スズキGSX-R125[新型バイクカタログ]:基本性能を磨くスモールGSX-R

GSX-R125 概要

縦2灯のLEDヘッドライトを備えるフルカウルに、独自のSCEM(メッキシリンダー) や高性能FIで15psを発揮する4バルブ水冷DOHC単気筒を抱く原付二種スーパースポーツ。’22年には排出ガス規制に適合したマイナーチェンジモデルが登場。最高出力&最大トルクの数値は変わらないが、それぞれ発生回転数は500rpm上昇した。また、これに伴いカラーリングとアンダーカウルの形状が変更されている。

’22 GSX-R125

'22 スズキ GSX-R125|ストロンガーレッド×タイタンブラック

【’22 SUZUKI GSX-R125】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps/10500rpm 1.1kg-m/8500rpm ■車重137kg シート高785mm 11L ■タイヤサイズF=90/80-17 R=130/70-17 ●色:ストロンガーレッド×タイタンブラック トリトンブルーメタリック タイタンブラック ●価格:45万3200円 ●発売日:未定 [写真タップで拡大]

'22 スズキ GSX-R125|トリトンブルーメタリック
'22 スズキ GSX-R125|タイタンブラック

カラーバリエーションはレッド×ブラック/ブルーメタリック/ブラックの3色展開。 [写真タップで拡大]

’21 GSX-R125

'21 スズキ GSX-R125|ストロンガーレッド×タイタンブラック

【’21 SUZUKI GSX-R125】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps/10000rpm 1.1kg-m/8000rpm ■車重134kg シート高785mm 11L ■タイヤサイズF=90/80-17 R=130/70-17 ●色:ストロンガーレッド×タイタンブラック トリトンブルーメタリック タイタンブラック ●価格:41万5800円 ●発売日:’21年1月18日 [写真タップで拡大]

'21 スズキ GSX-R125|トリトンブルーメタリック
'21 スズキ GSX-R125|タイタンブラック

カラーバリエーションはレッド×ブラック/ブルーメタリック/ブラックの3色展開。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'21 スズキ GSX-R125|ライディングポジション

セパレートハンドルの採用でポジションはしっかり前傾。スーパースポーツの乗り味を楽しめる。とはいえステムが近いため体勢自体は非常にラクで、足着きも優秀だ。[身長175cm/体重62kg](写真は’20モデル) [写真タップで拡大]

エンジン

'21 スズキ GSX-R125|エンジン

同クラスのCB125Rよりもショートストローク設定で、DOHC4バルブも国内4社の正規ラインナップではクラス唯一だ。FIの制御には6つのセンサーを用いるなど実にハイテク。 [写真タップで拡大]

足まわり

'21 スズキ GSX-R125|足まわり

標準装着タイヤはダンロップのD102、リヤサスペンションはリンク式モノショック、ブレーキディスクは前後ともペタルタイプで、ABSは2チャンネル式というスペックを誇る。(写真は’20モデル) [写真タップで拡大]

主要装備

'21 スズキ GSX-R125|フロントまわり
'21 スズキ GSX-R125|テールランプ

GSXの顔とも言える縦型2灯ヘッドライト/ポジションランプ/ナンバー灯はLEDを採用。ウインカーとテールランプはフィラメント球だ。(写真は’20モデル) [写真タップで拡大]

'21 スズキ GSX-R125|ハンドルまわり

フル液晶メーターの表示は背景が黒のネガティブ式。ハザードランプも新設する。盗難防止用のシャッター付きキーシリンダーは継続採用だ。(写真は’20モデル) [写真タップで拡大]

'21 スズキ GSX-R125|タンク
'21 スズキ GSX-R125|シート

ニーグリップを効かせやすい絞り込まれたタンクは容量11L。シートはセパレート式で、タンデム側はキーロックでの取り外しが可能。下には車載工具が収納されている。(写真は’20モデル) [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

GSX-R125に関連する記事

生産遅延のため発売延期……本日発売予定だったスズキ「GSX-S125」「GSX-R125」

スズキは、4月27日発売予定だった「GSX-S125 ABS」及び、5月11日発売予定の「GSX-R125 ABS」について、生産の遅れにより当面延期すると発表。発売日が決定したら、改めて案内するとした。 これら2車は、マイナーチェンジにより平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合し、最高出力&最大トルクの数値は新排出ガス規制適合でも変わらないが、それぞれ発生回転数は500rpm上昇した。また、車 […]

