SRに育ててもらったバイク人生。ヤマハSR、43年の歴史に幕。

ヤマハSRに乗り続けて30年。生産終了のSR400を堪能【変わらないから、旧くならない。変わらないから、ずっと新しい】

キックを踏み下すと、最新SRのエンジンは簡単に目覚める。キックの始動性向上こそがSR最大の進化だと思う。「タッタッタッ」と単気筒らしいアイドリングを聞いていると、いろいろな感情が湧いてくる。ノーマルSRに乗る機会は、もうそんなに多くないのかもしれない……。

●文:ミリオーレ編集部(小川勤) ●写真:長谷川徹 ●外部リンク:ヤマハ発動機

SRがデビューした1978年は、映画スターウォーズが初めて公開され、王貞治が800号ホームランを打った年

1978年に登場したヤマハSR(当時は400と500をラインナップ)が、ついに生産終了となる。このニュースは昨年話題となり、新車は争奪戦に。僕もファイナルエディションの限定車を買おうと思い、リリースから1週間後くらいに何店かの販売店に電話してみたが、あえなく撃沈した。

18歳から47歳の今まで、僕の側にはずっとSRがいる。免許を取得してすぐにSR400を購入し、今までにSR500を2台、SR400を3台、SRレーサーを1台購入してきた。書類付きフレームなどを入れると何台手元にあったかわからないほど多くのSRに出会い、そしてさまざまなカスタムをしてきた。現在は1978年式のSR500(車検なし)と、インジェクションの初期型である2010年型のSR400を所有している。

MIGLIORE|ミリオーレ|ヤマハ|SR400|ファイナルエディション|生産終了|試乗|インプレ

1000台限定のファイナルエディションリミテッドは即完売。定価は74万8000円だが、プレミア価格に……。サンバーストタンクの他、専用のメーターやリム、シート、エンブレムを採用する。 [写真タップで拡大]

生産終了……いつかこんな日がやってくるとは思っていたが、実際にそんなニュースを聞くとやはり寂しい。これまでもSRは何度も生産終了の危機を迎えてきたが、なんとか乗り越え存続してきた。しかしながら、今回の規制は無理だったようだ。

MIGLIORE|ミリオーレ|ヤマハ|SR400|ファイナルエディション|生産終了|試乗|インプレ

年代別の購入者分布(ヤマハの登録データより)。SRは多くの世代に支持されたバイク。ヤマハ社員にもたくさんのオーナーがいて、たとえば規制対応のためマフラーが仕様変更されると、社員オーナーに声をかけ異なる仕様のマフラーを複数用意して、「オーナーにとってどの音色や鼓動がSRのものか」を判定したという。 [写真タップで拡大]

そんなSRが名車になったのは、43年間変わらなかったからだ。もちろん細部を熟成したり規制に対応する改良は行ってきたが、大きな構成は変わっていない。SR400とSR500(1999年に生産終了)の累計販売台数は12万台以上。本当に多くのライダーを育んできた。
 
1978年といえば、サザンオールスターズが勝手にシンドバットでデビューし、ピンクレディが活躍し、キャンディーズが普通の女の子に戻った年。僕は当時4歳。もちろんリアルタイムでSRの登場は知らないが、かなり昔ってことには違いはなく、SRはそこから43年間も変わらずにここまできた、奇跡の1台なのである。
 
当たり前だけれど、いつ乗ってもヤマハSRはヤマハSR。400や500、フロント18インチや19インチ、キャブレターやインジェクションなど色々と変化はしてきたが、大きくは変わっていない。
 
僕が乗り続けて30年間、新しくもならないし、旧くもならない。変わらないから、常に新しい感覚で乗れるのだ。しかし、SRは本質を変えずに、着実に進化と深化を繰り返している。これが僕がSRに乗り続ける理由であり、心底惚れ込む理由だ。

MIGLIORE|ミリオーレ|ヤマハ|SR400|ファイナルエディション|生産終了|試乗|インプレ|1978 SR400

1978年式のSR400。最新型と比較してもエンジンやフレーム、そのスタイリングに大きな変更はない。この当時はナロータンクと呼ばれる細身のタンクで、フロントホイールは19インチ。 [写真タップで拡大]

MIGLIORE|ミリオーレ|ヤマハ|SR400|1979 |GX750
MIGLIORE|ミリオーレ|ヤマハ|SR400|2022|YZF-R1M

ちなみに1978年当時、ヤマハでもっともパワーがあった市販車は並列3気筒エンジンを搭載したGX750(写真は79年式)で67ps。輸出モデルだとXS1100の95psだと思う。今はYZF-R1Mで200ps。ヤマハは4ストビッグバイクの開発が遅かったが、時代の流れとバイクの進化を感じさせる。そんな中、SRはほとんど変わらずに生き続けた。 [写真タップで拡大]

昔、キックで悩んだ人も今のインジェクション仕様なら安心!

SRといえば、キック始動だ。ついに最後までセルはつかなかった。今まで何千回キックしたことだろう……。キックしてエンジンがかかった瞬間にSRとの距離がグッと近くなるこの感覚は、セルでは決して味わえない。

MIGLIORE|ミリオーレ|ヤマハ|SR400|ファイナルエディション|生産終了|試乗|インプレ|キックインジケーター

カムカバーにはキックインジケーターを装備。デコンプレバーを引きながら、キックを踏むとピストンが圧縮上死点(エンジンがかかりやすい位置)にきたタイミングでインジケーターの窓が白くなる。で、そこからキックを踏み下ろすとエンジンがかかりやすいというわけ。慣れれば使わなくなるけど、ヤマハの良心である。 [写真タップで拡大]

昔のVMキャブレター時代は、それなりにキックも大変だった。夏場にエンジンが熱くなったり、プラグが被ったらデコンプを引いて、何度も空キック。本当にかからず真冬でも汗だくになったことが何度もあった。キャブレターのセッティングがなかなか出なくて、スペアのプラグやプラグレンチを持ち歩いていたこともある。
 
でも今のインジェクションなら、すぐにキックに慣れることができると思う。暑くても寒くても同じようにエンジンを始動できるし、プラグが被ることもまずない。僕はキック始動が簡単になったことが長いSRの歴史の中で一番の進化だと思っている。
 
昔は修行や儀式と呼ばれたキックだが、インジェクションのSRなら楽しんで行えるはず。誰も見ていないのはわかっていても、キック1発でエンジンがかかった時の満足感はなかなかのもの。今でもそれが味わえるのもSRの特権だと思う。

MIGLIORE|ミリオーレ|ヤマハ|SR400|ファイナルエディション|生産終了|試乗|インプレ|エンジン

車体右側にキックを装備。90年代の一時期はバックステップが標準装備で、ステップバーを折り畳まないとエンジンがかけられない年式もあった。オイル交換やエアクリーナーの清掃や交換も簡単だった。タペットやカムチェーンテンショナーの調整も自分ででき、バイクのメンテナンスの基本を僕はSRで学んだ。 [写真タップで拡大]

鼓動感溢れるビッグシングルの雰囲気を堪能する

SR400はビッグシングルというには、少し鼓動感が足りないかもしれない。しかし、バランサーを持たないシンプルな構造のSOHC2バルブの単気筒エンジンは、本当に気持ちがいい。スロットルを開けた時のビートはまさにバイクと対話している感覚が強く、そこにはスペックで語ることのできない魅力がある。

MIGLIORE|ミリオーレ|ヤマハ|SR400|ファイナルエディション|生産終了|試乗|インプレ|

クラシカルな印象が強いSRだが、ワインディングも本当に楽しいバイク。バンク角はないが、ハンドリングのヤマハをまさに体現している。 [写真タップで拡大]

市街地のダッシュはそこそこ俊敏だし、何よりスロットルを開けるたびに身体に伝わる鼓動の質がとても良いのだ。このリズムはまさにビッグシングル。素早いシフトアップでトルクが湧き上がる2000〜4000rpmをキープしながら、スロットルを大きめに開けて走らせる。

パワーは24ps。でもSRのエンジンはそんな数値など気にならない楽しさに溢れている。ここには僕が30年間乗り続けていてもまったく飽きない鼓動がある。

高速道路は、頑張れば120km/h巡航も可能だが、僕はいつも80〜90km/hで巡航する。回転数は3500〜4000rpmくらい。それ以上の回転で巡航すると振動が気になって気持ちよくない。高速道路の左車線を80〜90km/hで巡航しながら、日常で起きたいろいろなことを考えながらのんびり走るのが楽しい。

MIGLIORE|ミリオーレ|ヤマハ|SR400|ファイナルエディション|生産終了|試乗|インプレ|タンク
MIGLIORE|ミリオーレ|ヤマハ|SR400|ファイナルエディション|生産終了|試乗|インプレ|タンク

SRには何種類のタンクがあったのだろうか。SRのティアドロップタンクは、本当に美しい! だからこそ世代やキャリアによって憧れのSRの色は様々なのだと思う。僕はこれまでに純正を3つほど、アルミタンクやFRPタンクもたくさん購入した。 [写真タップで拡大]

〈次のページは…〉難しさを感じさせないハンドリングが多くのライダーを育んできた
WEBヤングマシン|新車バイクニュース