カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R[新型バイクカタログ]:’21で終了のスーパーチャージドモンスター

カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R[新型バイクカタログ]

[写真タップで拡大]

ニンジャH2カーボン/H2R 概要

スーパーチャージャーを搭載し、公道仕様のH2カーボンで231ps、クローズドコース専用のRではなんと310psを発揮する究極のカワサキモンスター。

’19でフルカラーメーターや馬力アップの変更を受けた。その開発には川崎重工業グループの総力を結集し、スーパーチャージャ本体にはガスタービン部門、エアロボディには航空宇宙カンパニーの技術が活かされている。

残念ながら’22モデルの生産はないとの正式アナウンスがなされた。

’21 ニンジャH2カーボン

カワサキ ニンジャH2カーボン

【’21 KAWASAKI Ninja H2 CARBON】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ+スーパーチャージャー 998cc 231ps/11500rpm 14.4kg-m/11000rpm ■車重238kg シート高825mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■ブルートゥース ●色:ミラーコートマットスパークブラック×キャンディフラットブレイズドグリーン ●価格:363万円 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャH2カーボン
カワサキ ニンジャH2カーボン|ハイリーデュラブルペイント

写真右のグレー部分にハイリーデュラブルペイントを採用。小さな傷であれば自己修復してしまうという。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャH2カーボン|エンジン
カワサキ ニンジャH2カーボン|エンジン出力

完全自社製のスーパーチャージドエンジン。超精密削り出し製法で製作したインペラを組み込んで燃焼効率を高め、インタークーラーなしにも関わらず231psという他を圧倒する馬力を達成した。 出力上昇は圧巻の一言だ。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャH2カーボン|フロント周辺

フロントにはKYB AOS-IIレーシングサスペンションを採用。キャリパーはブレンボ製ストリート用モノブロックの最上級モデル「Stylema」だ。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャH2カーボン|リヤ周辺

片持ちスイングアームにオーリンズ社製TTX36リヤサスペンションを組み合わせる。タイヤはブリヂストン製のR11だ。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R|コックピット

超ド級コックピット】アナログ式タコメーターに4画面切替のフルカラーTFT液晶を組み合わせ。スマホとの接続機能も備えている。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R|イメージ

灯火類には全てLEDが採用されている。二輪車ETC2.0車載キットも標準装備されていた。 [写真タップで拡大]

’21 ニンジャH2R

カワサキ ニンジャH2R

【’21 KAWASAKI Ninja H2R】公道走行不可の代わりに310psの本気を味わえるのがH2R。わずか8秒で300km/hに到達する。■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ+スーパーチャージャー 998cc ■310ps/14000rpm 16.8kg-m/12500rpm ■車重216kg シート高835mm 17L ■タイヤサイズF=120/600R17 R=190/650R17 ●色:ミラーコートマットスパークブラック ●価格:605万円 ※公道走行不可 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ニンジャH2カーボン/H2Rに関連する記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース