カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R[新型バイクカタログ]【’21で終了のスーパーチャージドモンスター】

ニンジャH2カーボン/H2R 概要

スーパーチャージャーを搭載し、公道仕様のH2カーボンで231ps、クローズドコース専用のRではなんと310psを発揮する究極のカワサキモンスター。

’19でフルカラーメーターや馬力アップの変更を受けた。その開発には川崎重工業グループの総力を結集し、スーパーチャージャ本体にはガスタービン部門、エアロボディには航空宇宙カンパニーの技術が活かされている。

残念ながら’22モデルの生産はないとの正式アナウンスがなされた。

’21 ニンジャH2カーボン

カワサキ ニンジャH2カーボン

【’21 KAWASAKI Ninja H2 CARBON】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ+スーパーチャージャー 998cc 231ps/11500rpm 14.4kg-m/11000rpm ■車重238kg シート高825mm 17L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/55ZR17 ■ブルートゥース ●色:ミラーコートマットスパークブラック×キャンディフラットブレイズドグリーン ●価格:363万円 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R|コックピット
[写真タップで拡大]

超ド級コックピット】アナログ式タコメーターに4画面切替のフルカラーTFT液晶を組み合わせ。スマホとの接続機能も備えている。

’21 ニンジャH2R

カワサキ ニンジャH2R

【’21 KAWASAKI Ninja H2R】公道走行不可の代わりに310psの本気を味わえるのがH2R。わずか8秒で300km/hに到達する。■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ+スーパーチャージャー 998cc ■310ps/14000rpm 16.8kg-m/12500rpm ■車重216kg シート高835mm 17L ■タイヤサイズF=120/600R17 R=190/650R17 ●色:ミラーコートマットスパークブラック ●価格:605万円 ※公道走行不可 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ニンジャH2カーボン/H2Rに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車大型スーパースポーツクラス【軽量ツインYZF-R7が一石を投じる!】

レースで勝つことより、純粋に走りを極めることを目的に誕生したこのスーパースポーツクラス。しかし、時代の流れととともにやはり勝利が至上命題となり、先鋭化した戦場となってしまった。’21年はそんな流れに一石を投じるヤマハYZF-R7が登場。新潮流が生まれるか? スペック&価格の先鋭化に対し、新生R7が一矢を報いる! かつては日本車の独断場であったが、外国車勢の巻き返しもあり、世界中のメーカ […]

川崎重工業グループの総力、スーパーチャージドエンジンはカワサキだけの特権!

スーパーチャージドエンジンを搭載して2015年に登場したNinja H2&H2 R。それからスーパーチャージドエンジン搭載モデルは、スポーツツアラー、ネイキッドへラインナップを拡大。ここでは改めてデビュー当時の衝撃を振り返ってみよう! 退屈なんて言わせない。これがカワサキだ! これがいちばん凄いニンジャだ! 2015年に登場したNinja H2とレーサーのH2R。スーパーチャージャーを搭載したエン […]

名車Z1からニンジャZX-25Rまで! 独自路線を突き進むカワサキの強さとは?

カワサキには他の国産メーカーにはない芯の強さがある。だからこそ往年の名車たちは他のメーカーよりも元気に走り続けているのだろう。近年のNinja H2やZ900RS、Ninja ZX-25Rも他メーカーにはないオリジナリティに溢れている。 カワサキだけ違って見えるんだけど…… 以前、ある欧州のメーカーの開発者に聞かれたことがある。 「日本車の中でもカワサキだけはちょっと違って見えるんだ。日本人はどう […]

2021新車バイクラインナップ〈日本車大型スーパースポーツ1000ccクラス〉

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型スーパースポーツ 最新潮流解説 1000ccクラス:カワサキ ニンジャZX-10R/RR|ホンダCBR1000RR-Rファイアーブレード/SP|ヤマハYZF-R1/R1M|スズキGSX-R1000R|カワサキ ニンジャH2カーボン/H2R 600ccクラス:カワサキZX-6R/KRTエディション|ホンダCBR600RR|ヤマハYZF-R6レースベース車 […]

2021新車バイクラインナップ〈大型スーパースポーツクラス|日本車最新潮流解説〉

純粋にバイクが持つ速さを追い求め、最先端の技術や装備が惜しみなく注ぎ込まれている、文字通り最強/最速のカテゴリー=スーパースポーツ。’20年はホンダが超絶パワーの新型CBR1000RR-Rファイアーブレードを投入して話題になったが、’21年はこれに対抗すべくレース最速のカワサキ ニンジャZX-10Rがさらに牙を研いだ。 大型スーパースポーツ:レース性能を重視し、よりエッジィ […]

トリックスターよりカワサキ「ニンジャH2/H2R」用スイングアームが登場!

ニンジャH2・ニンジャH2Rを極めるトリックスターが、持てる技術やノウハウのすべてを注ぎ込み開発したというスイングアームが登場した。アルミプレス材を用いた両持ちタイプで、剛性バランス向上と軽量化をもたらすという。 Ninja H2/H2R用 スイングアーム単体 ※車検非対応 直近ではニンジャZX25Rでの200km/hアタックを敢行するなど、レースや速度記録への情熱冷めやらぬトリックスターは、それ […]

次期排ガス規制クリア? 絶版? ’20-’21新車バイク動向予想〈大型スポーツモデル編〉

’21年以降、バイク新車ラインナップに大変動が起きる。欧州で’21年1月から次期排ガス規制のユーロ5が全面導入され、規制をクリアしていない車両は”絶版”を余儀なくされてしまうのだ。新型の噂を含め、どんなマシンが生き残るのか、はたまた去りゆくのか緊急予想を敢行。本記事では大型スポーツカテゴリー(リッタークラス&600ccクラス)の行方を探る。 大型スポーツカテゴリー:安泰の旗艦リッターに対し、600 […]

