ホンダCRF1100Lアフリカツインシリーズ [’22後期 新型バイクカタログ]:スポーツタイプと旅仕様を2種の変速機で展開

ホンダCRF1100Lアフリカツインシリーズ

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年8月15日

ホンダCRF1100Lアフリカツインシリーズ 概要

前後21/18インチスポークホイールを採用し、本格的なダート走行まで視野に入れながら開発されたシリーズで、水冷並列2気筒エンジンをスチール製フレームに積む。’20モデルで排気量が84cc拡大されて「CRF1100L」に。’22モデルで熟成を受け、デイタイムランニングライトの新採用やパワーユニットの熟成が図られた。幅広い路面での優れた運動性能も重視したSTDと、18→24L容量への燃料タンク拡大やLEDコーナリングランプ搭載などで旅性能を高め、さらにショーワ製前後セミアクティブサスペンションを加えた「アドベンチャースポーツES」の2種になった。いずれの仕様も、マニュアルクラッチとDCT(デュアルクラッチトランスミッション)が選べる。なお、限定脚長バージョン<s>の受注期間は終了した。

ホンダCRF1100Lアフリカツイン アドベンチャースポーツ/DCT

’22モデルの国内仕様には、1/13~3/31の受注期間限定で、前後サスペンションを伸長してオフ走破性を強化した<s>タイプも設定された。 [写真タップで拡大]

’22 ホンダCRF1100Lアフリカツイン アドベンチャースポーツES/DCT

主要諸元

'22 ホンダCRF1100Lアフリカツイン アドベンチャースポーツ/DCT

【’22 HONDA CRF1100L AFRICA TWIN ADVENTURE SPORT ES/DCT】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 1084cc 102ps/7500rpm 10.7kg-m/6250rpm ■240kg[250kg] シート高810/830mm 24L ■タイヤサイズF=90/90-21 R=150/70R18 ●色:パールグレアホワイト(トリコロール) ●価格:194万7000円[205万7000円] ※[ ]はDCT [写真タップで拡大]

足まわり

ホンダCRF1100LアフリカツインアドベンチャースポーツES|電子制御サスペンション

アドベンチャースポーツESにはショーワ製電子制御サスペンションEERAを搭載。4種類のプリセットと1種類のユーザー設定用があり、ライディングモードと連動して切り替わる。 [写真タップで拡大]

主要装備

'22 ホンダCRF1100Lアフリカツイン アドベンチャースポーツ/DCT|スクリーン

【スクリーン長を最適化】アドベンチャースポーツ仕様のスクリーンをこれまでより110mm短いミッドタイプとして、良好な視界を確保。従来同様の5段階調整式。 [写真タップで拡大]

’22 ホンダCRF1100Lアフリカツイン/DCT

主要諸元

'22 ホンダCRF1100Lアフリカツイン/DCT

【’22 HONDA CRF1100L AFRICA TWIN/DCT】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 1084cc 102ps/7500rpm 10.7kg-m/6250rpm ■229kg[240kg] シート高810/830mm 18L ■タイヤサイズF=90/90-21 R=150/70R18 ●色:グランプリレッド ●価格:163万9000円[174万9000円] ※[ ]はDCT [写真タップで拡大]

エンジン/シャーシ

'22 ホンダCRF1100Lアフリカツイン アドベンチャースポーツ/DCT|DCT

【両仕様にMTとDCTあり】水冷パラレルツインエンジンは、トラクション性能に優れる270度クランクをチョイス。クラッチ操作なしで発進停止と自動または任意の有段変速ができるDCT仕様は、1~2速の変速がより滑らかに。オフロード用制御になるG-スイッチも備える。 [写真タップで拡大]

ホンダCRF1100Lアフリカツインシリーズ

剛性に優れてしなやかなスチール製フレームを採用。 [写真タップで拡大]

主要装備

'22 ホンダCRF1100Lアフリカツイン アドベンチャースポーツ/DCT|液晶

【タッチ操作対応のカラー液晶】6.5インチタッチパネル採用のカラー液晶メーターは従来型同様。アップル・カープレイとアンドロイド・オートに対応。 [写真タップで拡大]

'22 ホンダCRF1100Lアフリカツイン/DCT|リヤキャリア

【リヤキャリアを標準化】従来型まではアドベンチャースポーツのみが標準装備していたアルミ製リヤキャリヤは、シルバーからブラックに変更されながら全車標準装備となった。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

CRF1100Lアフリカツインシリーズに関連する記事

CRF750はフェイク! ホンダが欧州で「CRF1100Lアフリカツイン/アドベンチャースポーツ」の新色を発表

ホンダは欧州で2023年モデルの「CRF1100Lアフリカツイン」と「CRF1100Lアフリカツイン アドベンチャースポーツ」を発表した。いずれも新しいペイントスキームが追加されている。一方、動画サイトではCRF750アフリカツインを名乗るティーザー映像らしきものが出回ったようだが……。 新色はマットグレー! 標準モデルにはトリコロールも追加 ホンダは欧州で、「CRF1100Lアフリカツイン」と「 […]

ホンダCRF1100Lアフリカツインシリーズ [’22後期 新型バイクカタログ]:スポーツタイプと旅仕様を2種の変速機で展開

ホンダCRF1100Lアフリカツインシリーズ 概要 前後21/18インチスポークホイールを採用し、本格的なダート走行まで視野に入れながら開発されたシリーズで、水冷並列2気筒エンジンをスチール製フレームに積む。’20モデルで排気量が84cc拡大されて「CRF1100L」に。’22モデルで熟成を受け、デイタイムランニングライトの新採用やパワーユニットの熟成が図られた。幅広い路面 […]

国内4メーカーの採用車種と機能を一挙紹介!【スマホと “つながる”バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能搭載車とその機能を総チェック。ここではホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの国内4メーカーについて、どんな車種にどれだけの機能が採用されてきているのかを見てみよう。 【HON […]

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:大型アドベンチャー総まとめ#1(751cc〜)【世界的なブームが継続】

その名のとおり道を選ばず“冒険”できるバイクというのが本来のコンセプトだったが、近年は舗装路でのツーリング性能を重視した車種が多めのアドベンチャークラス。日本ではほとんどのユーザーがダートを走ることなく、快適なライディングポジションのオンロードツアラーという扱いだ。 世界的なブーム継続で性能を磨き続ける機種多め 欧州や日本でのアドベンチャーブームは根強く、そう簡単に衰えそうにない。先進国ではライダ […]

個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’10年代以降〉【カラー液晶がデビューしジワジワ浸透中】

造り手の意志やマシンの個性を端的に表し、当代の先進技術とデザインが色濃く反映されている部品=メーター。’00年代末から外国車を中心にフル液晶メーターの採用が拡大し、続く’10年代には高級車にカラー液晶も投入、現在は600クラスにも広まりつつある。本記事では最新のメーターとともに現状のトレンドをまとめてお伝えしよう。 電子制御の隆盛に伴い液晶メーターが普及 急速に一般化したス […]

ホンダ「アフリカツイン」新装備&ニューカラー採用! アンドロイドオートやDRLを追加

ホンダは、大型アドベンチャーモデル「CRF1100Lアフリカツイン(Africa Twin)」シリーズの装備を充実させるとともにニューカラーを設定し、2022年モデルとして発売すると発表した。オフロード走破性を追求した脚長バージョンの〈s〉タイプも受注期間限定で発売する。 旅性能を高めた装備と細部の熟成でアップデート ホンダは、1082ccの並列2気筒エンジンを搭載する大型アドベンチャーモデル「C […]

いま新車で買える!! 林道ツーリングを楽しめるマシンたち〈国産モデル編|ゴーライド編集部厳選〉

これから林道ツーリングに行ってみたいというオフロードビギナーや、久しぶりに林道へ行ってみようというリターンライダー、さらに乗り換えや増車を考えている人たちのために、オフロードマシン総合誌『ゴーライド』編集部が選んだ、”新車で購入できる/未舗装路もバリバリ走って林道ツーリングを楽しめる”マシンたちを、まずは国産編から一挙掲載するゾ!  オフロードも林道走行も楽しめるのはやはり […]

ホンダ新型NT1100はアフリカツインのオンロード版!? 〈YM未来予想〉

ライバルはトレーサー9。豪華装備で追撃か? 隙なく見えるホンダのラインナップだが、VFR1200Xが消滅し、リッター超級のオンロード系アドベンチャーが不在だ。現行アフリカツインは、オンもOKだが、オフを視野に入れたF21インチ+R18インチのブロックタイヤと軽快な車体が特徴。カットビ高速巡航が得意な前後17インチ+ロードタイヤのクロスオーバーSUVとは明らかにキャラが異なる。 しかし、そこはホンダ […]

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース