エンジンは自然吸気908ccから過給機付き998ccに|モーサイ

新旧『トップガン』に登場の新旧カワサキ ニンジャ、36年分の進化とは?「出力は115馬力から242馬力に!」

●レポート阪本一史 ●写真:カワサキ●編集:モーサイ編集部(上野茂岐)

トム・クルーズが乗った2台のニンジャ「GPZ900R & H2」

1986年公開の大ヒット映画『トップガン』から36年、続編『トップガン・マーヴェリック』が上映され話題を集めている。バイクファンも熱い視線を送る作品だが、理由は前作で主人公マーヴェリック(トム・クルーズ演じるアメリカ海軍のパイロット)が基地でかっ飛ばしたGPZ900R(ニンジャ)が新作でも登場するニクい演出があるからだ。

ちなみに、1984年デビューのカワサキ製フラッグシップモデルの同車は、北米向けにNINJAの名称が付けられた初のモデル。以降もその流れは継承され、今に至る。

そして『トップガン・マーヴェリック』にも再び「カワサキ ニンジャ」が登場する。

ガレージに収められているかつての愛車・GPZ900R。それだけでなく、滑走路を最新スーパーバイク・ニンジャH2カーボンで疾走していくのだ(*)。USカワサキはこの作品のためにレストアを施したGPZ900Rを2台と、ニンジャH2カーボンを4台提供し、1986年当時と2022年時点でのカワサキの最強モデルが映画に花を添えた訳だが、さてその36年の間にバイクはどれほど進化したのだろう。

では、カワサキの新旧ニンジャの性能差はどれくらいあるのか、スペックを見比べてみよう。


※本記事は“モーサイ”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース