新型ヤマハYZF-R7 vsライバル徹底比較#2 ライディングポジション/主要装備編〈RS660/CBR650R/ニンジャ650〉

新型ヤマハYZF-R7 vsライバル徹底比較

’22年2月、いよいよ発売されたヤマハ入魂の新生「YZF-R7」。MT-07をベースとしたミドルクラスの並列2気筒フルカウルスーパースポーツは、普通二輪免許クラスからのステップアップに最適というだけでなく、かつてレーサーレプリカに熱狂した世代に刺さるモデルとしても注目を集めている。本特集では、同じ排気量帯に属するライバルメーカーのフルカウルスポーツモデル×3台(アプリリアRS660/ホンダCBR650R/カワサキ ニンジャ650)を連れ出して、それぞれの車種が持つ特徴やYZF-R7との違いについて徹底検証&極寒のストリートテストを敢行した。本記事ではスペック比較として、ライディングポジションと主要装備を見比べよう。

●まとめ:ヤングマシン編集部(田宮徹) ●写真:長谷川徹 真弓悟史 ●外部リンク:ヤマハ アプリリア ホンダ カワサキ

ライディングポジション

’22 ヤマハYZF-R7:超戦闘的な王道のSS系ポジション

シート高はかなりあるが、足つき性を高める配慮がされていて、両足の母趾球まではしっかり接地。ハンドルは低めで、かなりの前傾姿勢となる。正統派のスーパースポーツといったライディングポジションだが、シートとハンドルの位置が遠すぎないので、それほど窮屈感はない。ステップも高めにセット。

ヤマハ YZF-R7|ライディングポジション

[身長168cm/体重61kg 以下同] [写真タップで拡大]

ヤマハ YZF-R7|ライディングポジション
ヤマハ YZF-R7|ライディングポジション

[写真タップで拡大]

ヤマハ YZF-R7|ライディングポジション

ハンドルは低めで、さらに垂れ角と絞り角が多めに与えられている。シート高は835mmもあるが、シート前方や燃料タンクはかなり絞られていて、これにより足つき性が高められている。 [写真タップで拡大]


’22 アプリリアRS660:ストリートも配慮したハンドル設定

ハンドルはシートに対してそれなりに低い位置にあるが、垂れ角や絞り角は少なめ。全開で攻めたときにはもう少し前傾姿勢になりたいが、公道走行では意外と楽チンでもある。シートやフレームと太ももが干渉するため、両足のつま先が接地する程度の足つき性。ステップ位置は高めだ。

アプリリア RS660|ライディングポジション

[写真タップで拡大]

アプリリア RS660|ライディングポジション
アプリリア RS660|ライディングポジション

[写真タップで拡大]

アプリリア RS660|ライディングポジション

シート高は820mm。シートが幅広で硬くフレームの張り出しもあるため、足つき性は悪い。ただしこのシート、ライダーがハングオフなどの体重移動をしたときにはホールド性がいい。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR650R:スポーツツアラーらしい適度な前傾

両足のかかとがやや浮く程度の良好な足つき性。ハンドル位置が低いというよりは遠いことに由来して、それなりの前傾姿勢となるが、ハンドルの垂れ角は少なめなので、市街地走行でも疲労は少ない。ステップ位置もそれほど高くはなく、フルカウル4気筒モデルだがSSというよりはツアラー寄りだ。

ホンダ CBR650R|ライディングポジション

[写真タップで拡大]

ホンダ CBR650R|ライディングポジション
ホンダ CBR650R|ライディングポジション

[写真タップで拡大]

ホンダ CBR650R|ライディングポジション

810mmのシート高ながらシート前方がかなり絞られているため、足つき性ではRS660とはかなりの差がある。ハンドルはフロントフォークの奥側を起点とし、絞り角が多めに与えられている。 [写真タップで拡大]


カワサキ ニンジャ650:かなりアップライトでネイキッド的

シートは低くてハンドルは高め。これにより、上半身がかなり起きたアップライトなライディングポジションとなっている。ステップ位置も、シートに対して前側にある。足を着いたときにステップとふくらはぎが干渉しやすいが、それでも両足の裏が完全に接地。ルックスとはやや合わないが、とにかく楽チンだ。

カワサキ ニンジャ650|ライディングポジション

[写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャ650|ライディングポジション
カワサキ ニンジャ650|ライディングポジション

[写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャ650|ライディングポジション

トップブリッジの上側に、左右が一体化したセパハン風のハンドルを装備する。シート高は、今回の4機種ではもっとも低い790mm。しかも、ライダー側シートの前方はかなり絞られている。 [写真タップで拡大]

メーター&ライト

ヤマハYZF-R7:価格低減を図りながら新作パーツも多数導入

ヤマハ YZF-R7|メーター

新作のメーターは、ネガポジ反転表示のモノクロタイプ。バックが漆黒に見えるようこだわって設計されている。もちろん、公道での使用に欠かせない燃料計/時刻/ギヤ段数の表示機能もある。 [写真タップで拡大]

ヤマハ YZF-R7|ライト
ヤマハ YZF-R7|ライト

灯火類は当然のフルLED仕様。新気を取り込むM字ダクト内に、バイファンクション式のLEDヘッドライトを配置するのが斬新だ。その左右にLEDポジションランプもある。 [写真タップで拡大]


アプリリアRS660:ゴージャスな装備で所有満足度も高める

アプリリア RS660|メーター

カラーTFTメーターを搭載。5タイプのライディンやグモードを備え、公道用とサーキット用でメーターの表示デザインも切り替わる。オプション追加により、スマートフォンとの連携も可能な高性能型だ。 [写真タップで拡大]

