第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

スズキGSX-R125 [’22後期 新型バイクカタログ]:元気なスモールGSX-R

スズキGSX-R125

●文:ヤングマシン編集部 ※情報更新日:2022年10月15日

スズキGSX-R125 ABS 概要

GSX-Rならではの縦2灯LEDのフルカウルに、15psを発揮する水冷4バルブDOHCを搭載。平成32年排出ガス規制に適合させ、アンダーカウル形状とカラーを変更した(赤×黒/黒/青)。

’22 スズキGSX-R125 ABS

主要諸元

スズキGSX-R125 ABS

【’22 SUZUKI GSX-R125】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps/10500rpm 1.1kg-m/8500rpm ■車重137kg シート高785mm 11L ■タイヤサイズF=90/80-17 R=130/70-17 ●色:ストロンガーレッド×タイタンブラック トリトンブルーメタリック タイタンブラック ●価格:45万3200円 ●発売日:2022年7月26日 [写真タップで拡大]

スズキGSX-R125 ABS
スズキGSX-R125 ABS

【カラーバリエーション】ストロンガーレッド×タイタンブラック/トリトンブルーメタリック/タイタンブラックの3色展開。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

'21 スズキ GSX-R125|ライディングポジション

セパレートハンドルの採用でポジションはしっかり前傾。スーパースポーツの乗り味を楽しめる。とはいえステムが近いため体勢自体は非常にラクで、足着きも優秀だ。[身長175cm/体重62kg](写真は’20モデル) [写真タップで拡大]

エンジン

'21 スズキ GSX-R125|エンジン

同クラスのCB125Rよりもショートストローク設定で、DOHC4バルブも国内4社の正規ラインナップではクラス唯一だ。FIの制御には6つのセンサーを用いるなど実にハイテク。 [写真タップで拡大]

足まわり

'21 スズキ GSX-R125|足まわり

標準装着タイヤはダンロップのD102、リヤサスペンションはリンク式モノショック、ブレーキディスクは前後ともペタルタイプで、ABSは2チャンネル式というスペックを誇る。(写真は’20モデル) [写真タップで拡大]

主要装備

'21 スズキ GSX-R125|フロントまわり
'21 スズキ GSX-R125|テールランプ

GSXの顔とも言える縦型2灯ヘッドライト/ポジションランプ/ナンバー灯はLEDを採用。ウインカーとテールランプはフィラメント球だ。(写真は’20モデル) [写真タップで拡大]

'21 スズキ GSX-R125|ハンドルまわり

フル液晶メーターの表示は背景が黒のネガティブ式。ハザードランプも新設する。盗難防止用のシャッター付きキーシリンダーは継続採用だ。(写真は’20モデル) [写真タップで拡大]

'21 スズキ GSX-R125|タンク
'21 スズキ GSX-R125|シート

ニーグリップを効かせやすい絞り込まれたタンクは容量11L。シートはセパレート式で、タンデム側はキーロックでの取り外しが可能。下には車載工具が収納されている。(写真は’20モデル) [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース