ロイヤルエンフィールドINT650シリーズ [新型バイクカタログ]:シックな英国風ロードスター

INT650シリーズ

INT650シリーズ 概要

ユーロ5適合の270度クランク空冷パラレルツインを積む正統派のレトロネイキッド。モチーフは’60代に米国で人気を博したインターセプターで、ティアドロップタンクやダイヤ柄シートを採用。アップハンドルと前後18インチの自然な走りが光る。

’21ではユーロ5に適合し、ニューカラーも登場。’22は120周年記念モデルが登場。メタリックな専用色とブラックアウトした各部を持ち、メーターバイザー、精緻な専用ロゴを奢る。

’22 INT650 120イヤーズエディション

INT650 120イヤーズエディション

【’22 ROYAL ENFIELD INT650 120 YEARS EDITION】■空冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 648cc 47.7ps/7150rpm 5.3kg-m/5250rpm ■202kg(半乾燥) シート高804mm 13.7L ■タイヤサイズF=100/90-18 R=130/70-18 ●色:ブラッククローム ※諸元は海外仕様 [写真タップで拡大]

’21 INT650スタンダード

'21 ロイヤルエンフィールド INT 650 スタンダード

【’21 ROYAL ENFIELD INT650 STANDARD】■空冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 648cc 47.7ps/7150rpm 5.3kg-m/5250rpm ■車重202kg シート高804mm 13.7L ■タイヤサイズF=100/90-18 R=130/70-18 ●色:キャニオンレッド ベンチュラストーム オレンジクラッシュ ●価格:85万2500円 [写真タップで拡大]

'21 ロイヤルエンフィールド INT 650 スタンダード
'21 ロイヤルエンフィールド INT 650 スタンダード

カラーバリエーションはレッド/ブルー/オレンジの3色展開。 [写真タップで拡大]

’21 INT650カスタム

'21 ロイヤルエンフィールド INT650カスタム

【’21 ROYAL ENFIELD INT650 CUSTOM】●色:サンセットストライプ ダウンタウンドラッグ ベイカーエクスプレス ●価格87万1200円 [写真タップで拡大]

'21 ロイヤルエンフィールド INT650カスタム
'21 ロイヤルエンフィールド INT650カスタム

カラーバリエーションはブラック×レッド/ブラック×シルバー/ホワイト×レッドの3色展開。 [写真タップで拡大]

’21 INT650スペシャル

'21 ロイヤルエンフィールド INT 650 スペシャル

【’21 ROYAL ENFIELD INT650 SPECIAL】●色:マーク2 ●価格:89万7600円 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ロイヤルエンフィールドに関連する記事

人生初のバイク納車は、慣らしやキルスイッチ、ハンドルロックに困惑……【with HIMALAYAN vol.4】

2021年の春に思い立ち10月に大型二輪の免許を取得したわけだが、そこから実際にバイクに乗ったのは4カ月後。公道デビューするなら自分のバイクがいい! とひたすらに納車を心待ちにし、2022年2月に念願のヒマラヤが納車! ついにミリオーレ営業・ムラタのバイクライフがスタートした。 自分ビビりですから! 新車ヒマラヤの初走行はベテラン任せ 図らずもタンデムによって見えてきた初心者ライダーの課題 タンデ […]

教習所通いを後悔した日々がYouTubeに救われるまで【with HIMALAYAN vol.3】

前回の記事ではバイクに乗りたい! 教習所に行こう! と決断に至るまでの至極個人的な歴史を20代後半~40代にかけて簡潔に振り返った次第だが、教習所に通いはじめて早々にそんな想いは打ち砕かれた。よくエンストし、よく転び、そして人知れず涙しながら登校拒否? まで頭の片隅によぎった日々をお伝えしようと思う。 4月に申し込んだ教習が6月からようやくスタート! ありがとう! YouTube「マッスルバイクち […]

待望の試乗! ロイヤルエンフィールド クラシック350【レトロとモダンの完璧な融合】

今、これほどまでにクラシックスタイルを追求するバイクメーカーは他にない。1901年に世界で初めてバイクを製造したロイヤルエンフィールドは、1970年までイギリスでバイクを製造していたが、現在はインドで存続。R&Dは今もイギリスで行っている。近年の厳しい規制に対応しつつも、空冷エンジンだけを生産し続ける稀有なメーカーだ。そんなロイヤルエンフィールドがクラシックの名前を使った新しいモデルを提案。日本に […]

“クールデビル”の走りに魅了されて、教習所へGO!【with HIMALAYAN vol.2】

バイクの免許、取ろう! と思ったことは、実は20代後半にもあった。当時は見送ったのだが、40歳で免許取得にチャレンジするにはいくつかのきっかけが重なったのも大きかった。乗ってみたいと思えるバイク・ヒマラヤに出会えたこと、そして何よりも原田哲也さんの走りを間近で見たことだ。とはいえ、私“クールデビル”時代のことを詳しく知らず、無知ゆえの無礼があったのではないかと今更ながら反省する次第。 20代後半、 […]

黒×金の硬派な存在感! ロイヤルエンフィールド120周年アニバーサリーモデル「INT 650」と「コンチネンタルGT 650」が登場

1901年に英国で誕生したロイヤルエンフィールドは、現存する世界最古のモーターサイクルブランドとして知られている。今回は創業120周年を記念して、「INT 650」と「コンチネンタルGT 650」のアニバーサリーエディションが登場。日本では限定24台のみの販売となる特別なモーターサイクルをチェック! 国内の販売は「 INT 650」が7台、「コンチネンタルGT 650」は17台 ロイヤルエンフィー […]

【ロイヤルエンフィールド】本モノの趣味性と躍動シングルへの期待が膨らむ、本格派トラディショナルスポーツ クラシック350がデビュー!

英国トラディショナル黄金期1940~1950年代の不滅のデザインと最新の感性を融合 トラディショナルなスポーツバイクといえば、英国がお家芸なのはご存知の通り。ロンドンの黒いタクシーキャブや、赤い二階建てバスの街並みカルチャーの環境で育まれた感性に、ファッションをはじめお気に入りの個性を感じる人は多いはず。 その英国で1901年創業の最古のオートバイメーカーといえば、ロイヤルエンフィールド。現在は研 […]

ヒマラヤに乗りたくて教習所の門を叩いた、2021春【with HIMALAYAN vol.1】

2022年春、 バイクに乗っている自分に少し感動している。1年前には想像できなかったバイクのある生活が、いま現実となっている。思い返せば2021年4月、春うららかな陽気に心躍らせながら教習所へ申し込みに行ったのだ。その当時ちょうど40歳、ミリオーレ営業・ムラタのバイクへの挑戦は、現実的な免許取得から始まった。 ロイヤルエンフィールド「ヒマラヤ」、お前はなぜ411ccなのか? ところで、皆さんはロイ […]

ロイヤルエンフィールド新型バイク総まとめ【’22は英国の薫り漂う真正レトロ、クラシック350が目玉】

クラシカルな雰囲気を味わえる伝統ブランド 創業は1891年、実業家ボブ・ウォーカーとアルバート・エディによりスタート。現存するバイクブランドの中でもかなりの歴史を持つのが、ロイヤルエンフィールド(ROYAL ENFIELD)。イギリスで誕生し、現在はインド資本下。インド国内でも高い人気を誇るブランドだ。 真のレトロを味わえるブランドであり、なんと基本設計は’50年代のままという本物ビン […]

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース