ロイヤルエンフィールド メテオ350シリーズ[新型バイクカタログ]:遂に導入! GB350の対抗馬?!

'21 メテオ350シリーズ

メテオ350シリーズ 概要

元来、英国のメーカーだが、現在はインド資本下で現地を中心に高い人気を誇る同ブランド。メテオ350はインドで発表された新作で、349cc空油冷シングルを積むネオクラシック。日本向けは3グレード構成で、価格は59万6200円~62万2600円。鼓動感など単気筒の心地よさを感じさせつつも、全回転域を通したフレキシビリティには目を見張るものがある。ファイアボールがSTD、ステラが上級版。スーパーノヴァは、ウインドシールドまで備える。

’21 メテオ350 ファイアボール

'21 ロイヤルエンフィールド メテオ350 ファイアーボール|イエロー

【’21 ROYAL ENFIELD METEOR 350 FIREBALL】■ 空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 349cc 20.2ps 2.75kg-m ■シート高765mm 15L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=140/70-17 ●色:イエロー レッド ※諸元はイギリス仕様 [写真タップで拡大]

'21 ロイヤルエンフィールド メテオ350 ファイアーボール|レッド
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはイエロー/レッドの2色展開。

’21 メテオ350 ステラ

'21 ロイヤルエンフィールド メテオ350 ステラ|ブラック

【’21 ROYAL ENFIELD METEOR 350 STELLAR】■ 空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 349cc 20.2ps 2.75kg-m ■シート高765mm 15L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=140/70-17 ●色:ブラック ブルー レッド ※諸元はイギリス仕様 [写真タップで拡大]

'21 ロイヤルエンフィールド メテオ350ステラ|ブルー
'21 ロイヤルエンフィールド メテオ350ステラ|レッド

カラーバリエーションはブラック/ブルー/レッドの3色展開。 [写真タップで拡大]

’21 メテオ350 スーパーノヴァ

'21 ロイヤルエンフィールド メテオ350スーパーノヴァ|ブルー

【’21 ROYAL ENFIELD METEOR 350 SUPERNOVA】■ 空冷4スト単気筒SOHC2バルブ 349cc 20.2ps 2.75kg-m ■シート高765mm 15L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=140/70-17 ●色:ブルー ブラウン ※諸元はイギリス仕様 [写真タップで拡大]

'21 ロイヤルエンフィールド メテオ350スーパーノヴァ|ブラウン
[写真タップで拡大]

カラーバリエーションはブルー/ブラウンの2色展開。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ロイヤルエンフィールドに関連する記事

ロイヤルエンフィールド新型バイク総まとめ【’21には待望の新作、メテオ350を投入】

英国発でインドでも高い人気を誇る 創業120周年、現存するバイクブランドの中でもかなり歴史が長いロイヤルエンフィールド(ROYAL ENFIELD)。イギリスで誕生し、現在はインド資本下。インドを中心に高い人気を誇るブランドだ。 生産を終了し’21から在庫のみの販売となってしまったが、基本設計は’50年代のままという本物のクラシック、ビュレット500/クラシック500シリー […]

目指せ南極走破! ロイヤルエンフィールド「ヒマラヤ」世界初の冒険が11月26日にはじまる

ロイヤルエンフィールドは、創業120周年を迎えた今年、モーターサイクルの新しい可能性を押し広げる新しい試みとして、モーターサイクルによる南極走破プロジェクト「90° SOUTH – Quest for the Pole」を実施すると発表した。遠征隊は現地時間2021年11月26日に出発し、ロス棚氷から南極点まで約770kmを走破するという。 空冷単気筒アドベンチャー「ヒマラヤ」が南極点 […]

【ロイヤルエンフィールド メテオ350 試乗インプレ】走る、旅する、バイクの醍醐味を感じる1台

メテオ350のエンジン特性や乗り味などのインプレッションは根本 健の「【ロイヤルエンフィールド メテオ350 日本初試乗インプレ!】ひと目で伝わる圧倒的な質感の違い」を読んでいただくとして、こちらではその機能性の部分に詳しく触れていきたい。 バイクの醍醐味をダイレクトに伝えてくれるエンジン ロイヤルエンフィールドのメテオ350にまたがり駆けだすとそのトルク感、鼓動感をとてもよく感じた。これは、ロイ […]

