第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

最上の極楽エクスプレス! ホンダNT1100ディテール解説

HONDA NT1100

NT1100はアフリカツインから譲り受けた1082cc並列2気筒エンジンを心臓に持つ新型ツアラーモデル。同エンジンを抱える車両には人気のクルーザータイプ”レブル1100″も存在するが、兄貴分2車に対してNT1100は扱いやすさと快適性に注力して開発されたモデルと言える。丸山浩のインプレッションに続き、本記事では車両ディテールからNTの長所を解き明かす。


●まとめ:ヤングマシン編集部(宮田健一) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:ホンダ

’22 ホンダ NT1100

スタイリング

HONDA NT1100

【’22 HONDA NT1100】■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 1082cc 102ps/7500rpm 10.6kg-m/6250rpm ■車重248kg シート高820mm 20L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:マットイリジウムグレーメタリック パールグレアホワイト ●価格:168万3000円 ●発売日:’22年3月17日 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100

【日本仕様は2色を展開】デザインコンセプトは”PROACTIVE COMFORT”。シルエットは防風性能と軽快感のベストバランスを追求し、エレガントでモダンな面構成で大人の上質感を演出した。日本仕様は「マットイリジウムグレーメタリック」と「パールグレアホワイト」の2色で展開される。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

HONDA NT1100|ライディングポジション

[写真タップで拡大]

HONDA NT1100|ライディングポジション

座面の広さを優先したため、シート高820mmとしては地面に届くのが両足指腹の先端と厳しい気もするが、引き起こし自体は問題なし。ポジションはツアラーらしい快適系でアフリカツイン譲りの車体のためアイポイントも高い。[ライダー:身長168cm 体重61kg/タンデムライダー:身長161cm] [写真タップで拡大]

エンジン

HONDA NT1100|エンジン

【吸排気系の変更で専用の味を演出】エンジンはユニカムを使用したSOHCの1082cc並列2気筒で、不等間隔爆発による鼓動感が楽しめる270度クランクを採用。エンジン本体はアフリカツインと共通だが、専用設計された吸排気系やFI制御、およびDCT制御の最適化で、迫力がありながらもジェントルな独自の味を演出している。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100|走行モード

【走行モードは3種+α】タンデムやフル積載状態での快適な加速を重視した「TOUR」、様々なシチュエーションで楽しめるオールラウンドな標準モードの「URBAN」、そして「RAIN」。これに好みの設定が作れるユーザーモードが2つプラスされる。 [写真タップで拡大]

シャーシ

HONDA NT1100|フレーム
HONDA NT1100|フレーム

【既存の骨格を専用チューン】メインフレームはアフリカツインのものをベースに最適化(画像はアフリカツイン用)。アルミ鋳造のスイングアームはNT専用設計の新作で、軽量化と最適な剛性を両立。 [写真タップで拡大]

足まわり

HONDA NT1100|フロント
HONDA NT1100|リヤ

【足まわりは新作】フロントは左側にプリロード調整を持つショーワ製SFF-BP倒立フォーク、リヤはダイヤル式イニシャル調整付きモノショック。ブレーキはニッシン製のラジアルマウント4ポットだ。ホイールも交差形状スポークの新作となる。 [写真タップで拡大]

主要装備

HONDA NT1100|ハイビーム
HONDA NT1100|デイタイムランニングライト

【DRLが睨みを利かす】ロービームヘッドライト周辺にデイタイムランニングライト(DRL)を装備。DRLは周囲の明るさを感知し、自動でロービームと切替を行う。ハイビームはその下に+2灯。 [写真タップで拡大]


HONDA NT1100|スクリーン

【角度までしっかり考えている】165mmの可変幅を5段階で調整できるスクリーンは高さに応じて角度も変わり、効果的に風を逃がす設計となっている。調整は工具いらずの手動だが、やや固め。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100|アッパーディフレクター
HONDA NT1100|アンダーディフレクター

スクリーン両脇とステップ前にディフレクターを装備。ハンドルグリップまわりへの風を完璧に外へ逃がし、足下に向かう風もシャットアウト。またアッパーカウル後端全体もディフレクター形状となっており、膝/腿/脛を風から守る。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100|アッパーディフレクター
HONDA NT1100|アンダーディフレクター

[写真タップで拡大]

HONDA NT1100|走行風

スクリーンと各ディフレクターにより、ライダーを包み込むように走行風から守る空間を形成。長旅になるほど、その効果は絶大だ。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100|メーター

【快適空間を操る多機能カラーメーター】NT1100の忘れてはならない魅力が6.5インチの大画面カラー液晶メーター。タッチ操作が可能な上に、電話/オーディオ操作はもちろんのこと、ナビMAPの表示も可能になるなど、ツーリングの可能性を大きく広げてくれる。メーター本来の表示機能も多彩な表示情報とレイアウトを用意。その下のモノクロ液晶部も速度やギヤ段数を表示する。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100|スマホ連動
HONDA NT1100|スマホ連動

【スマホ連動でグーグルマップが使える】iPhone/AndroidスマートフォンともにUSBケーブルで車両と接続することにより、Apple Car PlayおよびAndroid Autoに対応したアプリケーションの使用が可能となる。インカムを介してのハンズフリー操作にも対応だ。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100|メーター
HONDA NT1100|メーター

[写真タップで拡大]

HONDA NT1100|メーター

【好みで選択! 3種の表示】全数値情報/モード情報を表示する「GOLD」、速度計メインで半円グラフで回転計を表示する「SILVER」、エンジン回転がひと目で分かる「BRONZE」の3パターンを装備。背景色も白/黒/自動調光連動の白黒切替が選べる。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100|スイッチまわり

DCTは停止時にニュートラルに入るため、機械式駐車ブレーキを装備。操作レバーはハンドル右に。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100|燃料タンク

タンク容量は20L。アフリカツインのSTDより2L多い。公称燃費はWMTCモード値で19.3km/L。 [写真タップで拡大]

HONDA NT1100|オプション

【オプションはケースをはじめ多数設定】純正アクセサリーとしてメインキーを使用して開閉できる50Lトップケース/片側32Lサイドケース/タンクバッグに加え、前後コンフォートシート/フォグライトなどが豊富に揃い、NT1100の世界をさらに広げてくれる。 [写真タップで拡大]

’98 NT650Vドゥービル

【’98 NT650Vドゥービル:NTの意は”New Tourer”】「NT」の名は過去にもトランザルプ系Vツインを搭載したミドルツアラーのNT650Vドゥービルが存在。もっと手軽に扱える新しいツアラー像を目標としていた。 [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース