スズキGSX-R125[新型バイクカタログ]:基本性能を磨くスモールGSX-R

GSX-R125 概要

縦2灯のLEDヘッドライトを備えるフルカウルに、独自のSCEM(メッキシリンダー) や高性能FIで15psを発揮する4バルブ水冷DOHC単気筒を抱く原付二種スーパースポーツ。’21モデルは新グラフィックのエクスターカラー/赤×黒ツートーン/黒+赤ホイールの3色が揃う。

’21 GSX-R125

'21 スズキ GSX-R125|ストロンガーレッド×タイタンブラック

【’21 SUZUKI GSX-R125】■水冷4スト単気筒DOHC4バルブ 124cc 15ps/10000rpm 1.1kg-m/8000rpm ■車重134kg シート高785mm 11L ■タイヤサイズF=90/80-17 R=130/70-17 ●色:ストロンガーレッド×タイタンブラック トリトンブルーメタリック タイタンブラック ●価格:41万5800円 ●発売日:’21年1月18日 [写真タップで拡大]

'21 スズキ GSX-R125|トリトンブルーメタリック
'21 スズキ GSX-R125|タイタンブラック

カラーバリエーションはレッド×ブラック/ブルーメタリック/ブラックの3色展開。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

GSX-R125に関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車51〜125cc原付二種クラス【新125&110横型エンジン投入でホンダ原二再躍進!】

アジアや欧州で新型の先行販売が報じられるたび、「すぐに国内販売を!」と期待に胸躍る原付二種クラス。ホンダの新横型エンジンの勢いは止まらず、モデルチェンジはもちろん、ダックス125など”復刻125″も現実味を帯びてきた!? 進撃止まぬ原付二種の勢いはファーストバイクの領域に タイ/インドネシア/台湾などのアジア地区ではこのクラスが活況。欧州でも免許制度の兼ね合いで125ccま […]

ヤングマシンメンバーズ・ワタシの愛車インプレッション〈スズキGSX-R125〉

ヤングマシンが運営する無料の会員メンバーシップ「ヤングマシンメンバーズ」では、会員の方々から愛車インプレッションレポートを募集している。本記事では、読者の愛車・スズキGSX-R125(’20)を紹介しよう。 ’20年の自粛期間をきっかけに乗り始めました 新型コロナウイルス感染拡大防止のための自粛期間で、どうしようもなくバイクに乗りたくなり、購入しました。普通二輪で乗れるスポ […]

スズキ2021新車バイクラインナップ〈51〜125cc原付二種クラス〉GSX-R125/S125

GSX-R125:本格スーパースポーツの遺伝子を継承 スーパースポーツの雄・GSX-Rを名乗るにふさわしい縦2灯のヘッドライト(もちろんLED!)を装備したフルカウルに始まり、エンジンもパワフルな水冷4バルブDOHCを搭載した「GSX-R125」。10本キャストのホイールにダンロップD102を履き、前後ブレーキディスクはアグレッシブなペタルタイプと足まわりも本格派。’21モデルでは新色 […]

2021新車バイクラインナップ〈原付二種51〜125cc|日本車最新潮流解説〉

遊び心満載のミニスポーツからライトウェイトSUV、そして便利なコミューターまで、原付二種クラスの勢いは止まるところを知らない! アジア圏や欧州から先行モデルが発表されるたび、原二ファンの期待は高まるばかりだ。ここでは日本で販売されるモデルだけでなく、国内導入未定モデルについても期待を込めて紹介する。 お手頃で超楽しい原付二種が、憂鬱な時代を吹き飛ばす! アンダー125ccは、二輪小型限定免許で乗れ […]

スズキGSX-R125 ABS 試乗インプレッション【伝統の遺伝子を感じる軽二輪キラー】

国内4メーカーの正規ラインナップでは唯一となる、スズキのフルカウル原付二種スポーツ「GSX-R125 ABS」に、ブルー×シルバーのスズキ100周年記念カラーが追加された。3シーズン目を迎えるシリーズの末弟を、ヤングマシンテスター・大屋雄一が初試乗する。 [◯] フロントから強く旋回。水冷シングルエンジンも元気だ ヨーロッパでは、125cc以下で15psを上限としたA1ライセンスで乗れるカテゴリー […]