【ロイヤルエンフィールド メテオ350 試乗インプレ!】ひと目で伝わる圧倒的な質感の違い

エッ、これで350?、ゆったりとしたサイズに跨がり、エンジンの予想もしなかった雰囲気のあるレスポンスに痺れ、走り出すと思わず……。間もなく国内で正式発表される見込みのメテオ350は、ロイヤルエンフィールドの新設計単気筒エンジンを搭載する、“普通二輪免許で乗れる”ミドルクルーザーだ。 500ccクラスの存在感とクオリティ、空冷で最新エンジンに込められた感性とは? ロイヤルエンフィールドから新型の35 […]

ロイヤルエンフィールド「メテオ350」には、コイツだけの単気筒テイストがある!

2020年秋に発表され、日本への導入が心待ちにされてきたロイヤルエンフィールド「メテオ350」が、いよいよ日本にもデビューする! 正式なローンチはもう少し先だが、先行導入された試乗車をテストできたので、ファーストインプレッションをお届けしたい。 ロングストローク単気筒は、まるで昭和の足踏み式ミシン!? 極低速域からのエンジンの粘り、500ccを思わせる力強い鼓動感、思いのほか振動が少なく心地よい高 […]

ロイヤルエンフィールドの2気筒「INT 650」と「コンチネンタルGT 650」に新色が登場!

新型クラシック350を本国で発表し、日本でもメテオ350の間もなくの発売を控えるロイヤルエンフィールドは、648cc並列2気筒シリーズの「INT 650」と「コンチネンタルGT 650」をマイナーチェンジし、日本で販売開始すると発表した。新たにユーロ5適合エンジンを搭載し、車体色も一新されている。 ロイヤルエンフィールドのフラッグシップモデル×2車が、新色&進化版エンジン採用 1901年に英国で誕 […]

【ロイヤルエンフィールド ヒマラヤ 宮城光が試乗インプレ】作り込まれたフレンドリーな冒険バイク

昨今のアドベンチャーバイクには電子制御デバイスが奢られ、車体は大型化傾向があるがロイヤルエンフィールドの「ヒマラヤ」は、411cc空冷単気筒エンジンを搭載し、過剰な装備を省いた軽量かつシンプルなつくりが魅力。気軽に走り出すことができるヒマラヤでの冒険ライディングは、いつだってライダーが主役だ。 乗り手の五感を研ぎ澄ますシンプルな冒険バイク 便利な時代だ。何をするにも、リアルでなくバーチャルで済ませ […]

ロイヤルエンフィールドが「メテオ350」の日本導入を決定! 価格は59万円台から

ロイヤルエンフィールドのメテオ350(METEOR 350)が日本にやってくる! 発売日の正式発表はまだしばらく待たねばならないが、3グレードのラインナップで価格は59万6200円~62万2600円になることが明らかになった。“普通二輪免許で乗れる外国車”に貴重な1台が加わることになる。今回は実車の撮影カットも交えて紹介したい。 ロングストローク単気筒の“イージークルーザー” ロイヤルエンフィール […]

ロイヤルエンフィールド新型「クラシック350」登場!! これがリアルレトロの王道だ!

ロイヤルエンフィールドは本国インドにて、新エンジン&新フレームとなった新生「クラシック350」を発表した。まったく新しいのにレトロ極まるこのマシン、単色/ツートーンのラインナップにシングル/2チャンネルABSを組み合わせ、現地価格は18万4374ルピー~21万5118ルピー。日本への導入にも期待! オールニューのクラシック350は“Jプラットフォーム”で新生 第2次世界大戦後のG2モデルにインスパ […]

ホンダ「ハイネスCB350」のライバル本命! ロイヤルエンフィールドの新生クラシック

ロイヤルエンフィールドは、『#BeReborn | Royal Enfield Motorcycle Live India Launch』と名付けたオンラインイベントを予告。2021年9月1日に“生まれ変わった何か”を発表する。スモークに包まれた姿からは、日本でも間もなく発売が期待されるメテオ350の兄弟車であることが伺える。 インド市場に放たれたハイネスCB350を迎え撃つ、新たな一手! 202 […]

【ロイヤルエンフィールド INT650 インプレ】近代のバイクにはない優しいディテール

ロイヤルエンフィールドのツインは、クラシックテイストが印象的。真っ直ぐの道も退屈せずに走れるのは、常にエンジンが心地よいリズムを刻むからだ。 エンジンの優しい鼓動感に包まれる日帰り600km この日は浜松のクシタニで取材だった。東京の編集部からクシタニまでは片道250kmほど。そういえばロイヤルエンフィールドの新しいツインで長距離を走ったことがないなぁと思い、INT650で行くことにした。 このパ […]

GB350の好敵手・ロイヤルエンフィールド クラシック500試乗インプレ【GBとは異なる時間軸を歩むライバル】

ホンダGB350の生まれ故郷・インドでは、ロイヤルエンフィールドの「クラシック」が直接のライバルとしてしのぎを削っている。本国版では同じ350ccが展開されているが、現在日本に入荷されているのは500ccのみ。排気量に違いはあるものの、今回のGB350試乗特集企画の一環として、このライバル車の試乗も行なってみた。テスターは引き続き丸山浩氏が務める。 ロイヤルエンフィールドに感じる究極のレトロな味 […]

【ロイヤルエンフィールド コンチネンタル GT650 vol.2】ハンドリングも伝統的であり正統派

「INT650」から派生したカフェレーサーが「コンチネンタルGT650」だ。両モデルの主な違いはライディングポジションだが、実はエンジンの出力特性も差別化。そのシルエットに見合う、スポーティな味つけが施されていた。 ギヤを入れる行為そのものから心地よい コンチネンタルGT650(以下、GT650)の車重は、198kgだ。この数値は兄弟モデルのINT650に対して4kg軽く、カフェレーサーらしいシャ […]

【ロイヤルエンフィールド コンチネンタル GT650 vol.1】英国式カフェレーサーを継承するスポーツツイン

ロイヤルエンフィールドのトラディショナルツイン「INT650」から派生したカフェレーサーが「コンチネンタルGT650」だ。手が加えられた部分はハンドルやステップ、シートといった王道にして定番パーツだけではない。実はそのキャラクターに合わせてエンジン特性も変更されるなど、きめ細やかなカスタムが施されていた。 クリップオンハンドルとバックステップを組み合わせたカフェレーサーの王道スタイル 2021年3 […]

【ロイヤルエンフィールド ヒマラヤ インプレ vol.2】ハイテクアドベンチャーにはない、真のオフロード力

ヒマラヤには最新の電子デバイスも誇るようなパワーもない。しかしながら、悪路を乗り越え、確実に目的地までたどり着ける突破力が備わっていた。 OHVモデルとは異なる、バランサー内蔵SOHCエンジン ロイヤルエンフィールドには、「クラシック500」と「バレット500」という空冷4ストロークOHV単気筒モデルが存在している。いずれも499ccの排気量を持ち、エンジンの源流をたどれば半世紀以上もさかのぼるリ […]

【ロイヤルエンフィールド ヒマラヤ インプレ vol.1】過酷な環境を走り切るタフなヘビーデューティモデル

オンロードもオフロードも想定したロイヤルエンフィールド初のデュアルパーパスモデル「ヒマラヤ」の評価がジワジワと上昇している。ゆるキャラのような見た目とは裏腹に、その装備は本気のサバイバル仕様だ。 ロイヤルエンフィールドがラインナップするデュアルパーパスモデルが「HIMALAYAN」だ。少し前まで、カタカナ表記の時は「ヒマラヤン」とされていたが、現在は「ヒマラヤ」で統一されている。 アンケートやデー […]

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

WEBヤングマシン|最新バイク情報