ホンダ新型NT1100はアフリカツインのオンロード版!? 〈YM未来予想〉

YM未来予想|ホンダNT1100

●文:ヤングマシン編集部 ●CG:SRD

ライバルはトレーサー9。豪華装備で追撃か?

隙なく見えるホンダのラインナップだが、VFR1200Xが消滅し、リッター超級のオンロード系アドベンチャーが不在だ。現行アフリカツインは、オンもOKだが、オフを視野に入れたF21インチ+R18インチのブロックタイヤと軽快な車体が特徴。カットビ高速巡航が得意な前後17インチ+ロードタイヤのクロスオーバーSUVとは明らかにキャラが異なる。

しかし、そこはホンダ。既にアフリカツインのロード仕様と呼ぶべき「NT1100(仮称)」が間近に控えており、’21年10月21日に欧州正式発表がなされることは既報の通りだ。

YM未来予想|ホンダNT1100

【’22 HONDA NT1100|IMAGE CG】エンジンと鋼管フレームなどの基本構成はアフリカツインと同等。前後17インチ化や外装の変更でオンロード系アドベンチャー=クロスオーバーに変貌か。●想定価格帯:140万円前後 [写真タップで拡大]

ホンダCRF1100Lアフリカツイン
[写真タップで拡大]

【ベース兄弟車:CRF1100L AFRICA TWIN】270度クランク並列ツインは、’20で998→1082㏄にアップ。大径スポークホイールを履き、オフへの備えも万全だ。タッチパネルほか電脳を満載し、DCTや電サス仕様も選べる。レブル1100では低中速トルクを増強したが、NT1100もこれを踏襲か。■水冷4スト並列2気筒OHC4バルブ1082cc 102ps/7500rpm 10.7kg-m/6250rpm ■226kg シート高830mm 18L ■タイヤF=90/90-21 R=150/70R18 ●価格:161万7000円 ※諸元はSTD

「NT」の車名は、過去に欧州で生産された「NT650Vドゥービル」が由来の模様。ドゥービルはVツインの旧世代アフリカツインと同系エンジンを搭載したオンロードツアラーだったが、まさにNT1100はその再来となる。なおホンダは欧州で「ドゥービル」の商標登録を’28年まで延長し、’21年2月に「NT1100」の商標を出願。この車名が採用される可能性は高いだろう。

心臓はアフリカツインがベースで、前後17インチのキャストホイールを履くハズ。アフリカツインは足着きがキビしいが、この点も改善されるだろう。

ライバルはヤマハのトレーサー9だ。アフリカツインと同様にタッチパネルやDCTが投入されれば、トレーサーにない強みとなる。またアフリカツインは160万円超だが、約140万円のトレーサーに対抗して価格帯を抑える可能性もありそうだ。

YM未来予想|ホンダNT1100
[写真タップで拡大]

【欧州のみでドゥービルを継続】ホンダは、欧州で’08年に「ドゥービル」の商標を出願。NT700ドゥービルは’12年に生産終了したが、その後も商標の有効期間を’28年まで延長している。さらに今年2月、ホンダは「NT1100」も商標を出願済みだ。

NT&ドゥービルとは?

ホンダ ブロスNTV650

【’88 HONDA BROS NTV650】650時代のアフリカツインと同系のVツインを搭載したネイキッド。日本で「ブロスプロダクト1」として発売され、欧州では「NTV650」を名乗った。■水冷4ストV型2気筒OHC3バルブ647cc 55ps 5.7kg-m 181kg [写真タップで拡大]

ホンダNT650Vドゥービル

【’98 HONDA NT650V DEAUVILLE】ブロス系の水冷52度650ccVツインを、内部で左右が繋がったボディ一体型パニアケースを持つ車体に搭載。後に排気量アップ版の700も登場。■水冷4ストV型2気筒OHC3バルブ647cc 55ps 5.7kg-m 233kg(乾燥) [写真タップで拡大]

世界展開するアフリカツイン兄弟&スクープ振り返り

アドベンチャーモデルのアフリカツインが発売された翌’21年にクルーザーのレブルが登場。さらにSUVツアラーのNT、そしてネオクラシックのGBとジャンルを横断した派生モデルが毎年リリースされることに? しかも各国の売れ線を見事にフォロー。サスガ、ホンダである。

ホンダCRF1100Lアフリカツイン

【第1弾】’20 CRF1100Lアフリカツインシリーズ [写真タップで拡大]

ホンダ レブル1100

【第2弾】’21 レブル1100〈アメリカ中心〉 [写真タップで拡大]

ホンダ NT1100/DCT[イメージCG]

【第3弾】’22 NT1100(仮)〈欧州中心〉※イメージCG [写真タップで拡大]

ホンダGB1100[イメージCG]
ホンダGB1100TT[イメージCG]

【第4弾】’23? GB1100/GB1100TT(仮)〈日本中心〉※イメージCG [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021
マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報