ホンダNT1100 [’22後期 新型バイクカタログ]:アフリカツインベースのホンダ最新ツアラーモデル

ホンダNT1100

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月30日

ホンダNT1100 概要

CRF1100Lアフリカツインの1082cc並列2気筒エンジンと基本骨格をベースに、前後17インチホイールでオンロードに適性化。これにウインドプロテクション性能を徹底追求した外装で身を固めた、ホンダの最新ツアラー。国内仕様はATであるDCT仕様のみ販売されている。6.5インチのTFTフルカラーメーターはタッチパネル式で、HSTC(トラクションコントロール)などの設定も画面上で操作可能なほか、Android Auto/Apple Car Playに対応。ナビのマップ画面をメーター上に表示することも可能だ。大型のスクリーンは5段階に調整可能で、その両脇にあるウイングチップが、小ぶりながら手元への風当たりを効果的に防いでくれる。純正アクセサリーとして、トップ&パニアケースなども完備だ。

’22 ホンダNT1100

主要諸元

【’22 HONDA NT1100】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ1082cc 102ps/7500rpm 10.6kg-m/6250rpm ■248kg シート高820mm 20L ■タイヤF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●ブルートゥース ●色:マットイリジウムグレーメタリック パールグレアホワイト ●価格:168万3000円

【カラーバリエーション】カラーバリエーションは、上質感のあるマットイリジウムグレーメタリックと爽やかなパールグレアホワイトの2色を設定。どちらもロゴを極力配してシンプルにまとめられている。

スタイリング

前後17インチホイールでオンロード性能を追及しつつ、アフリカツイン譲りの基本骨格でアイポイントの高い開放感あるディメンジョンを実現。アフリカツイン比で全長70mm減/全幅95mm減とコンパクト化されている。

DRLを下部に沿わせた4灯式のLEDヘッドライトを採用。そのデザインはX-ADVに似たものとなっている。リヤまわりは比較的スリムだ。※写真は欧州仕様

エンジン

【定評あるパラツインを一段とリファイン】軽量コンパクトな1082ccパラツインは、1本のカムシャフトで4本のバルブを駆動させるユニカムが特徴。NTでは吸気ダクト長とマフラー内部を変更し、心地よい低回転域とスムーズな加速を実現した。フル電スロを備え、走行モードは3種+ユーザー2種を選択可能。3段階のトラクションコントロールや3段階のウイリーコントロールも用意する。欧州仕様ではDCTと6速マニュアルの両仕様が販売されるが、日本仕様はDCT仕様のみ。※写真は欧州仕様

軽い上に、扱いやすさとスポーツ性を両立し、傑作と名高い心臓部。もちろん排ガス規制のユーロ5に対応済みだ。※写真はアフリカツイン

【ボタンで変速OK】手元のボタンのみで変速できるDCTは、オートマチックとマニュアルモードが選べる。スポーティーに走れるSモードには3レベルのシフトスケジュールを用意。

シャーシ/足まわり

【アフリカツイン譲りの軽量+しなやか骨格】適度にしなり、軽量なスチール製セミダブルクレードルフレームを踏襲。大量の荷物にも耐える強度を持つアルミ製サブフレームも同じく採用された。※写真はアフリカツイン

【前後17インチの専用セット】前後17インチのホイールを採用してオンロード性能に特化。フロントにはショーワ製SFF-BP倒立フォークを採用して優れた路面追従性による快適な乗り心地を実現している。タイヤはメッツラーのロードテック01。※写真は欧州仕様

【リヤのトラベル量も短縮】プロリンク式モノショックのアクスルトラベルは220→150mmに短縮。軽量&高剛性なアルミ製ロングスイングアームや、便利な油圧調整式のリモコンイニシャルアジャスターはベース車と同様だ。

主要装備

【新世代インフォテイメントだ】タッチ操作対応の6.5インチカラーTFTメーターを採用。Apple Car Play、Android Autoの双方に対応するスマホ接続機能を搭載するほか、インカムとも接続できるようになっている。 ※写真は欧州仕様

大型のスクリーンは上下に164mm、角度は5段階に手動で調整できるようになっている。中央に通風孔が設けられているほか、左右にも小型スクリーンを配して徹底的な快適性向上を図り、ツーリングユーザーの需要に応える。 ※写真は欧州仕様

アフリカツインに比べ、幅広で厚みのあるシートを採用。シート高は10mmダウンの820mmだ。ステッチ入りのツートーンカラーで質感も高い。

【タンデムしやすい新形状キャリア】パニアの装着を考慮し、リヤウインカーは後部に移設。リヤキャリアは専用設計で、アフリカツインに設定されるフラットなキャリアとは異なり、後席ライダーが握りやすいグラブバーを設ける。

標準装備のリヤキャリアには大型のタンデムグリップも設けられており、2人乗りでのツーリングも快適にこなせるようになっている。

国内仕様ではオプション設定となる着脱式のパニアケース。容量は左33L/右32Lで、ハンドグリップ付きだ。街乗りを意識したスリムな設計で、もっとも広い部分でも幅はわずか901mmにすぎない。


新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事