系列特許続々。まずはレブル1100から!?

ホンダ アフリカツインエンジンの派生モデル展開に期待【バイク新車近未来予想】

  • 2020/8/16
ホンダ アフリカツインエンジンの派生モデル展開に期待【バイク新車近未来予想】

環境規制の端境期にあり、世代交代の節目を迎えているバイク。ラインナップに大変動が起きるのは必定だ。そこでヤングマシン創刊48年の知恵とカンをベースに、願望&妄想も織り交ぜながら、バイク未来予想を導き出してみた。本ページではホンダCRF1100Lアフリカツインに搭載される並列2気筒エンジンを使った展開について、レブル1100/CRF1100X/GB1100TTを例に予想する。

DCTも選べる最新ツイン。’21年よりフル活用の動き

’20年、ホンダCRF1000Lアフリカツインが1100に生まれ変わった。搭載される270度クランクの1082cc並列2気筒は、1000時代を含めてアフリカツイン専用で、現時点では他車に展開されていない。これは実にモッタイナイ話だ。軽量コンパクトな上に、抜群のトラクション性能とパルス感を有し、電子制御スロットルや6軸IMUなどの電脳も豊富。おまけにセミオートマチックのDCT版も用意され、’20年にユーロ5までクリアしているのだ。 

ホンダとしてもこのエンジンを活用すべく動いている模様で、派生モデル向けらしき多彩な特許が出願済み。図面には様々なフレームが描かれるが、いずれもアフリカツインの心臓を搭載しているのだ。 

この特許から予想されるのが「前後17インチを履くオンロード指向のアフリカツイン」「ネイキッド」「クルーザー」の3タイプ。専用フレームとすることで、全く異なるジャンルの派生モデルを造り上げることが可能だろう。中でもクルーザーの「レブル1100」は有望で、最も登場が早いと予想する。

【ベース:’20 CRF1100Lアフリカツイン シリーズ】F21&R18インチスポークホイールを履き、オフにも強い。ユニカム4バルブのパラツインは2kg以上の軽量化も達成。

ホンダ CRF1100L アフリカツインシリーズ

■水冷4スト並列2気筒 1082cc 102ps 10.7kg-m 226~ 250kg(装備) ●税込価格:161万7000円~205万7000円

ホンダ レブル1100/DCT:人気のレブルシリーズに親玉登場なるか

’18年の発売以来、国内でベストセラーを記録しているレブル250。その親玉がアフリカツインの心臓でデビューするだろう。レブルの象徴であるくさび型フォルムは、専用クレードルフレームで実現。エンジンがコンパクトなため、さほど大柄にはならず気楽に流せるだろう。DCTによる途切れない加速も他車にはない魅力だ。人気のレブルだけに派生機としては最優先され、’20年秋にも発表されると予想!

ホンダ レブル1100/DCT

HONDA Rebel1100/DCT[予想イメージCG] [写真タップで拡大]

HONDA Rebel1100/DCT

プロジェクターとイカリングを用いたLEDヘッドライトの特許では図面にレブルが描かれる。レブル用らしき上下2段の可動式液晶メーターに関する特許も。 [写真タップで拡大]

【ファミリー: ’20 レブル500】共通フレームに、250は単気筒、500は並列ツインを搭載。日常の足として小回りが利き、抜け感のあるシンプルな外観もイイ。

ホンダ レブル500

■水冷4スト並列2気筒 471cc 46ps 4.4kg-m 190kg(装備) ●税込価格:79万9700円

〈次のページは…〉CRF1100X/DCT|GB1100TT/DCTの未来予想
固定ページ:

1

2 3