常識外れのヤツらが大集合

ブッ飛び歴代モンスターマシン×5選【常識外れの超弩級排気量/馬力/トルク】

  • 2020/10/14
ベストテン特集〈番外編〉【魔界へようこそ ブッ飛び歴代モンスター】

本特集において、’20ストリートモデルの馬力/トルク/排気量ランキングをお届けしたが、本記事はその番外編として、バイク史に名を刻んだ古今東西のモンスターマシンを召喚! クルマのV8やらヘリ用タービンやら常識外れのヤツらを集めた。

ダッジ トマホーク[8300cc/507ps/72.6kg-m]オブジェじゃない! 公道も走れるV10野郎

アメ車を代表するダッジ・バイパーの8300ccV10を近未来オブジェ風の車体に搭載した異形マシン。’03年のショーでコンセプト車として発表され、実際に限定10台が市販化された。実はタイヤが4本あり自立可能。ステアリングもクルマと同様で、バイクと呼べるかビミョーだが、とにかく衝撃的なスペックとカタチだ。

ダッジ トマホーク

DODGE TOMAHAWK [写真タップで拡大]

ダッジ トマホーク

米国では公道走行も可能。車重675kgで、最高速は公称480km/hとか! オジサン、そんな軽装で大丈夫? [写真タップで拡大]

MTT 402RR[426ps/76kg-m]大気を切り裂くガスタービンEG!

MTTは航空機用ガスタービンエンジンを搭載したボートなどを製造する米国のメーカーで、バイクもリリース。最新の402RRは、ロールスロイス製のヘリ用ガスタービンを搭載し、5万2000rpmの超絶高回転で425.8psを発生する。米国ではナンバーを取得できるが、日本では公道走行NGだ。

MTT 402RR

MTT 402RR [写真タップで拡大]

MTT 402RR

ターボシャフト+オートマ2速仕様で426ps&76kg-mを発生。最高速は車名の通り402km/h超だ。’19年まで不定期に26台が限定生産されている。 [写真タップで拡大]

ボスホス ビッグブロック2スピード[8200cc/502ps/78.2kg-m]巨体でライダーが見えません!

アメ車のエンジンを積んだ怪物バイクで知られる、米国のボスホス。’00年に登場した旗艦「ビッグブロック」は、8200ccを誇るシボレー製V8のZZ502エンジンにより、ロケット3R×3台分の78.2kg-mを叩き出す。この数字は歴代の怪物の中でも最強クラス! 車重は599kgだ。

ボスホス ビッグブロック2スピード

BOSS HOSS BIG BLOCK 2SPEED [写真タップで拡大]

ボスホス ビッグブロック2スピード

ビッグブロックは既に生産終了。走行写真は5730ccのZZ4スーパースポーツだ。回転上昇は穏やかなのに昇天する勢いで速度が! 本誌実測ゼロヨンは12.064秒。 [写真タップで拡大]

カノン ビッグカノン[8200cc/502ps]フルオートマのメガバズーカ!

米国メーカーが放った巨艦で、オリジナルの車体にボスホスと同様のシボレー製8200cc水冷V8を搭載。オートマ2速のボスホスに対し、自社特許のフルオートマ仕様となる。’00年代に少数が生産され、日本法人も存在した。他にもフォード製5000cc/5800cc仕様などもアリ。

カノン ビッグカノン

KANNON BIG KANNON [写真タップで拡大]

カノン ビッグカノン

全長はビッグブロックの2700mmよりロングな2850mm! 軸距は2032mmだ。ハンドルも長~い! [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャH2R[326ps]公道NGながら、今買える伝説!

当記事の怪物軍団は、他の乗り物からエンジンを流用するが、H2Rは2輪専用ユニットを搭載し、現在でも新車で買えるのがミソ。ハイカムや圧縮比変更などでH2の潜在能力を解き放ち、326psを絞り出す。クローズドコース専用車。

カワサキ Ninja H2R

KAWASAKI Ninja H2R [写真タップで拡大]

車両別シリーズアーカイブ:カワサキ Ninja H2シリーズ


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2