ブッ飛び歴代モンスターマシン×5選【常識外れの超弩級排気量/馬力/トルク】

本特集において、’20ストリートモデルの馬力/トルク/排気量ランキングをお届けしたが、本記事はその番外編として、バイク史に名を刻んだ古今東西のモンスターマシンを召喚! クルマのV8やらヘリ用タービンやら常識外れのヤツらを集めた。 ダッジ トマホーク[8300cc/507ps/72.6kg-m]オブジェじゃない! 公道も走れるV10野郎 アメ車を代表するダッジ・バイパーの8300ccV1 […]

ヤングマシン歴代実測加速タイムベストテン【新型CBR1000RR-R強し!】

※過去の『ヤングマシン』実測テストからデータを集計(主に日本自動車研究所の高速周回路で測定)。 YM実測ゼロヨンランキング【惜しい! 渾身作RR-Rギリ9秒台ならず】 停止状態から400mまでの加速タイムを競うゼロヨン。この距離で行うドラッグレースも多く、市販車で10秒台は相当なダッシュ力と言える。もう少しで夢の9秒台に突入しそうなのが超新星のCBR1000RR-R。YZF-R1の記録を破り、歴代 […]

ヤングマシン歴代実測最高速ベストテン【21年間破られぬハヤブサの金字塔】

※過去の『ヤングマシン』実測テストからデータを集計(主に日本自動車研究所の高速周回路で測定)。 世紀末覇王が未だ君臨も、最新スーパースポーツが壁を超えてきた 『ヤングマシン』本誌名物の実測テストからデータを集計。歴代最高速キングには’99初代ハヤブサが輝いた。公道市販車では21年にわたって未だトップの座に君臨し続けているのだから驚異的だ。これに対抗すべく、カワサキが’00年 […]

ラムエア326ps! 驚異の怪物・カワサキ「ニンジャH2R」も生産終了へ【クローズドコース専用】

H2Rよ、お前もか! カワサキ自らが「特殊なクローズドコース専用モデル」と謳うNinja H2Rは、スーパーチャージドエンジンを搭載するモンスター中のモンスターバイク。排出ガス規制の影響は受けないはずのマシンだが、兄弟車のニンジャH2とともに生産終了となりそうだ。 310ps/14000rpm(ラムエア加圧時326ps)という途方もなさ 前記事のとおりカワサキはニンジャH2カーボンの2021年モデ […]

最後の231ps、受注開始!「ニンジャH2カーボン」カワサキの過給モンスターが’21モデルで生産終了へ

2020年モデルは通常のラインナップとして発売されたカワサキ「Ninja H2 CARBON」だが、2021年モデルは再び期間限定受注モデルとして発売される。諸元や価格に変更はないが、発表されたリリースには気になる文言が……。なんと、次年度(’22)モデル以降の国内導入予定はないという。 スーパーチャージドエンジン搭載、量産車最高の馬力キング 2015年に200psを引っ提げて初登場し […]

カワサキZ H2サーキットテスト〈後編〉【スパチャ3兄弟のラップタイムを比較】

カワサキから続々と発表されているNinja H2、Ninja H2SXといったスーパーチャージャー搭載車。このほど登場したZ H2はその末弟であり、そして“Zシリーズの親玉”ともいえる存在だ。後編では、兄貴分2車と方向性や性格はどのように違うのか?ヤングマシンメインテスター・丸山浩がサーキットアタックで比較する。そこで見えた素顔は……やっぱりとんでもないものだった。 普段乗りは穏やかだが、トラコン […]

’20モデル スペックベストテン〈馬力編〉【上位はすべて200ps超級】

※’20年7月上旬現在、国内で購入できる現行ラインナップかつ公道市販車のカタログ数値(公式HPに記載されているスペック)を比較。 上位すべて200ps超級。+αを絞り出す勝負に エンジンパワーの総量を示し、バイクの性能を知る上で欠かせないのが「馬力」だ。10年前にはごく少数のマシンのみ最高出力200psを実現していたが、今では各社のリッタースーパースポーツ(SS)を中心としてこの領域に到達。100 […]

ファン投票で選ばれた’19年の人気バイクランキング【マシン・オブ・ザ・イヤー:総合部門】

バイクはどれも魅力的。だから、何に乗ってもいい。しかし、ヤングマシンのファン2300人が選んだバイクには、注目すべき価値が間違いなくある。――その年のモデルからファン投票で人気ナンバー1を決めるガチ企画「マシン・オブ・ザ・イヤー」、その47年目の結果をここに披露。まずは排気量/ジャンル等不問の無差別級=総合部門の上位20台を発表する。 総合部門〈概観〉トップはほぼダブルスコアの圧勝。新潮流も上位に […]

’20新車バイク総覧〈大型スーパースポーツ|国産車#2/2〉スズキ カワサキ

’19年秋の東京モーターショーやEICMAが大いに盛り上がったことからもわかる通り、今年’20年は新車の当たり年。中でもスーパースポーツ1000㏄クラスは、究極の「走る・曲がる・止まる」を追求するとともに、レースを視野に入れた公認取得マシンとしての性格も併せ持つため、国産各メーカーの威信を賭けた戦いが繰り広げられるカテゴリーだ。前ページのホンダCBR1000RR-RとヤマハYZF-R1Mに引き続き […]

新型バイクカタログ[日本車|クラス別]

WEBヤングマシン|最新バイク情報