第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ホンダCB1100EX/RSファイナルエディション [’22後期 新型バイクカタログ]:生産終了。空冷直4よ永遠なれ

ホンダCB1100RS/EXファイナルエディション

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月9日

ホンダCB1100EX/RSファイナルエディション 概要

’21年10月に登場したRS&EXのファイナルエディションをもって、その歴史に終止符を打つこととなった空冷直列4気筒のビッグネイキッド。このファイナルエディションにはそれぞれ専用車体色やタンク上面に特製ステッカーが奢られ、最後を飾るにふさわしい佇まいが与えられている。エンジン自体は、21世紀に入った後にわざわざ空冷で新規開発されたものだけに、非常に惜しい存在だ。前後18インチのワイヤースポークホイールで、クラシック色がより色濃いモデルがEX。前後17インチキャストホイールと別体リザーブタンク付きリヤサスで、スポーティな走りを実現したのがRSだ。タンク形状の異なるベーシック版の無印STDは、’21早々の段階で先に生産を終えていた。

ホンダCB1100RS/EXファイナルエディション

CB1100シリーズは’10年に登場。冷却フィンの造形も美しいエンジンは最後の空冷直列4気筒となってしまった。 [写真タップで拡大]

’22 ホンダCB1100EXファイナルエディション

ホンダCB1100EXファイナルエディション

【’22 HONDA CB1100 EX FINAL EDITION】■空冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1140cc 90ps/7500rpm 9.3kg-m/5500rpm ■車重255kg シート高780mm 16L ■タイヤサイズF=110/80R18 R=140/70R18 ●色:キャンディークロモスフィアレッド ダークネスブラックメタリック ●価格:136万2900円
[写真タップで拡大]

ホンダCB1100EXファイナルエディション

【カラーバリエーション】EXはキャンディークロモスフィアレッド/ダークネスブラックメタリックの2色。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'22 ホンダ CB1100 EXファイナルエディション|ライディングポジション

EXのシート高は780mm。高くはないが幅がやや広めで、足着きは両足の指の腹あたりになる。近いハンドルのおかげで前傾はゼロ、上半身は直立する。 [写真タップで拡大]

エンジン

'22 ホンダ CB1100 EX/RSファイナルエディション|エンジン

【最新の空冷エンジン】排出ガス規制で他社が諦めるなか、あえて21世紀に空冷の大排気量直4を新設計。ホンダの高い技術力が光る。※写真は’19モデル [写真タップで拡大]

足まわり

'22 ホンダCB1100EXファイナルエディション | フロントまわり

EXは前後18インチのポークホイールにブーツ付きのSHOWA製SDBV正立フォークを採用している。 [写真タップで拡大]

'22 ホンダCB1100EXファイナルエディション|リヤまわり

リアサスペンションにはネオクラらしいオーソドックスな2本ショックを採用。プリロード調整のみ可能となっている。 [写真タップで拡大]

主要装備

'22 ホンダ CB1100 EX/RSファイナルエディション|メーター

【砲弾2眼メーター】ヘリテイジキャラに合わせたアナログ2連メーターで、その間の液晶部にギヤ段数や積算計などの情報を表示。※写真は’19モデル [写真タップで拡大]

ホンダCB1100EXファイナルエディション | フロントフェンダー
ホンダCB1100EXファイナルエディション | リヤフェンダー

スチールフロントフェンダーはEXのみ。通常グレードでは前後ともボディ同色だったが、ファイナルではクロームメッキを施し、一層750フォアに似た佇まいとなった。ウインカーもRSと異なる砲弾型で、各部にクロームメッキを奢る。 [写真タップで拡大]

'22 ホンダ CB1100 EX/RSファイナルエディション|タンク

【こだわりの工法】タンクには溶接部の合わせ目が目立たないフランジレス製法が用いられ、美しい質感を実現している。※写真は’19モデル [写真タップで拡大]

'22 ホンダ CB1100 EX/RSファイナルエディション|マフラー

【音を調律】左右2本出しマフラーを採用。2室構造で、直4エンジンの原音を忠実に伝えるよう設計されている。※写真は’19モデル [写真タップで拡大]

ホンダCB1100RS/EXファイナルエディション|ステッカー

タンク上面にはファイナルエディションを示す特製ステッカーが奢られ、その上からクリア塗装が施されている。 [写真タップで拡大]

’22 ホンダCB1100RSファイナルエディション

主要諸元

ホンダCB1100RSファイナルエディション


[写真タップで拡大]

'22 ホンダ CB1100 RSファイナルエディション

【’22 HONDA CB1100 RS FINAL EDITION】■空冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1140cc 90ps/7500rpm 9.3kg-m/5500rpm ■車重252kg シート高785mm 16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:マットジーンズブルーメタリック マグナレッド ●価格:140万3600円 [写真タップで拡大]

ホンダCB1100RSファイナルエディション

【カラーバリエーション】RSはマットジーンズブルーメタリック/マグナレッドの2色。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'22 ホンダ CB1100 RSファイナルエディション|ライディングポジション

RSのシート高はEXよりも5mm高い785mmだが、足着きはほぼ変わらないイメージ。こちらはやや前傾となりフロントに荷重を乗せやすい。 [写真タップで拡大]

足まわり

'22 ホンダ CB1100 RSファイナルエディション|フロントまわり

RSは前後17インチのキャストホイールに2ピースボトムの正立サス、ラジアルマウントキャリパーを採用。 [写真タップで拡大]

'22 ホンダ CB1100 RSファイナルエディション|リヤまわり

別体式リザーバータンクを持ったリヤショックアブソーバー。走りの追求に応えるフルアジャスタブル仕様だ。 [写真タップで拡大]

主要装備

ホンダCB1100RSファイナルエディション | シート
ホンダCB1100RSファイナルエディション | ホイール

ブルーの車体には、ブラウンシートとブラウンゴールドのアルミキャストホイールを合わせ都会的なイメージに。シート表皮は専用で、前後タテ基調のワディングがデザインされる。 [写真タップで拡大]

ホンダCB1100RSファイナルエディション | ステッカー

RS/EXとも燃料タンクの上面に”Final Edition”、”AIRCOOLED INLINE4″の文字をあしらった専用ステッカーが大きな特徴だ。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース