ヤマハSR400ファイナルエディション [’22後期 新型バイクカタログ]:43年の長い歴史に幕を下ろしたレトロ系

ヤマハSR400ファイナルエディション

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年8月26日

ヤマハSR400ファイナルエディション 概要

’78年の初代発売以来、数々の改良やキャストホイール仕様の導入、ディスク→ドラム→ディスクという前ブレーキの変更などが施されたが、空冷SOHC2バルブ単気筒エンジンの基本部、キックのみの始動方式、一部をオイルタンクとして使う鋼管フレームといった根幹は継承されてきた。’10年型では燃料供給がFI化されたが、依然として前後フェンダーはスチール製で、ハンドルスイッチも’70~’80年代デザインのまま。’21年3月にファイナルエディションおよび1000台限定のリミテッド仕様が発売され、これで国内向けは生産終了となった。すでにメーカー完売だ。

’21 ヤマハSR400ファイナルエディション

主要諸元

'21 ヤマハSR400ファイナルエディション|ダークグレーメタリックN

【’21 YAMAHA SR400 FINAL EDITION】■空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 399cc 24ps/6500rpm 2.9kg-m/3000rpm ■175kg シート高790mm 12L ■タイヤF=90/100-18 R=110/90-18 ●色:ダークグレーメタリックN ダルパープリッシュブルーメタリックX ●価格:60万5000円 [写真タップで拡大]

'21 ヤマハ SR400ファイナルエディション|ダルパープリッシュブルーメタリックX

カラーバリエーションは、ダークグレー/ブルーの2色展開。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'21 ヤマハ SR400ファイナルエディション|ライディングポジション

スリムに絞ってある車体に加え、沈み込みのいいシートやサスペンションのおかげで足着きは素晴らしく安定する。ハンドル幅も狭いため非常にコンパクトに収まる印象。[身長175cm/体重62kg] [写真タップで拡大]

エンジン

ヤマハ SR400ファイナルエディション|エンジン

深く刻まれた冷却フィンが目を引く空冷SOHC2バルブ単気筒エンジンは、パリダカで2連覇を果たしたXT500がベース。非常にシンプルな構造で、基本設計を変えることなく40年以上の年月を持ちこたえてきた名作。 [写真タップで拡大]

ヤマハ SR400ファイナルエディション|キックスターター

初代から一貫してキックのみの始動方式。左手のデコンプレバーで圧縮を抜きつつピストン位置をセットして、一気に踏み下ろす。 [写真タップで拡大]

足まわり

ヤマハ SR400ファイナルエディション|フロント足まわり
ヤマハ SR400ファイナルエディション|リヤ足まわり

フロントは’84年まで19インチ&左側シングルディスク&シングルピストンキャリパーで、’85年に18インチ&ドラム化。’01年に右側ディスク&2ピストンキャリパーに。リヤは初代からドラムブレーキ&2本ショックを継続し、5段階にプリロードを調整可能。 [写真タップで拡大]

主要装備

'21 ヤマハ SR400ファイナルエディションリミテッド|メーター

メーターは二眼指針式でオド&トリップもアナログ表示。※写真は1000台限定だったファイナルエディションリミテッド [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース