ヤマハMT-07[新型バイクカタログ]【第3世代としてスタイリングを進化】

MT-07 概要

MT-09と同じくバイファンクショナルLEDのモノアイヘッドライトに逆ハの字ポジションランプの近未来フェイスでモデルチェンジ。国内仕様は’21年7月末に発売された。

エアダクト/排気系/ECUの仕様変更を行って新排気ガス規制にも適応しつつ、極低速域でのレスポンスを向上。ミッションのドッグ角変更で2/3速の再加速時のダイレクト感も高めている。新しいアルミ製テーパーハンドルバー/タンクカバーまわりのデザイン変更で、ポジションはよりアップライトで快適なものへと変化した。

フロントブレーキディスクの大径化やそれに伴うフロントフォークアウターチューブの形状変更など、フレームは従来ベースながら車体も進化している。メーターも反転液晶の新型だ。

’21 MT-07 ABS

ヤマハ MT-07 ABS|パステルダークグレー

【’21 YAMAHA MT-07 ABS】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 688cc 73ps/8750rpm 6.8kg-m/6500rpm ■車重184kg シート高805mm 13L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:パステルダークグレー ディープパープリッシュブルーメタリックC マットダークグレーメタリック6 ●価格:81万4000円 ●発売日:’21年7月28日 [写真タップで拡大]

ヤマハ MT-07 ABS|ディープパープリッシュブルーメタリックC
ヤマハ MT-07 ABS|マットダークグレーメタリック6

【カラーバリエーション】カラーバリエーションは、グレー/ブルー/マットダークグレーの3色展開。各色ごとにホイール塗装も異なっている。 [写真タップで拡大]

ヤマハ MT-07 ABS|エンジン
[写真タップで拡大]

【ダイレクト感アップ】内部の熟成で極低速域でのダイレクト感を向上。従来比でトルク曲線が滑らかになり、優れた加速特性を実現した。

ヤマハ MT-07 ABS|フロントタイヤ
[写真タップで拡大]

【ブレーキディスク変更】フロントのブレーキディスクはφ282mm→298mmへと径を拡大されて制動力がアップした。リヤディスクはMT-09と同型だ。

ヤマハ MT-07 ABS|ヘッドライト
[写真タップで拡大]

【HI/LO兼用】Hi/Loを1灯で兼用するバイファンクショナルLEDユニットをヘッドライトに採用。モノアイがMTの新しいアイコンとなった。

ヤマハ MT-07 ABS|メーター
[写真タップで拡大]

【視認性アップ】メーターは新作の反転液晶パネルとなって質感アップ。トラクションコントロールなど電子制御は、従来同様にFIとABS以外非採用だ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

MT-07に関連する記事

ヤマハ新型「YZF-R7」と「MT-07」は何が違う? 撮り下ろし写真で徹底比較!

本格派だけど親しみやすいスーパースポーツ、それが新生YZF-R7だ。スーパースポーツの醍醐味が手の届く範囲で味わえる。そんな大注目のマシンの速攻撮り下おろしに成功したのでお届けしたい。今回はベースモデルになったMT-07と徹底比較だ! “手の届く”ところにスーパースポーツが帰ってくる! MT-07譲りの689ccパラレルツインを活かしたMAX 73psの扱いきれるパワーと滑らかなトルク特性、そして […]

ヤマハ新型「YZF-R7」実車で足着きチェック! YZF-R6、MT-07と比べてみた

本格派だけど親しみやすいスーパースポーツだ! 突如キラ星のごとく現れた新生YZF-R7。スーパースポーツの醍醐味が手の届く範囲で味わえる。そんな大注目のマシンの速攻撮り下おろしに成功したのでお届けしたい。 本格スーパースポーツとフレンドリーなMTが融合 ヤマハのスポーツマインドを具現化したYZF-Rシリーズに、新たな仲間が登場だ。その名はYZF-R7。この名前に聞き覚えのある読者もいることだろう。 […]

ヤマハ新型MT-09/MT-07が国内販売開始【09SP/07が7/28〜、09STDは8/26〜】

ヤマハの’21新型「MT-09 SP」と「MT-07」が7月28日に、「MT-09(STD)」が8月26日に発売される。MT-09/SPはシャーシ全面刷新&排気量アップ、しかも電脳化まで推し進めながら、STDで約8万円アップに抑えられているのは驚きだ。また、弟分のMT-07も約2万円アップでしかない。’21年、再びMT旋風が吹き荒れそうだ! ヤマハ人気シリーズの新型発売。欲 […]

ヤマハ新型「MT-07」登場! MTシリーズ共通の顔に新排出ガス規制適合エンジン搭載

ヤマハは、270度クロスプレーンクランクを採用した並列2気筒エンジンを搭載するスポーツネイキッド「MT-07」をマイナーチェンジし、2021年モデルとして7月28日に発売する。価格は81万4000円だ。 よりアップライトなライディングポジションと次世代MTシリーズのスタイリング ヤマハは「MT-07 ABS」をマイナーチェンジし、2021年モデルとして発売する。エンジンはユーロ5相当の平成32年( […]

MT−07派生/R6ルックのツインスポーツ「ヤマハYZF-R7」登場に期待!!【YM未来予想】

’21年5月5日、欧州ヤマハより唐突に公開されたティーザー映像。そこには空撮されたサーキットとライダー視点に近いワインディングロードが映し出されるだけでマシンの姿はなかったが、放たれたサウンドは明らかにミドルクラスのツインエンジン! 我々はそこから、MT-07のバリエーションモデル=「YZF-R7」の匂いを嗅ぎ取った。果たしてその予想は的中するのか? 答えはまもなく出されるだろう。 M […]

