SNSで公開されたのは――

空冷4気筒の終焉……なのかい? ホンダがCB1100EX/RSのファイナルエディションを予告

またひとつの時代が終わろうとしている――。ホンダはSNSで、「CB1100 EX/CB1100 RS Final Edition Coming soon…」とした写真を掲載。2010年に発売されて以来、バリエーション展開しながら愛されてきた空冷4気筒モデルが、今年でついに最終モデルになるようだ。

エンブレムが付く? ダーク系の新色という噂も

ホンダはSNSで、CB1100EXおよびCB1100RSのファイナルエディションを予告する画像を公開した。写真に写った赤いモデルはCB1100EXのキャンディレッド系のようだが、独自に入手した情報によれば、ファイナルエディションでは今までと異なるダーク系がラインナップされ、専用エンブレムが付くという。

2010年に発売されたCB1100は、CB1300系のクランクケースをベースに空冷化した1140cc並列4気筒エンジンを搭載。たび重なる排出ガス規制の強化に対応しながら、スポークホイールのCB1100EX、スポーティな前後17インチモデルのCB1100RSとラインナップを拡大してきた。

CBシリーズのライバルで、空冷4気筒を搭載していたカワサキのゼファー1100/750は2007年モデルでファイナルエディションになり、同じくヤマハXJR1300も2015年を最後に姿を消した。そしてついに、空冷4気筒の最後の砦となっていたCB1100シリーズも終焉を迎えようとしているのだ。

とはいえ、水冷4気筒を搭載するカワサキZ900RSが大人気を博し、外国車もヘリテイジ系にこぞって参入している現在の状況を見れば、ホンダが黙ってこのカテゴリーを終了させるとも思えないのだが……。

CB1100 EX/CB1100 RS Final Edition Coming soon…

CB1100 EX/CB1100 RS Final Edition Coming soon… [写真タップで拡大]

HONDA CB1100 EX
[写真タップで拡大]

参考:CB1100EX(現行モデル) 主要諸元■全長2200 全幅930 全高1130 軸距1490 シート高780(各mm) 車重255kg(装備)■空冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 1140cc 90ps/7500rpm 9.3kg-m/5500rpm 変速機6段 燃料タンク容量16L■タイヤサイズF=110/80R18 R=140/70R18 ●価格:136万2900円[CB1100RS:140万3600円/CB1100:125万4000円]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報