貴重なフルサイズMT 原付二種、スズキ「GSX-S125」「GSX-R125」がマイナーチェンジ&新色登場

スズキは、マニュアルトランスミッションを搭載するフルサイズスポーツ原付二種の「GSX-S125」「GSX-R125」を平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合させ、2022年モデルとして発売する。これにともない、カラーリングとアンダーカウルの形状が変更された。 いずれも人気の原付二種スポーツバイクで、フルサイズ17インチの前後ホイールにウェーブ形状のブレーキディスクを組み合わせ、ABSを標準装備。 […]

スズキGSX-R125[新型バイクカタログ]:基本性能を磨くスモールGSX-R

GSX-R125 概要 縦2灯のLEDヘッドライトを備えるフルカウルに、独自のSCEM(メッキシリンダー) や高性能FIで15psを発揮する4バルブ水冷DOHC単気筒を抱く原付二種スーパースポーツ。’22年には排出ガス規制に適合したマイナーチェンジモデルが登場。最高出力&最大トルクの数値は変わらないが、それぞれ発生回転数は500rpm上昇した。また、これに伴いカラーリングとアンダーカウ […]

ヤングマシンメンバーズ・ワタシの愛車インプレッション〈スズキGSX-R125〉

ヤングマシンが運営する無料の会員メンバーシップ「ヤングマシンメンバーズ」では、会員の方々から愛車インプレッションレポートを募集している。本記事では、読者の愛車・スズキGSX-R125(’20)を紹介しよう。 ’20年の自粛期間をきっかけに乗り始めました 新型コロナウイルス感染拡大防止のための自粛期間で、どうしようもなくバイクに乗りたくなり、購入しました。普通二輪で乗れるスポ […]

スズキ2021新車バイクラインナップ〈51〜125cc原付二種クラス〉GSX-R125/S125

GSX-R125:本格スーパースポーツの遺伝子を継承 スーパースポーツの雄・GSX-Rを名乗るにふさわしい縦2灯のヘッドライト(もちろんLED!)を装備したフルカウルに始まり、エンジンもパワフルな水冷4バルブDOHCを搭載した「GSX-R125」。10本キャストのホイールにダンロップD102を履き、前後ブレーキディスクはアグレッシブなペタルタイプと足まわりも本格派。’21モデルでは新色 […]

スズキGSX-R125 ABS 試乗インプレッション【伝統の遺伝子を感じる軽二輪キラー】

国内4メーカーの正規ラインナップでは唯一となる、スズキのフルカウル原付二種スポーツ「GSX-R125 ABS」に、ブルー×シルバーのスズキ100周年記念カラーが追加された。3シーズン目を迎えるシリーズの末弟を、ヤングマシンテスター・大屋雄一が初試乗する。 [◯] フロントから強く旋回。水冷シングルエンジンも元気だ ヨーロッパでは、125cc以下で15psを上限としたA1ライセンスで乗れるカテゴリー […]

原付二種で唯一の国産スーパースポーツ! スズキ「GSX-R125」に2021年モデルの赤が登場

スズキは、原付二種125ccクラスで現在は国産唯一となったスーパースポーツモデル「GSX-R125 ABS」に新色を設定し、2021年モデルとして発売することを発表した。価格は41万5800円となり、発売日は2021年1月18日。 貴重な125ccクラスのスーパースポーツ スズキは「GSX-R125 ABS」にニューカラーの赤×黒を設定し、2021年モデルとして発売する。従来からあるトリトンブルー […]

銀青のGPカラー! スズキ創立100周年記念カラー「GSX-R125」が7月3日発売に

スズキは、2020年3月15日に創立100周年を迎えたことを受け、原付二種フルカウルスポーツの「GSX-R125 ABS」に特別色を設定して2020年7月3日より発売する。価格は2月に発売された現行モデルと同じ39万3800円。現行カラーと併せて全4色ラインナップとなる。 「ソラリスシルバー×トリトンブルーメタリック」の100周年記念カラー 2020年2月27日にマイナーチェンジして発売された「G […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース