より身近で一体感のあるマシンに

新型ヤマハMT-07マイナーチェンジ=新顔×正常進化【ユーロ5対応下で緻密に最適化】

吸排気系を見直すなど万人受けのキャラを強化

普段着感覚でスポーツできるミドルMTも’21で熟成。”Accessible MT with a Fitter Body”をテーマに、万人により身近かつ一体感のあるマシンを目指した。

270度クランクのパラツインは吸排気系などを変更し、トルク特性が一段とスムーズに。足まわりはフロントディスクを282→298mmに大径化し、コントロール性をアップしたほか、最新のミシュラン製ロード5を履く。さらにフルLED化など最新MT共通のデザインを入手した。ライディングポジションも最適化され、新採用のアルミ製テーパードハンドルバーによって左右幅が32mm広く、ハンドル高が12mmアップ。ニーグリップ部の形状変更でホールド感も増しており、万人向けのキャラに磨きをかけている。

【’21 YAMAHA MT-07】主要諸元 ■全長2085 全幅780 全高1105 軸距1400 シート高805(各mm) 車重184kg(装備) ■水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ 689cc 73.4ps/8750rpm 6.8kg-m/6500rpm 変速機6段 燃料タンク容量14L ■キャスター24°50′/トレール90mm ブレーキF=φ298mmダブルディスク+4ポットキャリパー R=φ245mmディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●予想価格:81万円前後 ●予想発売時期:’21年5月 ※諸元は欧州仕様 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

タンクカバーを一新し、大きく張り出した形状に。フレームカバーはアルミ→樹脂製とし、形状も変更した。ウイング型テールも新採用。 [写真タップで拡大]

【カラーバリエーション】MT-09と同イメージの青、グレー、ツヤ消し黒を設定。青は、顔のサイドとテールをツヤ消しグレーとし、09と差別化した。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【’20 YAMAHA MT-07】MT-09に続いて’14年に投入されたパラツインの弟分・MT-07。低中速域で扱いやすく、回せばスポーティなエンジンと、鋼管フレームによる400並みの車重で、高い支持を受けた。’18のマイナーチェンジでスタイルを変更し、硬めに設定したサスや疲れにくいシートを採用。

[写真タップで拡大]

【ダイレクト感アップ】新型のエアダクトやマフラーに加え、ECUとFIのセッティングを変更しユーロ5に適合。さらにギヤのドッグ角変更などで、スロットル微開での低速域や再加速時のダイレクト感も向上した。

【ブレーキを強化】フロントディスクは16mm大径化。前後ともウェイブ→真円ディスクに変更した。リヤはφ245mmのままだが、MT-09と同タイプに。 [写真タップで拡大]

【MT-09より低くスラント】MT-07初のLEDヘッドライト+ポジション灯+前後ウインカーを投入。従来より小顔化しつつ、09より低くスラントして凛々しい。 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【非TFTで新デザインに】モノクロ液晶メーターはデザインを変更し、反転液晶を採用。従来型はギヤ段数を中央に、タコを下部に表示するが、新型は中央に速度を大きく示し、タコを上部に配置するなど視認性が向上した。外気温と時計も表示。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報