2021新車バイクラインナップ〈大型ネイキッドクラス|日本車最新潮流解説〉

’21年の大型ネイキッドカテゴリーは各メーカーとも続々とユーロ5に対応したモデルチェンジを実施。同時にヤマハMT-09/07やホンダCB1000Rなど、スタイリングもさらに未来を先取りしたかのような新しいセンスが採り入れられている。電脳化もますます進んでおり、目が離せない。 大型ネイキッド:’21はプレミアムなZ H2に主力価格帯のMT兄弟が挑む むき出しのエンジンがメカニ […]

新型ヤマハMT-07マイナーチェンジ=新顔×正常進化【ユーロ5対応下で緻密に最適化】

吸排気系を見直すなど万人受けのキャラを強化 普段着感覚でスポーツできるミドルMTも’21で熟成。”Accessible MT with a Fitter Body”をテーマに、万人により身近かつ一体感のあるマシンを目指した。 270度クランクのパラツインは吸排気系などを変更し、トルク特性が一段とスムーズに。足まわりはフロントディスクを282→298mmに大径化し […]

ヤマハ新型「MT-09」「MT-07」「トレーサー9 GT」の発売時期が判明!

ヤマハは海外で2021年モデルを発表。これらのうち、クロスプレーンコンセプトの「MT-09」および「TRACER9 GT」、「MT-07」については2021年春頃に国内販売予定と公表されていたが、その後の調査で詳しい発売時期が明らかになった。また、北米発表の「MT-03」の新色も日本への導入が確実視される。 2021年モデルの国内販売予定車は今のところ3機種 ヤマハは、2021年モデルとして欧州と […]

【2021年モデルまとめ】ヤマハは「MT-09」「MT-07」「トレーサー9 GT」を来春以降に発売

ヤマハは欧州やアメリカで2021年モデルを発表。これらの中で日本国内販売を予定しているモデルについても公表された。クロスプレーンコンセプトの「MT-09」および「TRACER9 GT」、「MT-07」だ。ほかに北米では「MT-03」の新色も発表されており、こちらも日本への導入が確実視されている。 海外発表済みの2021年モデルのうち国内販売予定車×3機種 ヤマハは、2021年モデルとして海外で発表 […]

【続報】ヤマハ「MT-07」日本仕様は2021年春以降! ハンドル幅は32mm広く、12mm高い

欧州・北米で先行発表されたヤマハの新型MT-07だが、日本のヤマハから続報が出たのでお伝えしたい。日本仕様の発売時期は2021年春以降、そしてカラーバリエーションの色名はMT-09と同様の3色となるようだ。 ユーロ5適合化に合わせて吸排気系を新作、ミッションや排気バルブにも手が入った 前記事の速報では詳細まで触れられなかったが、ヤマハの新型「MT-07 ABS」はエンジン出力特性をリファインすると […]

ヤマハ新型「MT-07」発表! LEDヘッドライト採用、ブレーキ強化、吸排気も刷新

ヤマハは、北米と欧州で新型「MT-07」を発表。発表されたばかりの新型MT-09と同様にストームフローと名付けられたカラーリングをメインに、青と黒の全3色ラインナップとしている。日本における発売時期も追ってアナウンスされるはずだ。 ↓↓続報はコチラ↓↓ 北米価格は7599(約79万5000円)→7699ドル(約80万5000円)、日本でも価格上昇は最小限か ヤマハは欧州および北米で新型「MT-07 […]

ミドルスーパースポーツの近未来もハイスペック最終章!? CBR600RR|YZF-R7予想

環境規制の端境期にあり、世代交代の節目を迎えているバイク。ラインナップに大変動が起きるのは必定だ。そこでヤングマシン創刊48年の知恵とカンをベースに、願望&妄想も織り交ぜながら、バイク未来予想を導き出してみた。本ページでは600ccクラスのミドルスーパースポーツカテゴリーについて、ホンダCBR600RR/ヤマハYZF-R7の可能性を中心に予想する。 時代の変革点にホンダ/ヤマハが逆の動きをする? […]

’20年3月に発売された新車バイク情報まとめ

各車両メーカーから’20年3月にリリースされたニューモデルとして、ホンダ(CBR1000RR-Rファイヤーブレード/SP・グロム・レブル250)、ヤマハ(MT-25/03・MT-07・X-MAX)、スズキ(ジクサー・Vストローム650 ABS/XT ABS、バーグマン200)、ハーレダビッドソン(ロードグライドスペシャル)の11台をまとめて紹介する。 ’20年3月リリース【ホンダ】 RC213Vの […]

ヤマハ「MT-10、MT-07」2020年モデル新色のブルーが登場、“R”イメージのマットグレー

ヤマハは並列4気筒997ccのMT-10および並列2気筒688ccのMT-07に新色のブルーを設定。ヤマハスーパースポーツのYZF-Rシリーズを彷彿とさせるマットグレーのフェンダーなどを採用し、兄弟車のMT-25/03やMT-09と共通のイメージをまとう。発売日はMT-10が2020年5月28日、MT-07は3月28日だ。 スタンダードなブルーにもレースイメージで遊び心を 現行YZF-R1ベースの […]

’20新車バイク総覧〈大型ネイキッド|国産車#3/5〉ヤマハ

攻撃的なルックスを持つビッグネイキッド群。リッターモデルはスーパースポーツ由来の強心臓を積むモデルが多く、「ストリートファイター」や「スーパーNK」とも呼ばれる。一方、ミドルネイキッドはフレンドリーさがウリだ。前ページまでのカワサキ車に引き続き、電脳化で熟成を図るヤマハ’20年モデル「MT-10」「MT-09」「MT-07」を紹介する。 二面性が楽しいマスターオブトルク〈MT-10〉 […]

新型バイクカタログ[日本車|クラス別]

WEBヤングマシン|最新バイク情報