ロイヤルエンフィールド クラシック350シリーズ[新型バイクカタログ]:古きよき英国の薫り漂う真正レトロ

ロイヤルエンフィールド クラシック350シリーズ

※情報更新日:2022年8月30日

クラシック350シリーズ 概要

第2次大戦後のG2モデルをオマージュしたクラシックシリーズに新作が登場。メテオ350をベースに「タイムレスクラシック」を掲げ、メッキ処理した金属フェンダーやティアドロップ燃料タンク、特徴的なヘッドライトを与える。冷却フィンが際立つロングストロークの空冷シングルやダブルクレードルの骨格もレトロだ。一方でUSBポートを備え、海外仕様ではスマホ連動ナビも採用(国内は非採用)。

国内には’22年春から入荷を開始。メッキを多用したクラシッククローム/キャストホイールの同ダーク/シンプルな同ハルシオン/軍用チックな同シグナルズの4タイプがある。また海外ではシングルチャンネルABS車を用意するが、国内は2チャンネルABS車のみのラインナップ。なお従来のクラシック500は終了した。



’22 クラシック350 クローム/ダーク/ハルシオン/シグナルズ

クラシック350

【’22 ROYAL ENFIELD CLASSIC 350】■空冷4ストローク単気筒 349cc 20.2ps/6100rpm 2.75kg-m/4000rpm ■195kg 805mm 13L ■タイヤサイズF=100/90-19 R=120/80-18 ■ブルートゥース ●色:クロームレッド クロームブロンズ ダークガンメタルグレー ダークステルスブラック ハルシオンブラック ハルシオングリーン ハルシオングレー シグナルスデザートサンド シグナルスマーシュグレー ●価格:63万4700~66万6600円(’22前期は57万7500円〜) [写真タップで拡大]

クラシック350

こちらはクローム。 [写真タップで拡大]

クラシック350
クラシック350

クローム(左)とダーク(右)。 [写真タップで拡大]

クラシック350
クラシック350

ダーク(左)とハルシオン(右)。 [写真タップで拡大]

クラシック350
クラシック350

ハルシオン。 [写真タップで拡大]

クラシック350
クラシック350

シグナルズ。総カラーバリエーションはレッド/ブロンズ/グレー/マットブラック/ブラック/グリーン/ブルーグレー/ブラウン/マットグレーの9色展開。 [写真タップで拡大]



’22 クラシック350シングルチャンネルABS[海外仕様]

クラシック350シングルチャンネルABS

【’22 ROYAL ENFIELD CLASSIC 350 SINGLE CHANNEL ABS】■空冷4ストローク単気筒 349cc 20.2ps/6100rpm 2.75kg-m/4000rpm ■195kg ■ブルートゥース ●色:レディッチレッド レディッチグリーン レディッチグレー ※諸元は海外仕様 [写真タップで拡大]

クラシック350シングルチャンネルABS
クラシック350シングルチャンネルABS

カラーバリエーションはレッド/グリーン/グレーの3色展開。 [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。





新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース