スズキSV650[新型バイクカタログ]【車体色に合わせフレーム色も3通り】

SV650 概要

90度Vツインをスチールトレリスフレームに搭載したミドルネイキッド。欧州仕様は’21でユーロ5に対応して触媒大型化やホース取り回しを変更し、最高出力3ps減となったが、国内仕様は色変更を行ったのみで諸元は従来通りである。3つの車体色ごとにフレーム色も異なっており、なかなかオシャレだ。STDに加え、カフェレーサー仕様のXが存在する。

国内でも新排出ガス規制をクリアする新モデルが’22年1月26日より登場。最高出力が76.1psから72psへ変更されたほか、車重が2kg増えているのが主な変更点だ。

’22 SV650

'22 SV650|マットブラックメタリックNo.2(YKV)

【’22 SUZUKI SV650】■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 645cc 72ps/8500rpm 6.4kgf-m/6800rpm ■199kg シート高785mm 14L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=160/60ZR17 ●価格:80万3000円 ●色:マットブラックメタリックNo.2 グラススパークルブラック/ブリリアントホワイト グラススパークルブラック ●発売日:2022年1月26日 [写真タップで拡大]

'22 SV650|グラススパークルブラック(ACX)
'22 SV650|グラススパークルブラック/ブリリアントホワイト(B1G)

カラーバリエーションはマットブラックメタリックNo.2/グラススパークルブラック/グラススパークルブラック/ブリリアントホワイトの3色を展開する。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

スズキSV650|ライディングポジション

シート高を785mmに抑え、足着きに干渉する前端部と周辺フレームを細身にまとめ上げたおかげで両足ともかかとが着く。ハンドル幅も絞られており、かなりコンパクトな姿勢を取れる。[身長174cm/体重63kg] [写真タップで拡大]

エンジン

スズキSV650|エンジン
スズキSV650|エンジン

代名詞とも言える645ccの水冷90度Vツインエンジン。1999年に初代SV650が登場して以来同じ基本設計を受け継いでいるが、技術進歩に応じてチューンナップを繰り返し最適化を続けてきた。最新の’22モデルではユーロ5をクリア。 [写真タップで拡大]

シャーシ

スズキSV650|シャーシ

ダイヤモンドタイプのスチールパイプフレームは’09年のグラディウスから継承したものだ。初代は楕円アルミダイキャスト/’03モデルは高真空アルミダイキャストと、エンジンとは対照的に時代によって変遷を続けてきた。 [写真タップで拡大]

足まわり

スズキSV650|フロント足まわり
スズキSV650|リヤ足まわり

フロントブレーキはトキコの4ピストンキャリパーとφ290mmのフローティングディスクを組み合わせ、十分な制動力とコントロール性を確保。フロントフォークはφ41mmの正立タイプでアジャスト機構は備えていない。リヤブレーキはニッシンのピンスライド1ピストンキャリパーとφ240mmのソリッドディスク。ABS介入時の自然な制動が好印象だった。 [写真タップで拡大]

スズキSV650|リヤサスペンション

リンクタイプのモノショック式リアサスペンションはプリロードで7段階調整が可能。 [写真タップで拡大]

主要装備

スズキSV650|ヘッドライト
スズキSV650|テールランプ

ヘッドライトは丸目でハロゲンバルブ+マルチリフレクターの組み合わせ。テールランプとストップランプはLEDだ。 [写真タップで拡大]

スズキSV650|ディスプレイ

メーターは軽量小型のLCDディスプレイ。6段階の照度調整機能を備え、日中から夜間まで万全の備えだ。 [写真タップで拡大]

スズキSV650|シート

785mmの低シートは内ももに当たる部分がかなり絞られており、良質な足着きに貢献する。 [写真タップで拡大]

スズキ SV650 ブレーキレバー
スズキ SV650 クラッチレバー

バーハンドルは垂れ角/絞り角ともに少ないナロータイプ。クラッチレバーはワイヤー調整式で、ブレーキレバーは5段階の位置調整が可能だ。 [写真タップで拡大]

スズキ SV650 シート下&車載工具
スズキ SV650 シート下&車載工具

シート下には車載工具(±ドライバー/スパナ/フックレンチ/ヘキサゴンレンチ)が収納されている。工具ケースの横に見える筒状のものは、蒸発したガソリンを回収するキャニスターだ。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

SV650に関連する記事

[’22前期]国産大型ネイキッド総まとめ#2(〜750cc)【懐古スタイルを捨て、より先鋭的に|新型バイクカタログ】

懐古系モデルが人気を集める一方で、オートバイのスタンダードスタイルであるネイキッドクラスは、電脳時代をストレートに反映した近未来デザインを続々と採用。’22も最新鋭となったMT-10を皮切りにサイバーな進化を続けている。後編では750cc以下のミドルモデルを紹介する。 ヤマハ MT-07:イメージ統一した新デザインで最新の排ガス規制に対応 兄貴分のMT-09と同イメージとなる、1灯の新 […]

スズキSV650[新型バイクカタログ]【車体色に合わせフレーム色も3通り】

SV650 概要 90度Vツインをスチールトレリスフレームに搭載したミドルネイキッド。欧州仕様は’21でユーロ5に対応して触媒大型化やホース取り回しを変更し、最高出力3ps減となったが、国内仕様は色変更を行ったのみで諸元は従来通りである。3つの車体色ごとにフレーム色も異なっており、なかなかオシャレだ。STDに加え、カフェレーサー仕様のXが存在する。 国内でも新排出ガス規制をクリアする新 […]

スズキの傑作Vツインスポーツ「SV650/X」が令和の排出ガス規制に対応して1/26発売

スズキは、名作と呼び声高い645ccV型2気筒エンジンを搭載するスポーツネイキッド「SV650 ABS」およびカフェレーサー「SV650X ABS」をモデルチェンジ。令和2年国内排出ガス規制に適合させ、2022年モデルとして1月26日に発売する。 軽快で自然なハンドリングと、力強いトルクレスポンス スズキの傑作エンジンを搭載するミドルクラスのVツインスポーツ「SV650 ABS」および「SV650 […]

スズキ「SV650」秘伝の鼓動感が詰まった秀作Vツイン! エンジンの“気持ちよさ”に100%納得

1999年の初代SV650、2003年の2代目SV650、そして2009年のグラディウス650を経て登場した現行SV650にたっぷりと試乗。そろそろモデル末期との噂も聞くが、熟成に熟成が重ねられたVツインエンジンは、後世に引き継がれるべき名機だ。 不等間隔爆発Vツインと軽量コンパクトな車体が“爽快感”を実現 スズキのミドルスポーツ「SV650 ABS」(以下、SV650)のウェブサイトを覗いてみる […]

2021新車バイクラインナップ〈大型ネイキッドクラス|日本車最新潮流解説〉

’21年の大型ネイキッドカテゴリーは各メーカーとも続々とユーロ5に対応したモデルチェンジを実施。同時にヤマハMT-09/07やホンダCB1000Rなど、スタイリングもさらに未来を先取りしたかのような新しいセンスが採り入れられている。電脳化もますます進んでおり、目が離せない。 大型ネイキッド:’21はプレミアムなZ H2に主力価格帯のMT兄弟が挑む むき出しのエンジンがメカニ […]

スズキの名作Vツインスポーツ「SV650、SV650X」にブラック×ゴールドほか新色! 1/28発売

スズキは、645ccのV型2気筒エンジンを搭載したネイキッドスポーツ「SV650」および「SV650X」にニューカラーを設定し、2021年モデルとして発売する。ニューカラーは黒×金などがラインナップされ、それぞれフレーム色も専用とされた。発売日は2021年1月28日。 「SV650 ABS」は3色、「SV650X ABS」は1色が登場 スズキは、国産ミドルクラスでは稀少な存在となったVツインエンジ […]

スズキの名作Vツインスポーツ「SV650、SV650X」にブラック×ゴールドほか新色登場!

スズキは、645ccのV型2気筒エンジンを搭載したネイキッドスポーツ「SV650」および「SV650X」にニューカラーを設定し、2021年モデルとして発売する。ニューカラーは黒×金などがラインナップされ、それぞれフレーム色も専用とされた。発売日は2021年1月28日。 「SV650 ABS」は3色、「SV650X ABS」は1色が登場 スズキは、国産ミドルクラスでは稀少な存在となったVツインエンジ […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース