ホンダCB1100シリーズ[新型バイクカタログ]:現行唯一の大型空冷直4は3バリエーションで展開

CB1100シリーズ 概要

排出ガス規制も厳しい21世紀の時代にわざわざ空冷直4を新設計したホンダのヘリテイジネイキッドで、初代は’10に登場。その後、熟成を重ねて現行ラインナップは’17のマイナーチェンジで完成。

初代から採用される往年のCBシリーズを模したタンク形状のSTD、フランジレスの流麗なタンクとワイヤースポークホイールを持ったもっともクラシカルなEX、17インチタイヤやリザーブタンク付きリヤサスペンションでスポーツ性を高めたRSの3バリエーションが展開されている。

エンジンスペックは3車共通でアシストスリッパークラッチを装備。トラクションコントロール/パワーセレクトといった電子装備は非採用だ。現在は車種ごとにそれぞれの特徴を引き出す細部の熟成を受けた’19モデルが継続販売中。

’19 CB1100

'19 ホンダ CB1100|ダークネスブラックメタリック

【’19 HONDA CB1100】■空冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1140cc 90ps/7500rpm 9.3kg-m/5500rpm ■車重256kg シート高785mm 17L ■タイヤサイズF=110/80R18 R=140/70R18 ●色:ダークネスブラックメタリック ●価格:125万4000円 ●発売日:’18年1月28日 [写真タップで拡大]

’19 CB1100 EX

'19 ホンダ CB1100 EX|キャンディークロモスフィアレッド

【’19 HONDA CB1100 EX】■車重255kg シート高780mm 16L ●色:キャンディークロモスフィアレッド パールホークスアイブルー ●価格:136万2900円 ●発売日:’19年1月11日 [写真タップで拡大]

'19 ホンダ CB1100 EX|パールホークスアイブルー
[写真タップで拡大]

【クラシックなスポークホイール】カラーバリエーションはレッド/ブルーの2色展開。ホイールは前後18インチ。

’19 CB1100 RS

'19 ホンダ CB1100 RS|マットベータシルバーメタリック

【’19 HONDA CB1100 RS】■車重252kg 16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:マットベータシルバーメタリック ダークネスブラックメタリック パールホークスアイブルー ●価格:140万3600円 ●発売日:’19年1月11日 [写真タップで拡大]

'19 ホンダ CB1100 RS|ダークネスブラックメタリック
'19 ホンダ CB1100 RS|パールホークスアイブルー

【走りの17インチホイール】前後17インチホイールとなり、サスペンションやブレーキも強化したスポーツバージョンのRS。カラーバリエーションはシルバー/ブラック/ブルーの3色展開。 [写真タップで拡大]

'19 ホンダ CB1100|空冷エンジン
[写真タップで拡大]

【最新の空冷エンジン】排出ガス規制で他社が諦めるなか、あえて21世紀に空冷の大排気量直4を新設計。ホンダの高い技術力が光る。

'19 ホンダ CB1100|メーター
[写真タップで拡大]

【砲弾2眼メーター】ヘリテイジキャラに合わせたアナログ2連メーターで、その間の液晶部にギヤ段数や積算計などの情報を表示。

'19 ホンダ CB1100 |タンク(EXとRS)
[写真タップで拡大]

【拘りの工法】EXとRSのタンクには溶接部の合わせ目が目立たないフランジレス製法が用いられ、美しい質感を実現している。

'19 ホンダ CB1100|マフラー
[写真タップで拡大]

【音を調律】’19モデルは3車とも左右2本出しマフラーを採用。2室構造で、直4エンジンの原音を忠実に伝えるよう設計されている。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

CB1100シリーズに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車大型ヘリテイジクラス【新生Zをヒットさせたカワサキがメグロを再始動】

