街乗りもツーリングも使い倒せる! 超快適ツアラー・ホンダNT1100【丸山浩の試乗インプレッション】

HONDA NT1100

ホンダNT1100は、アフリカツインから譲り受けた1082cc並列2気筒エンジンを心臓に持つ、新型ツアラーモデル。同エンジンの兄弟車には、人気のクルーザータイプ・レブル1100も存在し、個性的な2車に比べると、少々おとなし過ぎるようにも感じられるかもしれない。だが、いやいやどうして。乗ってみると、”選ぶ理由”がハッキリと存在した。ヤングマシンのメインテスター・丸山浩氏による試乗インプレッションに加え、開発者インタビューをお届けする。

●まとめ:ヤングマシン編集部(宮田健一) ●写真:真弓悟史 ●外部リンク:ホンダ

丸山浩

【テスター:丸山浩】「私の戦闘力は1100万です(笑)」 真冬の試乗となったこの日、ヤングマシンのメインテスターは、NT1100の高い防風能力に感心しきり。特に手元をガードするディフレクターが気に入ったッ! [写真タップで拡大]

やっぱりDCTはツーリングに最適だ

同じエンジンを積む兄弟車として、フロント21インチでアドベンチャータイプのアフリカツイン、フロント18&リヤ16インチでロング&ローな乗り味を楽しめるクルーザータイプのレブル1100と、どちらもツーリングを楽しめながら”トガった”キャラクターで攻めたわけだが、今回のNT1100は前後17インチと一般的なオンロードスポーツサイズのタイヤを履きつつ、トランスミッションはDCTのみの設定。ホイールベースはアフリカツインより短く、車重も248kgと、アフリカツインの全部入り=アドベンチャースポーツES[DCT]より若干軽いなど、全体の雰囲気がコンパクトにまとめられている。従来2機種の間に入るスタンダードなオンロードツアラーというのが最初の印象だが、さてどうだろう?

HONDA NT1100

【’22 HONDA NT1100】’21年12月に発表されたNT1100。海外では6速MT車も設定されるが、日本仕様はDCTのみで、年間販売計画は800台。その過半数を超す450台が受注済みという。■水冷4スト並列2気筒SOHC4バルブ 1082cc 102ps/7500rpm 10.6kg-m/6250rpm ■車重248kg シート高820mm 20L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=180/55ZR17 ●色:マットイリジウムグレーメタリック パールグレアホワイト ●価格:168万3000円 [写真タップで拡大]

走り出すと、鼓動感に定評のあるエンジンが相変わらず気持ちいい。NT1100では、パルスの硬質感を抑え、高速ツアラーらしいジェントルな味付けが施されているが、エンジン本体はアフリカツインと同一で、最高出力も同じ102ps。パワーは必要十分で、「ダダダッ」という感触とともに、DCTが低速域から高速域までキレイに速度をつなげてくれる。ツーリングはもちろん、街中の通勤用途でも扱いやすい印象だ。

そのDCTで改めて感動したのが、変速ショックのなさだった。ツアラーとしての性能を確かめるために、タンデム走行も行ってみたのだが、変速時にカチッカチッと作動音こそ聞こえるものの、シームレスにつながり加減速Gの変化がない特性で、パッセンジャーへの負担が段違いに減る。これは助かる。DCTはUターンなどでやや大回りになる傾向があるが、初期の頃と比べると格段に進化している。極低速域でも完全にクラッチが切れることなく粘ってくれるので、不安はない。

ライディングモードは、ツアー/アーバン/レインと3つ。いずれも制御は賢く、街なかでもパワーの少ないレインを使わず、他のモードで済ませられた。とにかく街なかから高速、峠まで、どんなシチュエーションも扱いやすくこなしてくれる。ブレーキも、あらゆる速度域に対応した標準的な効き味で過不足ない。総じてそのスタンダードな乗り味が特徴的に感じられる。

ホンダNT1100

[写真タップで拡大]

どんな場面も快適&快速。街にロングに使い倒せる!

NT1100のハンドリングは、アフリカツインたちと比べると極めて軽い。前輪が大きいアフリカツインだと、コーナリングではすぐには寝なくて、途中から一気にバタンと倒れていくような感覚。直進安定性を優先したレブル1100も、似たような傾向がある。

それに対してNT1100は、前後17インチホイールらしい自然なコーナリングが可能だ。未舗装が得意なアフリカツイン、直線が得意なレブル1100に対し、NTはズバリ、この”曲がる”を得意部分として差別化が図られている。NTのメイン市場となるヨーロッパのワインディングでは、アフリカツインなどに対してスピード域を10〜20km/h、場合によっては30km/hぐらい上乗せしたまま、ツーリングを続けられるのではないだろうか。道路環境が異なるが、日本のワインディングでもかなりのアドバンテージが期待できそうだ。

そして、NT1100がアフリカツインたちと決定的に異なっている部分がもうひとつ。その高いウインドプロテクション性能だ。単にフルカウルであるというだけでなく、ライダーのまわりを無風の極上空間が包み込んでくれるかのように、すべてが作り込まれている。特に、スクリーン両脇に設けられているアッパーディフレクターが秀逸。走っていると、ハンドルグリップ周辺に無風の空間が生まれるのが感じ取れる。グリップヒーターが標準装備ということもあり、用意していた電熱グローブの出番はついぞやってこなかった。

上半身全体についても、大きめのフロントカウルと5段階に調整できるスクリーンが風を完全に防ぐ。スクリーンは最大まで伸ばすとかなりの高さ。しかも角度も立つ方向に変化し、頭のはるか上を風が通り抜けていくようになる。もちろん巻き込み風も皆無だ。身長180cmクラスの体格でも、頭上をかすめるぐらいの設定だろうか、とにかく余裕がある。さらに下半身側も、風を外へ逃がすディフレクター形状となっており、膝やつま先などには風がまったく当たらず、冬場でも凍えずに済んだ。これだけ防風性能が高いと、雨天走行でもほとんど濡れずに済むのではないだろうか。ツアラーとしてこの性能は非常に大きな強みだ。

以上のことから、ハンドリング/ウインドプロテクション/十分なエンジンパワーを持つNT1100は、ハイスピードレンジに対応したスポーツツアラーとして、そのキャラクターがきちんと仕上がっていた。アフリカツインやレブル1100ほどスタイルに個性はないが、ツーリング体験そのものを楽しみたいというライダーには、このNTをオススメしたい。DCTを装備しながら、価格を168万3000円と高過ぎないギリギリなところで抑えているのも評価できる。アフリカツイン系パラツインエンジンの定評ある味わいを、旅で快適に味わいたいライダーなら、このNTが最適だ。

なお最後に、走行まではできなかったが、純正オプションのトップ&サイドケースを装着した車両にも跨ることができた。車両と同時設計だけあって、トップ&サイドどちらも車体とのマッチング具合は見事。サイドケースはタンデムライダーのヒザの曲がりを疎外せず、バックレストの付いたトップケースは、高さも十分で背中をしっかりと支えてくれる。グラブバーの握りやすさもそのままだ。これなら変速ショックの少ないDCTの利点と合わせて、タンデムライダーの快適性は倍増となるはず。NTのツーリングモデルとしての姿は、このケースを装着した状態が完成型なのだと思えた。

Honda NT1100|タンデム

NT1100は、ツアラーとしてのタンデム性能も極めて優秀。背もたれ代わりとなる純正トップケースを装着すれば、快適性はもはや完璧だ。タンデム役のMOTORSTATION TVチャレンジ女子アナ・ユメちゃんによれば、「ゆとりあるシートや握りやすいグラブバー、ストッパー代わりとなるリヤキャリア、そしてDCTの優しさがとても快適。ただ、風はほとんど当たらないのに、腕や足の側面ギリギリを掠めてしまって、そこだけ身体が冷えてしまうのが、ちょっと惜しかったかも」 [写真タップで拡大]

開発者インタビュー:快適性を最大の個性としました

HONDA NT1100|開発者

今回インタビューに応じてくれた8名。左から、燃料吸排気系設計・山本恭太郎氏/操安研究・野々山祐也氏/シャーシ設計・西村壮貴氏/LPL(開発責任者)代行・大山翼氏/LPL(開発責任者)・清野浩司氏/動力研究・結城伸介氏/燃料吸排気系研究・飯干慎也氏/車体設計・林敬済氏 [写真タップで拡大]

NT1100は「日常では毎日の通勤に、週末は郊外へのツーリングに。さらに長期休暇では、国境を越え、数日にわたるロングツアーに…」というライダーをターゲットに開発しました。メイン市場となる欧州では、そんな使い方をするお客様が多いのです。また、実はNC750Xからステップアップする方々も想定に入れております。クロスオーバーのNCから上に行く際に、アドベンチャー志向ならアフリカツインで満足いただけると思いますが、オンロード志向であれば、このNTがもっとも満足いただけるだろうと。

我々が作るオンロードツアラーとして、アフリカツインや他社のライバル(ヤマハ トレーサーやBMW F900XRなどを想定しているそう)と差別化するうえで、狙ったのは優れた快適性。特に防風性能には重点を置きました。また、ベースとなるアフリカツインのよさを活かし、エンジンの出力特性やDCTによる操作性による扱いやすさはもちろんのこと、車体の基本部分を継承。オンロードといっても、単にアスファルトの上と言うだけではなく、雨天や荒れた道など、様々なシチュエーションに応えられる懐の広さもある車両です。

エンジンについては、本体をアフリカツインと同一のまま、吸排気系を専用設計とすることで、我々の求める特性を実現できました。アフリカツインのようにIMU(車体姿勢センサー)を搭載していないのは、装備が増えることによる車重の増加と、販売価格の高額化を避けたかったからです。その結果、フルカウルでありながら、最終的に車重も価格もアフリカツインと肩を並べられる競争力のあるものになったと思います。

日本のライダーにもぜひ一度乗っていただき、毎日でも乗れる扱いやすさと快適なツーリング性能を体感してほしいと考えています。


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ホンダNT1100に関連する記事

ホンダ「X-ADV スペシャルエディション」登場! NC750X/フォルツァ750/NT1100には新色【欧州】

ホンダは欧州で、X-ADVにスポーティなグラフィックを施した「X-ADV スペシャルエディション」と3色のニューカラー、そしてNC750X/フォルツァ750/NT1100それぞれに新色を設定し、2023年モデルとして発表した。 フォルツァ750以外は日本導入の可能性も高い? ニューモデルシーズンの幕明けだ! ホンダは欧州でニューカラー採用を中心とした2023年モデルを発表した。まず注目はX-ADV […]

〈動画〉ホンダNT1100 試乗インプレッション【久々の新作スポーツツアラー、カテゴリ復権の鏑矢となるか!?】

アドベンチャーモデルの流行に押され、近年では若干下火の感があったスポーツツアラーに新星が登場した。ホンダの新モデル、NT1100はアフリカツインをベースとしつつ前後17インチホイールに履き替えオンロードに最適化。エンジンの味わいもより滑らかになり、高さ変更も容易なウインドスクリーン等も完備し快適性能はピカイチだ。完成度の高さにテスターの大屋雄一も太鼓判を押す。 動画はコチラ→ホンダNT1100 試 […]

ホンダ NT1100 試乗インプレッション【どこまでも快適、旅バイクの王道】

ホンダから久しぶりにブランニューのスポーツツアラー、NT1100が誕生した。1082ccの水冷パラツインやセミダブルクレードルフレームはCRF1100Lアフリカツインをベースとし、販売計画台数はアフリカツインのシリーズ合計600台に対して800台としている。その実力やいかに。 ホンダ NT1100 概要 [◯]DCTがほぼ完成形に。防風効果は非常に高い アドベンチャーモデルの多様化によって下火にな […]

ホンダNT1100 [’22後期 新型バイクカタログ]:アフリカツインベースのホンダ最新ツアラーモデル

ホンダNT1100 概要 CRF1100Lアフリカツインの1082cc並列2気筒エンジンと基本骨格をベースに、前後17インチホイールでオンロードに適性化。これにウインドプロテクション性能を徹底追求した外装で身を固めた、ホンダの最新ツアラー。国内仕様はATであるDCT仕様のみ販売されている。6.5インチのTFTフルカラーメーターはタッチパネル式で、HSTC(トラクションコントロール)などの設定も画面 […]

発売前のホーク11とダックス125が見れるぞ! ホンダがウエルカムプラザ青山で「Honda MOTORCYCLE SHOW 2022 in Aoyama」開催

ホンダは、6月11日~30日の日程で、ウエルカムプラザ青山にて「Honda MOTORCYCLE SHOW 2022 in Aoyama」を開催する。2022年春に大阪・東京・名古屋で開催された「モーターサイクルショー」で展示された車両の一部と、各モデルが持つ世界観に合わせたHondaライディングギアのトータルコーディネートを展示するという。 モーターサイクルショー各会場で話題沸騰だった機種のほか […]

国内4メーカーの採用車種と機能を一挙紹介!【スマホと “つながる”バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能搭載車とその機能を総チェック。ここではホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの国内4メーカーについて、どんな車種にどれだけの機能が採用されてきているのかを見てみよう。 【HON […]

街乗りもツーリングも使い倒せる! 超快適ツアラー・ホンダNT1100【丸山浩の試乗インプレッション】

ホンダNT1100は、アフリカツインから譲り受けた1082cc並列2気筒エンジンを心臓に持つ、新型ツアラーモデル。同エンジンの兄弟車には、人気のクルーザータイプ・レブル1100も存在し、個性的な2車に比べると、少々おとなし過ぎるようにも感じられるかもしれない。だが、いやいやどうして。乗ってみると、”選ぶ理由”がハッキリと存在した。ヤングマシンのメインテスター・丸山浩氏による […]

最上の極楽エクスプレス! ホンダNT1100ディテール解説

NT1100はアフリカツインから譲り受けた1082cc並列2気筒エンジンを心臓に持つ新型ツアラーモデル。同エンジンを抱える車両には人気のクルーザータイプ”レブル1100″も存在するが、兄貴分2車に対してNT1100は扱いやすさと快適性に注力して開発されたモデルと言える。丸山浩のインプレッションに続き、本記事では車両ディテールからNTの長所を解き明かす。 ’22 ホンダ NT […]

最新の記事

ホンダ NT1100の価格情報新車・中古バイク検索サイト ウェビック バイク選び

ホンダ NT1100

ホンダ NT1100

※ 価格は全国平均値(税込)です。

新車 6価格種別 中古車 0

本体

168.3万円

価格帯 168.3万円

本体価格

本体

―万円

価格帯 ―万円

諸費用

6.32万円

価格帯 4.92~8.14万円

諸費用

諸費用

―万円

価格帯 ―万円

乗り出し価格

174.62万円

価格帯 173.22~176.44万円

乗り出し価格

乗り出し価格

―万円

価格帯 ―万円

Webike バイク選びで 新車・中古車を探す
WEBヤングマシン|新車バイクニュース