趣味の乗り物がイザという時に……!

ツーリングが楽しめて有事に役立つ! ヤマハが「トリシティ」の悪路対応コンセプトを公開

ヤマハ発動機は、国内グループ会社のヤマハモーターパワープロダクツ、およびヤマハモーターエンジニアリングと共同で、10月20日~22日に東京ビッグサイトで開催される日本最大級の防災見本市「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2021」に、「PLAY SURVIVE 遊んで 備える」をテーマとしたブースを出展する。

●外部リンク: YAMAHA

悪路対応防災コミューター「ラフロード トリシティ コンセプト」!

台風の時期はようやく過ぎ去ったようだが、昨今の日本は災害リスクの増大が懸念されている。そんな中、ヤマハ発動機は国内グループ会社のヤマハモーターパワープロダクツ、およびヤマハモーターエンジニアリングと共同で、2021年10月20日~22日に東京ビッグサイトで開催される日本最大級の防災見本市「危機管理産業展(RISCON TOKYO)2021」に、「PLAY SURVIVE 遊んで 備える」をテーマとしたブースを出展している。

防災ツール(機資材)の日常ユースを広げることで、「平時に楽しみ、有事に役立つ」自主・コミュニティ防災の新たなスタイルを提案するというものだ。

前述のように災害リスクが懸念される中、備えていた機材がイザというときに動かなかった……なんていうトラブルも少なくないという。必要な時に必要なパフォーマンスを発揮させるには、日常の暮らしの中で機材を動かし続けていることが大切だ。そしてそれは取りも直さず、点検や整備の機会を増やし、安全に操作するための知識やスキルを習得することの大切さに気付くきっかけにもなることだろう。

そんな思いから、ヤマハ発動機ブースでは各種二輪車や洪水救難艇、発電機、LED投光器などを出展。その中でも我々ライダーが注目したいのは、前2輪の3輪バイク「トリシティ125/155」の悪路対応コンセプトモデルだ。通勤やツーリングなどで見かける機会も多いトリシティは、車体の安定性が高く、特にフロントタイヤがスリップしそうな不安が小さいのが特徴。この走破性に着目し、悪路対応の装備を施したコンセプトモデルが「ラフロード トリシティ コンセプト」である。ヤマハはこれを、“災害現場におけるさまざまな路面状態でも扱いやすく、日常から災害時まで幅広く活用できる防災コミューターを提案するモデル”としている。

ラフロード トリシティ コンセプト

「ラフロード トリシティ コンセプト」と名付けられたコンセプトモデル。 [写真タップで拡大]

トリシティ125

コチラはベースモデルのトリシティ。写真は125だ。 [写真タップで拡大]

このヘビーデューティなスタイルのトリシティは、シンプルに格好いいと思える出で立ちであり、ツーリング用途のカスタムの手本にもできそうだ。車両の各部に配置された緊急車両的な発光部やスピーカーはともかく、ブロックタイヤやアップフェンダー、ボディを取り囲むバンパー、そしてナックルガードは林道ツーリングにも役立つはず。さりげなく車高が上がっているのもポイントだ。バッグ類についてはお好みでよさそうだが、グラブバーを兼ねた大型キャリアは悪路の転倒時にも心強い。災害対応だけでなく、こんなトリシティが市販されたら面白いかも?

そのほかの展示

テネレ700
[写真タップで拡大]

市販モデルのテネレ700も展示。オフロードでの高い走破性と、ツーリングにおけるユーティリティ性能を高次元でバランスさせた、遊んで備えるという防災スタイルにマッチするアドベンチャーモデルだ。

洪水救難艇「RS-13(コンセプトモデル)」

洪水救難艇「RS-13(コンセプトモデル)」は、救助や避難などの目的に合わせて最適な機能・性能をパッケージしたという。全長約4mのコンパクト設計で乗船定員は最大6名。 [写真タップで拡大]

救難仕様水上バイク「MJ-FX HO(コンセプトモデル)」

救難仕様水上バイク「MJ-FX HO(コンセプトモデル)」は、東京消防庁をはじめ各地の水難救助団体にも採用されているマリンジェット「MJ-FX HO」をベースに、救難仕様の各種特殊装備を備える。 [写真タップで拡大]

発電機「EF1800iS / EF900iSGB2(コンセプトモデル)」

発電機「EF1800iS / EF900iSGB2(コンセプトモデル)」。始動のしやすさや、明かりのない場所でも操作しやすい蛍光塗料のグラフィックなど、随所に災害時を想定した工夫が凝らされている。 [写真タップで拡大]

LED可搬式投光器「X-BUSTER LED(消防向けモデル)」

LED可搬式投光器「X-BUSTER LED(消防向けモデル)」は、煙の中での透光性にも優れた消防活動向けLED投光器。集光/拡散の2つのモードを備え、軽量コンパクトなボディでさまざまな現場活動をサポートする。 [写真タップで拡大]

危機管理産業展2021 ヤマハ発動機ブース出展テーマ「PLAY SURVIVE 遊んで 備える」

危機管理産業展2021 ヤマハ発動機ブース出展テーマ「PLAY SURVIVE 遊んで 備える」 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報