世界的なブームが当分終わりそうにないヘリテイジクラス。往年のバイクが持つ魅力と現代の技術がもたらす性能が、高いバランスでユーザーニーズとマッチする。’21も老舗メグロの復活やCB1300のユーロ5対応、人気のZ900RSも上級仕様SEが発表されるなど話題は豊富だ。 ヘリテイジブームはますます盛んになりそうだ 今や世界的な潮流となった、往年の名車たちを現代の最新技術で復刻していくヘリテイ […]

最後の空冷4気筒、ホンダCB1100RSファイナルエディションはGB350とほぼ同カラー! 台湾で先行発表

ホンダモーターサイクル台湾は、日本で登場が予告されていたCB1100RS/CB1100EXのうち、前後17インチタイヤのスポーティモデル「CB1100RS」のファイナルエディションを発表した。日本では未発表だが、ファイナルエディションのエンブレムと、RS/EXそれぞれに専用カラーが用意されそうだ。 GB350と同じマットジーンズブルーメタリックそのもの?! 台湾でCB1100RSファイナルエディシ […]

空冷4気筒の終焉……なのかい? ホンダがCB1100EX/RSのファイナルエディションを予告

またひとつの時代が終わろうとしている――。ホンダはSNSで、「CB1100 EX/CB1100 RS Final Edition Coming soon…」とした写真を掲載。2010年に発売されて以来、バリエーション展開しながら愛されてきた空冷4気筒モデルが、今年でついに最終モデルになるようだ。 エンブレムが付く? ダーク系の新色という噂も ホンダはSNSで、CB1100EXおよびCB1100RS […]

ヤングマシンメンバーズ・ワタシの愛車インプレッション〈ホンダCB1100EX〉

ヤングマシンが運営する無料の会員メンバーシップ「ヤングマシンメンバーズ」では、会員の方々から愛車インプレッションレポートを募集している。本記事では、としくん0515さんの愛車・ホンダCB1100EX(’20)を紹介しよう。 あの日の忘れものを取り戻しに ’20年の春先、30年以上続けていたゴルフと草野球の熱が冷め、娘も大学卒業。「来年60歳かぁ…何か忘れものはなかったかなぁ […]

2021新車バイクラインナップ〈大型ヘリテイジクラス|日本車最新潮流解説〉

大ヒットのZ900RSに続いて、Wシリーズの原点であるメグロブランドを復活させるカワサキ。新生カタナの充実をはかるスズキ。ホンダはCB1300がレジェンドの域に。ヤマハのXSRシリーズもモデルチェンジが近いか。懐かしいが大型ヘリテイジクラスはもっともホットなカテゴリーだ。 大型ヘリテイジ:Z900RSの大人気に高まるネオレトロ市場 最近は日本のみならず世界的に往年の名車をモチーフにしたレトロ風味の […]

’20新車バイク総覧〈大型ヘリテイジ|国産車#3/4〉ホンダ

遺産/伝統を意味する”ヘリテイジ”な外観ながら、走りは現代的なネオクラシック。往年の名車リバイバルが近頃の潮流だ。本ページでは日本製ネイキッドモデルの頂点に立つホンダのロングセラーモデルCB1300シリーズとCB1100シリーズを紹介する。 CB1300スーパーフォア/SP:往年のCB750FCを思わせる新色設定 威風堂々とした佇まいで、CBシリーズ、そして日本製ネイキッド […]

【期間限定 特別仕様】空冷直4エンジン搭載&17インチホイールでスポーティな「CB1100 RS」にマット黒が登場!

マットシルバーのCB400 SUPER FOURと同時に、こちらもマット仕様のブラックメタリックのCB1100 RSが登場した。ホンダの空冷直4エンジンを搭載したネオクラスポーツは、販売計画台数が200台となっている。価格は標準カラーの1万1000円増しだ。 1140cc空冷直4エンジンをブラックボディに包む 今回登場するCB1100 RSの特別仕様は、ボディカラーがマットバリスティックブラックメ […]

2019新車走評:国産ヘリテイジスポーツ編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #05]

「遺産」「伝統」を意味するヘリテイジな外観に、スポーティな走りを融合したジャンル。国産勢は、往年の名車をモチーフにした車両が多い。ロングセラーのCB1300をはじめ、近年はZ900RSが大ヒットを記録。’19年は新生カタナがデビューし、注目を集めている。外国車勢に比べ、総じて現代的に洗練されており、高性能な走りが特徴的だ。 中身はスポーツ車が主流。テイスト系もしっかりアリ 見た目は懐古 […]

【ホンダ品質】合志技研工業が4本出しマフラーのCBカフェを展示

2019春のモーターサイクルショーに登場した最新カスタムパーツをご紹介! 現行唯一の空冷直4エンジンを搭載するCB1100シリーズには、参考出品ながら新たなスタイルが提案されている。また、流行のバイク×キャンプを意識したカスタムが施された400Xも登場した。 GOSHI CB1100WX:品質はホンダ純正 全日本選手権や鈴鹿8耐などでも活躍し、近年その存在感を高めているホンダの有力サプライヤー、合 […]

令和に買いたい!【ヘリテイジスポーツ CB1100、W800、CB1300、SV650X】2019ニューモデル大集合

「遺産」「伝統」を意味するヘリテイジな外観に、スポーティな走りを融合したジャンル。欧州を中心に人気を博し、国産でも各メーカーの新作が相次いでいる。’19年のトピックはカタナだったが、一方で空冷エンジンのまま復活を遂げたW800も根強いファンから歓迎を受けている。CBシリーズは国産ビッグネイキッドの生き残りとしてヘリテイジ入りを果たした。 ロングセラーモデルに時代が追いついた? 1992年に登場した […]

ホンダCB1100/EX/RS 2019モデルチェンジ情報【CB1100はタンク3L増量】

ネオクラシカルなビッグネイキッド、ホンダCB1100/EX/RSの2019モデルが発表された。CB1100は燃料タンクが14Lから17Lに増量、EXにはフロントフォークブーツ、RSには減衰力調整型リアサスを装備するなど細部の熟成がなされるとともに、それぞれ新たなカラーリングを展開。EX/RSが2019年1月11日、CB1100が1月28日に発売される。 【CB1100】フロントフォーク改良&タンク […]

ホンダ2019国内仕様が判明! CBR650Rは103万~、新型CBR400Rも初公開!

ホンダのニューモデルの国内発売情報を速報でお届けする。本日12月10日にホンダ正規ディーラーのHonda Dreamを対象とした新製品内見会が開かれ、そこで予定発売時期と予定価格が明かされたのだ。 2019新型CBR400Rと400Xは世界初公開 ミラノショーでCBR500RおよびCB500Xとして発表されたニューモデルは、ともに日本仕様では400となり、普通二輪免許で乗れることになる。これは従来 […]

2017CB1100RS試乗インプレッション

2018年1月7日に新型CB1300スーパーボルドールに試乗した直後に、CB1100RSに乗る機会があったので比較してみたい。1300と同じ17インチホイール&2本サスのネイキッドはどのような走りを見せるのか!? 本誌執筆メンバーの「いち」がインプレする。 軽快感のあるCB1100RS CB1100の追加仕様として、前後に17インチキャストホイールを採用したRSが登場したのは2017年。スイングア […]

2018新型Z900RSvs日独英伊ライバル・全開バトル!

絶賛発売中ヤングマシン2018年3月号「ネオクラ王決定戦」より、日本サイクルスポーツセンター走行時のインプレッションを動画で抜粋。エントリーモデルはZ900RS、XSR900、CB1100RS、RnineTレーサー、スクランブラーカフェレーサー、スラクストンRの6台。タイトな峠仕様のサーキットではどのバイクがイチバン速いのか?! 本誌テスター丸山浩&神永暁がガチッと攻めます! ネオクラで速 […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報