原付二種で唯一の国産スーパースポーツ! スズキ「GSX-R125」に2021年モデルの赤が登場

スズキは、原付二種125ccクラスで現在は国産唯一となったスーパースポーツモデル「GSX-R125 ABS」に新色を設定し、2021年モデルとして発売することを発表した。価格は41万5800円となり、発売日は2021年1月18日。 貴重な125ccクラスのスーパースポーツ スズキは「GSX-R125 ABS」にニューカラーの赤×黒を設定し、2021年モデルとして発売する。従来からあるトリトンブルー […]

銀青のGPカラー! スズキ創立100周年記念カラー「GSX-R125」が7月3日発売に

スズキは、2020年3月15日に創立100周年を迎えたことを受け、原付二種フルカウルスポーツの「GSX-R125 ABS」に特別色を設定して2020年7月3日より発売する。価格は2月に発売された現行モデルと同じ39万3800円。現行カラーと併せて全4色ラインナップとなる。 「ソラリスシルバー×トリトンブルーメタリック」の100周年記念カラー 2020年2月27日にマイナーチェンジして発売された「G […]

’19 ストリートスポーツ50~125cc人気バイクランキング【マシン・オブ・ザ・イヤー投票】

その年のモデルからファン投票で人気ナンバー1を決める、ヤングマシンが誇るガチ企画「第47回マシン・オブ・ザ・イヤー(MOTY)」。「ストリートスポーツ50〜125cc」部門では、ホンダ モンキー125が前回に続き2連覇を果たした。 ストリートスポーツ50〜125cc部門〈総評〉ホンダが一党独裁状態。10台中7台がランクイン 惜しまれつつも生産終了した50ccのホンダ モンキー。2018年、125c […]

’20新車バイク総覧〈110〜125cc原付二種|国産車#3/5〉スポーツバイク

原付二種クラスは125ccを中心に近頃大人気。コストパフォーマンスの良さに加え近年のアジア市場の拡大も相まって、ラインナップは増加の一途だ。前ページのレジャーバイク編に続き、本ページではスポーツバイク編としてホンダCB125R、スズキGSX-R125/GSX-S125を紹介する。 ホンダ CB125R:クラスを超えた装備が自慢 CB-Rシリーズの末弟。兄貴分と同様のスタイルに水冷SOHC単気筒を採 […]

スズキ GSX-R125/GSX-S125 が’20マイナーチェンジ【2月27日発売】

アグレッシブなスタイリングや高出力エンジンを特長とするスズキの125ccスポーツバイク「GSX-R125 ABS」と「GSX-S125 ABS」が’20モデルにマイナーチェンジ。カラーリング等が変更され、2020年2月27日に発売される。 GSX-R125 ABS:軽量で高性能なスーパースポーツバイク 「GSX-R125 ABS」は、初心者や若年層でも楽しめる原付二種のスーパースポーツ […]

’20年2月発売の新車バイク情報まとめ〈第2弾追加×14台〉

各車両メーカーから’20年2月にリリースされるニューモデル・追加第2弾として、ホンダ、CB1000R、ヤマハ MT-09 ABS、XSR900 ABS、トレーサー900 ABS/GT ABS、スズキ GSX-R125ABS、GSX-S125 ABS GSX-S1000F ABS、GSX-S1000 ABS、GSX-S750 ABS、ハーレーダビッドソン ファットボーイ30周年記念モデル、ロードグラ […]

2019新車走評:今人気! 110~150ccお気軽クラス編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #16]

軽量コンパクトな車体に、公道でも使い切れるパワー&トルクのエンジンを搭載。トイ感をたっぷり備え、自分好みに徹底カスタムするベースモデルとしても使いやすい。その扱いやすさから実用にも向いているが、のんびり一般道ツーリングするのもなかなか楽しい。小粒ながら日常生活やバイクライフに刺激を与えてくれる、スパイシーなカテゴリーだ! 気軽さのある走行性能と低めのランニングコスト このカテゴリーにはさまざまな機 […]

2019スズキGSX-R125の試乗インプレッション

手の内に収められるが、まるで退屈しない速さあり。ヘルメットの中で思わずニヤリとしてしまった……。ビッグバイク乗りにもぜひ味わってほしい快感だ! TEXT:Toru TAMIYA PHOTO:Satoshi MAYUMI ぶん回して乗る気持ちよさと低速時の扱いやすさが共存 裏切られた……いい意味で! 遅ればせながら初めて乗ったGSX-R125 ABS。もっとデザイン先行の設計を想像していたのだが、コ […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報