アラン・カスカート Report|RIDE HI

ヤマハSRやホンダGBのルーツはかつての英国BSAゴールドスター、その源流復活までをプロジェクトリーダーに聞いた!

●記事提供: ライドハイ編集部

全盛期の英国製オートバイは、私たちが一番理解している

英国のビッグバイクメーカーといえば、現在はトライアンフが知られているが、1960年代の英国勢全盛期には、そのトライアンフも傘下にしてしまうBSAが、年間5万台を販売する世界最大のスポーツバイクメーカーだった。

1861年、銃と弾薬のメーカー、バーミンガム・スモール・アームズ、略してBSAが創業し、1881年に自転車の製造をはじめダイムラーの自動車生産を買収するなど、第一世界大戦で英国軍の装備に大きく貢献する成長ぶりを見せていた。

その後、日本メーカーの台頭で1972年に倒産、衰退した英国メーカーを再生するNVTプロジェクトなどあったが、間もなく全てが終焉を迎えていた。

しかしその絶頂期に多くから愛された500シングル、GOLD STARを復活させようと、2016年にインドのマヒンドラグループが設立したClassic Legends Ltd.がこのBSAブランドを取得、今回の新生ゴールドスター復活への道が切り開かれたのだった。

なぜBSA復活を思い立ったのか、そしてその初の製品が単気筒ゴールドスターなのか、Royal Enfieldの長く在籍し、トライアンフのインド生産計画に加わり、その中断後にマヒンドラグループへ移籍し、このプロジェクトを率いるAshish Joshi氏に聞いてみた。


※本記事は“ライドハイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース