カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R [’22後期 新型バイクカタログ]:国内向け新車は店頭在庫のみ

カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年8月9日

カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R 概要

スーパーチャージャーを搭載し、公道版のカーボンで231ps、クローズドコース専用のRでは310psを発揮する超モンスタースーパースポーツ。どちらも’21モデルでメーカー出荷は完了しており、店頭在庫のみが購入可能。次年度以降の国内導入予定はないとされている。将来のお宝化は確実だ。

’21 カワサキ ニンジャH2カーボン

主要諸元

カワサキ ニンジャH2カーボン

【’21 KAWASAKI Ninja H2 CARBON】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ+スーパーチャージャー 998cc 231ps/11500rpm 14.4kg-m/11000rpm ■車重238kg シート高825mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■ブルートゥース ●色:ミラーコートマットスパークブラック×キャンディフラットブレイズドグリーン ●価格:363万円 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャH2カーボン
カワサキ ニンジャH2カーボン|ハイリーデュラブルペイント

写真右のグレー部分にハイリーデュラブルペイントを採用。小さな傷であれば自己修復してしまうという。 [写真タップで拡大]

エンジン

カワサキ ニンジャH2カーボン|エンジン
カワサキ ニンジャH2カーボン|エンジン出力

完全自社製のスーパーチャージドエンジン。超精密削り出し製法で製作したインペラを組み込んで燃焼効率を高め、インタークーラーなしにも関わらず231psという他を圧倒する馬力を達成した。 出力上昇は圧巻の一言だ。 [写真タップで拡大]

足まわり

カワサキ ニンジャH2カーボン|フロント周辺

フロントにはKYB AOS-IIレーシングサスペンションを採用。キャリパーはブレンボ製ストリート用モノブロックの最上級モデル・Stylemaだ。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャH2カーボン|リヤ周辺

片持ちスイングアームにオーリンズ社製TTX36リヤサスペンションを組み合わせる。タイヤはブリヂストン製のR11だ。 [写真タップで拡大]

主要装備

カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R|コックピット

超ド級コックピット】アナログ式タコメーターに4画面切替のフルカラーTFT液晶を組み合わせ。スマホとの接続機能も備えている。 [写真タップで拡大]

’21 カワサキ ニンジャH2R

クローズドコース専用のRは、エンジンスペックだけでなくミラーの部分がウイングレットになっているなど、速さをとことん追求。

カワサキ ニンジャH2R

【’21 KAWASAKI Ninja H2R】公道走行不可の代わりに310psの本気を味わえるのがH2R。わずか8秒で300km/hに到達する。■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ+スーパーチャージャー 998cc ■310ps/14000rpm 16.8kg-m/12500rpm ■車重216kg シート高835mm 17L ■タイヤサイズF=120/600R17 R=190/650R17 ●色:ミラーコートマットスパークブラック ●価格:605万円 ※公道走行不可 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

カワサキ ニンジャH2カーボン/H2Rに関連する記事

ついにバイク用の水素エンジンが登場! カワサキがニンジャH2ベースの水素エンジン搭載4輪バギーのデモ走行を実施

カワサキモータースは、9/3にモビリティリゾートもてぎで開催された4輪レース・スーパー耐久シリーズ第5戦の会場で、バイク用水素エンジンを搭載した研究用オフロード4輪車のデモ走行を行った。以前からトヨタ自動車の働きかけに応じて水素エンジンの研究に取り組んでいるカワサキだが、その成果を見せたのは今回が初めてのこととなる。 4社タッグの“オールジャパン”水素エンジンの可能性も!? このエンジンはニンジャ […]

新旧『トップガン』に登場の新旧カワサキ ニンジャ、36年分の進化とは?「出力は115馬力から242馬力に!」

トム・クルーズが乗った2台のニンジャ「GPZ900R & H2」 1986年公開の大ヒット映画『トップガン』から36年、続編『トップガン・マーヴェリック』が上映され話題を集めている。バイクファンも熱い視線を送る作品だが、理由は前作で主人公マーヴェリック(トム・クルーズ演じるアメリカ海軍のパイロット)が基地でかっ飛ばしたGPZ900R(ニンジャ)が新作でも登場するニクい演出があるからだ。 ち […]

カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R [’22後期 新型バイクカタログ]:国内向け新車は店頭在庫のみ

カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R 概要 スーパーチャージャーを搭載し、公道版のカーボンで231ps、クローズドコース専用のRでは310psを発揮する超モンスタースーパースポーツ。どちらも’21モデルでメーカー出荷は完了しており、店頭在庫のみが購入可能。次年度以降の国内導入予定はないとされている。将来のお宝化は確実だ。 ’21 カワサキ ニンジャH2カーボン 主要諸元 エンジン 足 […]

トム・クルーズ主演映画『トップガン マーヴェリック』に新旧カワサキ『Ninja』が登場! 5月27日、日米同時公開

1986年に公開され、全米で最大動員数を記録した前作『トップガン』は、カワサキGPZ900Rも魅力的に描かれるなど、戦闘機を中心とした物語ながらバイクファンの記憶にも強く残った1作だ。2022年5月27日、36年ぶりの続編となる最新作『トップガン マーヴェリック』が公開される。 MA-1やレイバン・サングラス、そしてカワサキの“ニンジャ”ことGPZ900Rのブームを巻き起こした前作 アメリカ海軍パ […]

川崎重工業グループの総力、スーパーチャージドエンジンはカワサキだけの特権!

スーパーチャージドエンジンを搭載して2015年に登場したNinja H2&H2 R。それからスーパーチャージドエンジン搭載モデルは、スポーツツアラー、ネイキッドへラインナップを拡大。ここでは改めてデビュー当時の衝撃を振り返ってみよう! 退屈なんて言わせない。これがカワサキだ! これがいちばん凄いニンジャだ! 2015年に登場したNinja H2とレーサーのH2R。スーパーチャージャーを搭載したエン […]

名車Z1からニンジャZX-25Rまで! 独自路線を突き進むカワサキの強さとは?

カワサキには他の国産メーカーにはない芯の強さがある。だからこそ往年の名車たちは他のメーカーよりも元気に走り続けているのだろう。近年のNinja H2やZ900RS、Ninja ZX-25Rも他メーカーにはないオリジナリティに溢れている。 カワサキだけ違って見えるんだけど…… 以前、ある欧州のメーカーの開発者に聞かれたことがある。 「日本車の中でもカワサキだけはちょっと違って見えるんだ。日本人はどう […]

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型スーパースポーツ1000ccクラス〉

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型スーパースポーツ 最新潮流解説 1000ccクラス:カワサキ ニンジャZX-10R/RR|ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|ヤマハYZF-R1/R1M|スズキGSX-R1000R|カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R 600ccクラス:カワサキZX-6R/KRTエディション|ホンダCBR600RR|ヤマハYZF-R6レースベース車 […]

2021新車バイクラインナップ〈大型スーパースポーツクラス|日本車最新潮流解説〉

純粋にバイクが持つ速さを追い求め、最先端の技術や装備が惜しみなく注ぎ込まれている、文字通り最強/最速のカテゴリー=スーパースポーツ。’20年はホンダが超絶パワーの新型CBR1000RR-Rファイアーブレードを投入して話題になったが、’21年はこれに対抗すべくレース最速のカワサキ ニンジャZX-10Rがさらに牙を研いだ。 大型スーパースポーツ:レース性能を重視し、よりエッジィ […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース