ロイヤルエンフィールドINT650シリーズ [新型バイクカタログ]:シックな英国風ロードスター

INT650シリーズ

※情報更新日:2022年8月30日

INT650シリーズ 概要

ユーロ5適合の270度クランク空冷パラレルツインを積む正統派のレトロネイキッド。モチーフは’60代に米国で人気を博したインターセプターで、ティアドロップタンクやダイヤ柄シートを採用。アップハンドルと前後18インチの自然な走りが光る。

’21ではユーロ5に適合し、ニューカラーも登場。’22では120周年記念モデルが登場。メタリックな専用色とブラックアウトした各部を持ち、メーターバイザー、精緻な専用ロゴを奢るスペシャルモデルですでに完売。通常の国内向けモデルについては’22後期で価格のみを変更。

’22 INT650 120イヤーズエディション

INT650 120イヤーズエディション

【’22 ROYAL ENFIELD INT650 120 YEARS EDITION】■空冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 648cc 47.7ps/7150rpm 5.33kg-m/5250rpm ■車重217kg シート高804mm 13.7L ■タイヤサイズF=100/90-18 R=130/70-18 ●色:ブラッククローム ●価格:112万8600円(完売) [写真タップで拡大]

’22 INT650スタンダード

ロイヤルエンフィールド INT 650 スタンダード

【’22 ROYAL ENFIELD INT650 STANDARD】■空冷4ストローク並列2気筒SOHC4バルブ 648cc 47.7ps/7150rpm 5.33kg-m/5150rpm ■車重217kg シート高805mm 13.7L ■タイヤサイズF=100/90-18 R=130/70-18 ●色:キャニオンレッド ベンチュラストーム オレンジクラッシュ ●価格:94万7100円(’21は85万2500円) [写真タップで拡大]

ロイヤルエンフィールド INT 650 スタンダード
ロイヤルエンフィールド INT 650 スタンダード

カラーバリエーションはレッド/ブルー/オレンジの3色展開。 [写真タップで拡大]

’22 INT650カスタム

ロイヤルエンフィールド INT650カスタム

【’22 ROYAL ENFIELD INT650 CUSTOM】●色:サンセットストライプ ダウンタウンドラッグ ベイカーエクスプレス ●価格:96万8000円(’21は87万1200円) [写真タップで拡大]

ロイヤルエンフィールド INT650カスタム
ロイヤルエンフィールド INT650カスタム

カラーバリエーションはブラック×レッド/ブラック×シルバー/ホワイト×レッドの3色展開。 [写真タップで拡大]

’22 INT650スペシャル

'22 ロイヤルエンフィールド INT 650 スペシャル

【’22 ROYAL ENFIELD INT650 SPECIAL】●色:マーク2 ●価格:99万8800円(’21は89万7600円) [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ロイヤルエンフィールドに関連する記事

Moto Himalaya 2022:Day01-02 高山病予防の休息日、とにかくヒマラヤだらけの街で過ごすの巻【with HIMALAYAN vol.11】

40歳でバイクに乗りたいと思い立ち、普通二輪&大型二輪の免許を取得。2022年2月に人生初バイク・ヒマラヤを購入したと同時にバイクライフが本格的にスタートしたミリオーレ営業・ムラタ。「いつかヒマラヤでヒマラヤを走れたらおもしろいですよね〜」と常々冗談のように話していたのだが、その夢が思いがけず早々にかなったのだった! まさに夢の日々を振り返ります。 Day 01:標高3500mの街、レーに […]

【人生において忘れられない旅に。地球って凄い! ヒマラヤって凄い!】バイクでヒマラヤに登る!Vol.3(最終回)「DAY8〜10」

人は朝日と共に目覚め、行動し、日が暮れたら休む。これが本来の生きるリズムなのだと思う。大自然の中にいるとそんな本能が自然と蘇ってくるような気がした。そして、高地は身体にとって過酷なはずなのだが、それにも着実に順応しつつあり、人間の底力みたいなものを感じさせられた。「モト・ヒマラヤ2022」は過酷な旅だが最終日が近づくにつれ、安堵よりも寂しさが勝るようになってきていた。いつか戻ってきたい! そんな気 […]

【標高5000mの山々を何度も越え、何本もの川を渡り、宿泊は標高4350m】バイクでヒマラヤに登る!Vol.2「DAY5〜7」

見たこともない景色を見ると、人の思考はいったん停止してしまうのかもしれない、と思った。きっとヘルメットの中で僕は口をポカンと開け、途方に暮れていたのだと思う。見渡す限り山々が広がり、空が広がり、ここは地図に載っているんだろうか? という道をひたすら走っていく。何キロも景色が変わらないかと思えば、刻一刻と山々の色が変わったりもする。走るほどにヒマラヤという聖なる山に魅せられていく。 標高5000mで […]

ロイヤルエンフィールド[’22後期新型バイクカタログ]:快進撃続く老舗ブランド! ネオクラ系にさらなる新作も

イギリス生まれ、インドで発展を続ける伝統ブランド 同社の始まりは1891年、実業家ボブ・ウォーカーとアルバート・エディが針や自転車製造をしていたタウンゼンド社を購入したことから。1901年には最初のバイクを生み出すなど、現存するブランドの中でもかなりの歴史を持つのがロイヤルエンフィールド(ROYAL ENFIELD)。イギリスで誕生し、現在はインド資本下となる。インド国内でも高い人気を誇るブランド […]

ロイヤルエンフィールド ハンター350 メトロハンター/レトロハンター[新型バイクカタログ]:シンプルスタイルの350シリーズ第3弾

ハンター350シリーズ 概要 ’22年8月に、本国インドで発表されたスタンダードスタイルの単気筒モデル。クルーザー系のメテオ250、伝統スタイルのクラシック350に続く新作350シリーズの第3弾だ。 日本国内にも’23年から導入されることが決定。キャストホイールを採用したメトロハンターがラインナップされる予定で、スポークタイプのレトロハンターは導入見送りの模様。 &#821 […]

ロイヤルエンフィールド新型車「ハンター350」 日本では2023年に発売! GB350キラーになる?

ロイヤルエンフィールドは、2022年8月7日に世界初公開した新型車「ハンター350(Hunter 350)」について、日本でも2023年に発売することを発表した。メテオ350、クラシック350に続く“Jシリーズ”の最新作だ。 ブリティッシュスタイルの伝統と新時代を独自に融合 ロイヤルエンフィールドは、2022年8月7日にインド本国で新型モデル「ハンター350」を発表。これに続き8月31日には、20 […]

ロイヤルエンフィールド スクラム411[新型バイクカタログ]:ポップさが光るスクランブラー

スクラム411 概要 ヒマラヤをベースに持つ新作SUV。フロントを21→19インチ化してオンロード適性をアップしたほか、ストリートに映えるカラフルな車体色も魅力的だ。ヘッドライトはフレームマウントのヒマラヤからハンドルマウントとし、スクリーンレスとすることで軽快なスタイルも実現している。インド価格ではヒマラヤより2割近く安く、低価格も期待! ’22 スクラム411

【いざ、インドへ! 標高5000 mを走破する旅に参加】バイクでヒマラヤを登る!Vol.1「モト・ヒマラヤ2022 Day1〜4」

2022年の頭に、先のことを考えずに会社員を辞めた……。多くの方々に迷惑をかけてしまったけれど、人生の転機だと思うことにして、色々なことに挑戦しようと思った。そのひとつが、ロイヤルエンフィールドでヒマラヤを走るツアー『MOTO HIMALAYA 2022』に参加することだ。というわけで2年半ぶりの海外はインド! ただし、バイクに試乗する前から波乱の連続……。このツアー、一筋縄ではいかなさそうだ。 […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

WEBヤングマシン|新車バイクニュース