカブ50・くまモン バージョン」と「クロスカブ110・くまモン バージョン」を新たに追加し、6月21日(金)に発売する。

クロスカブ50、クロスカブ110のカラーバリエーションは、従来各モデルの専用色であった、「カムフラージュグリーン」と「クラシカルホワイト」のそれぞれを共通カラーとして設定。その結果、クロスカブ50は「カムフラージュグリーン」「クラシカルホワイト」の2色設定となり、クロスカブ110は「カムフラージュグリーン」「クラシカルホワイト」「パールシャイニングイエロー」の3色設定のカラーバリエーションとなる。

【HONDA CROSS CUB 50 2019】主要諸元■全長1840 全幅720 全高1050 軸距1225 シート高740(各mm) 車重100kg(装備)■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 49cc 3.7ps/7500rpm 0.39kg-m/5500rpm 変速機4段 燃料タンク容量4.3L■タイヤサイズF=70/100-14 R=80/100-14 ●価格:29万1600円 ●2019年7月19日発売
【HONDA CROSS CUB 110 2019】主要諸元■全長1935 全幅795 全高1090 軸距1230 シート高784(各mm) 車重106kg(装備)■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 109cc 8.0ps/7500rpm 0.87kg-m/5500rpm 変速機4段 燃料タンク容量4.3L■タイヤサイズF=80/90-17 R=80/90-17 ●価格:33万4800円 ●2019年7月19日発売

くまモン バージョンがラインナップ!

今までにも50cc時代のモンキー、そしてジョルノに設定されてきたくまモン バージョンが、今度はクロスカブ50/110にも登場する! ベースモデルからの変更点はといえば、くまモンとおそろいになったカラーリングにほかならない。くまモンの赤いほっぺをイメージした赤いサイドカバーとヘッドライトナセル、そしてあちこちに隠された、くまモンの足あとが特徴となっている。また、くまモンのエンブレムやスペシャルキーは、くまモンがひょっこり覗き込んでいるようなデザインだ。

【HONDA COSS CUB KUMA-MON Version 2019】主要諸元はベースモデルと同じ。●価格:クロスカブ110・くまモンバージョン=34万5600円/クロスカブ50・くまモンバージョン=30万2400円 ●2019年6月21日発売 ※写真は110
ヘッドライトマウントの後方に配置される、くまモンのエンブレム。ひょっこり覗き込むくまモンがデザインされているが、メインキーはくまモンの手が見えないデザインとなっている。
シート下の『CROSS CUB』ロゴでは、Oの字の真ん中がくまモンの足あとになっている。
センターフレームカバーには『くまもとサプライズ』と足あと付きCROSS CUBのロゴ。
CC110(クロスカブ110)のロゴ下には『THE CROSSOVER KUMAMON & CUB』の文字。さらに、うっすらと足あとがあるのがわかるだろうか?
赤いほっぺのイメージと重なるヘッドライトナセル。くまモンとわからなくてもかっこいい!
シートには赤いステッチが配される。その下のHONDAロゴの部分の生地は、うっすらとカモフラージュ柄。
メーターはカモフラージュ柄が周囲にあるものの、ここにくまモンは隠れていなかったようだ。
ボディと同色のリヤキャリアは、くまモンバージョンならでは。というか、黒で統一されたリヤキャリアにくまモンカラーが寄せていった形といえるか。
メーターハウジングのCT110ロゴにも足あとが隠れている。記者が見つけたのは以上だが、ほかにもし見つけることができたらな、ぜひお知らせください。

関連する記事/リンク

関連記事

『ヤングマシン』と同じ内外出版社から刊行されている釣り雑誌「ルアーマガジン・リバー」から、ホットなクロスカブが誕生した。専用のロッドホルダーを装着するなど、釣りに特化した仕様になっている一方で、往年の[…]

クロスカブ110改〈ルアーマガジンリバー〉
関連記事

車格もパワーも手頃でイージー。遊びゴコロにあふれたモデルから、スポーティなマシンまでバラエティも豊か。アジア市場の拡大に伴い、原付二種クラス(51~125cc)の車種は拡大するばかりだ。 欧州からアジ[…]

関連記事

車格もパワーも手頃でイージー。遊びゴコロにあふれたモデルから、スポーティなマシンまでバラエティも豊か。アジア市場の拡大に伴い、原付二種クラス(51~125cc)の車種は拡大するばかりだ。 初代のオマー[…]

WEBヤングマシン|最新バイク情報