アプリリア RS660|ライト
アプリリア RS660|ライト

DRL(デイタイムランニングライト)を採用。昼間はヘッドライトを囲むようなライン状のDRLのみで走れる。暗くなると自動でロービームに切り替わり、DRLは減光される。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR650R:シンプルにまとめつつルックスと機能を追求

ホンダ CBR650R|メーター

反転表示のモノクロメーターは、表示面を縁まで透明アクリルで覆うことで液晶サイズを最大化。ギヤポジションインジケーター/水温計/エンジン回転数ピークホールドなどの表示機能がある。 [写真タップで拡大]

ホンダ CBR650R|ライト
ホンダ CBR650R|ライト

こちらも灯火類はフルLED仕様。ヘッドランプはデュアルタイプとしてCBRシリーズの血統を感じさせるフェイスに。テールランプはコンパクトにまとめてある。 [写真タップで拡大]


カワサキ ニンジャ650:車両本体価格は低いがカラーメーターを採用

カワサキ ニンジャ650|メーター

4.3インチのTFTカラー液晶ディスプレイを採用。背景色は白または黒から選べる。平均速度やアワーメーターや電圧計など、表示項目はかなり多彩。さらにスマートフォンとの接続機能も標準装備する。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャ650|ライト
カワサキ ニンジャ650|ライト

シャープなツインLEDヘッドライトは、左右それぞれにロービームとハイビームとポジションランプを内蔵。LEDテールランプはX字状に点灯して、高い被視認性を誇る。 [写真タップで拡大]

ユーティリティ

ヤマハYZF-R7:本格的デザインを優先

ヤマハ YZF-R7|ユーティリティ
ヤマハ YZF-R7|ユーティリティ

[写真タップで拡大]

ヤマハ YZF-R7|ユーティリティ

テールカウル左右にダクトが設けられた、スーパースポーツのトレンドデザインを用いているため、タンデムシート下の収納スペースはかなり小さい。便利なヘルメットホルダーは標準装備される。 [写真タップで拡大]


アプリリアRS660:意外と利便性は高め!

アプリリア RS660|ユーティリティ
アプリリア RS660|ユーティリティ

[写真タップで拡大]

アプリリア RS660|ユーティリティ

ライダー側シートの下には、スーパースポーツとしては比較的大きめな小物入れがある。タンデムシートを取り外すと、コードロープなどを掛けるのに活用できる小さなホールが出現するのも嬉しい。※試乗車はアクセサリーのシングルシートカバーを装着。 [写真タップで拡大]

ホンダCBR650R:ツアラー要素も感じる

ホンダ CBR650R|ユーティリティ
ホンダ CBR650R|ユーティリティ

[写真タップで拡大]

ホンダ CBR650R|ユーティリティ

ETC車載器はオプション扱いだが、シート下収納部にはやや余裕があり、問題なく収まりそうだ。車載工具もそれなりに充実。タンデムステップが荷掛けフックとして使いやすい位置にある。環状バンドもあり。 [写真タップで拡大]


カワサキ ニンジャ650:ETC2.0車載器を装備

カワサキ ニンジャ650|ユーティリティ
カワサキ ニンジャ650|ユーティリティ

[写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャ650|ユーティリティ

車両価格は抑えられているが、ETC2.0車載器を標準装備していて、タンデムシート下に本体が収められている。ヘルメットホルダーもあり、タンデムステップはコードロープが掛けやすい構造だ。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

ヤマハ YZF-R7の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ヤマハ YZF-R7

ヤマハ YZF-R7

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 14価格種別 中古車 0

本体

99.99万円

価格帯 99.99万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

7.87万円

価格帯 6.21~10.1万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

107.86万円

価格帯 106.2~110.09万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

アプリリア RS 660の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

アプリリア RS 660

アプリリア RS 660

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 27価格種別 中古車 1

本体

143.98万円

価格帯 139.7~154.7万円

本体価格

本体

129.8万円

価格帯 129.8万円

諸費用

14.04万円

価格帯 10.5~16.05万円

諸費用

諸費用

7.14万円

価格帯 7.14万円

乗り出し価格

158.02万円

価格帯 150.2~170.75万円

乗り出し価格

乗り出し価格

136.94万円

価格帯 136.94万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

ホンダ CBR650Rの価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ CBR650R

ホンダ CBR650R

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 10価格種別 中古車 10

本体

108.36万円

価格帯 107.74~109.39万円

本体価格

本体

96.69万円

価格帯 83.6~109.8万円

諸費用

10.96万円

価格帯 8.41~12.34万円

諸費用

諸費用

5.57万円

価格帯 6.93~9.83万円

乗り出し価格

119.32万円

価格帯 116.15~121.73万円

乗り出し価格

乗り出し価格

102.26万円

価格帯 90.53~119.63万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す

カワサキ ニンジャ 650の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

カワサキ ニンジャ 650

カワサキ ニンジャ 650

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 16価格種別 中古車 30

本体

93.47万円

価格帯 91.79~94.6万円

本体価格

本体

71.8万円

価格帯 51.8~87.9万円

諸費用

11.53万円

価格帯 8.44~11.94万円

諸費用

諸費用

9.7万円

価格帯 7.93~10.22万円

乗り出し価格

105.01万円

価格帯 100.23~106.54万円

乗り出し価格

乗り出し価格

81.51万円

価格帯 59.73~98.12万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
ホームうぉぉ~楽しそう!! ビジネスバイクの頂上決定戦「CUB-CUP日本GP」8月に富士スピードウェイで開催
WEBヤングマシン|新車バイクニュース