ヤマハ トリシティ155[新型バイクカタログ]:傾けて走る楽しさ!

トリシティ155 概要

ヤマハ独自のLMWテクノロジーで生まれたトリシティ。125と155は外寸やシート高は変わらず、重量もほぼ同じで、両車ともエンジンはブルーコアを搭載。’21は125に新色のイエローが登場。他カラーは125/155共通で白とマットグレー、155にグレーを用意。

’21 トリシティ155

'21 ヤマハ トリシティ155|ブルーイッシュグレーソリッド4

【’21 YAMAHA TRICITY 155】■水冷4スト単気筒SOHC4バルブ 155cc 15ps/8000rpm 1.4kg-m/6000rpm ■車重165kg シート高765mm 7.2L ■タイヤサイズF=90/80-14 R=130/70-13 ●色:ブルーイッシュグレーソリッド4 ホワイトメタリック6 マットグレーメタリック3 ●価格:48万4000円 ●発売日:’20年5月15日 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ トリシティ155|ホワイトメタリック6
'21 ヤマハ トリシティ155|マットグレーメタリック3

カラーバリエーションはグレー/ホワイトメタリック/マットグレーメタリックの3色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

トリシティ155に関連する記事

ツーリングが楽しめて有事に役立つ! ヤマハが「トリシティ」の悪路対応コンセプトを公開

ヤマハ発動機は、国内グループ会社のヤマハモーターパワープロダクツ、およびヤマハモーターエンジニアリングと共同で、10月20日~22日に東京ビッグサイトで開催される日本最大級の防災見本市「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2021」に、「PLAY SURVIVE 遊んで 備える」をテーマとしたブースを出展する。 悪路対応防災コミューター「ラフロード トリシティ コンセプト」! 台風の時期はよ […]

2021新型バイク総まとめ:日本車126〜250cc軽二輪スクータークラス

普通二輪免許で乗れる軽二輪スクーターは、車検不要なのはもちろん、通勤通学のアシから高速道路に乗ってのロングツーリングまで1台でこなせてしまうパフォーマンスの高さが魅力だ。パワーも余裕のフルサイズ250ccフォルツァ/XMAX、コンパクトで軽快なPCX160/NMAX155/マジェスティS/ADV150に加え、その中間を行くバーグマン200や3輪のトリシティ155と、ラインナップは多彩だ。 日本車1 […]

「トリシティ155シューティングブレイク」アウトドアツーリング向けコンプリート車

『オフロードマシン ゴー・ライド』より、YSP横浜戸塚からの新しい提案を紹介。今人気のキャンプを楽しむためのオリジナルトリシティブランド「コンフォーティ」。アウトドアに必要とされる積載性と快適性に優れており、荷物が多くなってしまうキャンプツーリングでも大容量の収納で対応。新たに装備されたルーフは天候変化への不安を軽減してくれる。日常での使用にもオススメのマシンだ。 考え抜かれた機能性とデザイン 近 […]

青が足元に映える! ヤマハの3輪スクーター「トリシティ155」に新色が登場

ヤマハはリーニング・マルチ・ホイール(LMW)の3輪コミューター、トリシティ155(TRICITY 155 ABS)に2020年モデルとして新色をグレーを設定した。ホイールのブルーがフロント2輪を強調し、シックなカラーリングにアクセントとして映える。従来色のホワイトとマットグレーは継続販売だ。 フロント2輪ならではの安定性で幅広いシーンへ ヤマハが誇るLMWの軽二輪版、トリシティ155にニューカラ […]

’20新車バイク総覧〈車検レス&400ccミドルスクーター|国産車#2/2〉ヤマハ/スズキ

’20年に販売される国産新車バイクのうち、普通二輪免許(AT限定含む)で乗れる150cc〜400ccのスクーターをまとめてピックアップ。前ページのホンダ車に続き、ヤマハLMWシリーズ第4弾のトリシティ300/155、250ccのXMAX、NMAX155、マジェスティS、スズキのバーグマン400/200を紹介する。 ヤマハ トリシティ300:自立支援機能も装備するLMW ヤマハが誇るフロ […]

2019新車走評:HY戦が熱い! スクーター編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #17]

マニュアル変速の必要がなくシート下などに荷物を放り込めるという気軽さが、最大の魅力。一時期と比べると、日本における250cc以上のラインアップは厳選されてきた傾向にあるが、それでもナナハンクラスから原付二種以下まで、豊富な車種が用意されている。メインとしてだけでなく、セカンドバイクとしても注目するライダーが多いカテゴリーだ! 欧州&アジア主導となり、パッケージングがやや変化 初代マジェスティ発売や […]

ゆるキャン仕様!? のトリシティとセローで、アウトドアから都会までGO!

ブームの兆しを見せているキャンプツーリングなど、『アウトドアとバイク』の相性のよさが再注目されている。大阪・東京モーターサイクルショーのヤマハブースでは、テントやテーブルなどで世界観を創り上げたキャンプエリアが目についた。そこにあったのは、ビビッドなカラーリングを施された2台のコンセプトカスタム、ツーリングセローとツーリングトリシティ155だ。 今年のキャンプ推し車はセロー&トリシティ!? ゆるキ […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報