第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ダックスも一時発売延期になっていました|モーサイ

「新車買えない問題」スズキは改善の兆し? 一方ホンダはハンターカブなど人気9車種が受注一時停止に


●まとめ:モーサイ編集部(上野茂岐) ●写真:スズキ/ホンダ

発売延期となっていたスズキ GSX-R125とGSX-S125は7月に発売決定

新型コロナウイルスによる世界的な物流の混乱、同じく世界的な半導体不足によって様々な工業製品が影響を受けている。

バイクに関しても「新車が買えない」「契約はしたが納車日は当面先に……」という声が多く聞かれる。

そもそも発売延期とされた車種もある。

当初4月に発売予定だった2022年モデルのスズキ GSX-R125 ABSとGSX-S125 ABSは「生産の遅れにより当面延期」となってしまった。

しかし、GSX-R125 ABSが7月26日、GSX-S125 ABSが7月22日と改めて発売日が決定。2022年モデルの改良点は2車ともに、令和2年国内排出ガス規制への対応、車体色の刷新、アンダーカウル形状の変更で、価格はGSX-R125 ABSが45万3200円、GSX-S125 ABSが42万200円となっている。

「海外生産だから物が届かない」とは限らない

スズキのGSX-R125 ABSとGSX-S125 ABSはインドネシア生産、ホンダ ダックス125はタイ生産。また、ホンダの受注一時停止となった車種はレブル1100を除くとすべてタイ生産だ。

ここで「海外生産だから物が届かないのでは?」と思う人もいるかもしれないが、必ずしもそうではない。


※本記事は“モーサイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース