チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’10年代以降〉【カラー液晶がデビューしジワジワ浸透中】

個性派&傑作揃いの”メーター”年代記〈’10年代以降〉

造り手の意志やマシンの個性を端的に表し、当代の先進技術とデザインが色濃く反映されている部品=メーター。’00年代末から外国車を中心にフル液晶メーターの採用が拡大し、続く’10年代には高級車にカラー液晶も投入、現在は600クラスにも広まりつつある。本記事では最新のメーターとともに現状のトレンドをまとめてお伝えしよう。

●まとめ:ヤングマシン編集部(沼尾宏明) ●写真:YM/BM ARCHIVES

電子制御の隆盛に伴い液晶メーターが普及

急速に一般化したスマホと合わせるかのように、全面液晶パネルのメーターが導入が進んだのは’00年代末からだ。ドゥカティら海外メーカーのスーパースポーツが、トラクションコントロールなどの電子制御化を一挙に推進。メーターで複雑な設定を行うには、従来の小型液晶では足りない事情もあり、モノクロ全面液晶がトレンドとなった。以降、アドベンチャーなど他ジャンルにも波及していく。

’10年代に入るとカラーのTFT(Thin Film Transistor=薄膜トランジスタ)液晶メーターが登場。従来のLCD液晶は決められた表示しかできないが、TFTではスマホのように異なる表示が可能。より複雑な機能を持たせられるとあって、海外スーパースポーツ車が積極的に採用。国産車は導入が遅れたが、近頃は普及が進んできた。

さらにスマホとの連携機能もトレンド。メーターに電話などの着信を表示させたり、スマホの画面そのものを映す車種もある。

スイッチ類

【操作系も進化】液晶画面内の複雑なメニューを快適に操作するため、ゲーム機のようなジョイスティック/十字ボタン/ホイールが登場。それにしてもスイッチが増えた。 [写真タップで拡大]

ドゥカティ ディアベルシリーズ[’11-]:カラー液晶の元祖的存在

最初期にTFTカラー液晶を採用したのが初代ディアベル。タンク側のサブパネルに色付きのエンジンモードなどを表示し、新鮮だった。現行型は1パネルだ。

ドゥカティ ディアベルシリーズ|メーター

[写真タップで拡大]

ドゥカティ ディアベルシリーズ

【’11- DUCATI DIAVEL SERIES】 [写真タップで拡大]

ヤマハYZF-R1/M[’15-]:国内ではR1が先陣

カラー液晶に消極的だった国内メーカーで先陣を切ったのはヤマハ。完全刷新した’15年型YZF-R1で、国産車随一の電脳デバイスとともにカラーTFTを採用した。

ヤマハ YZF-R1/M|メーター

[写真タップで拡大]

ヤマハ YZF-R1/M

【’15- YAMAHA YZF-R1/M】 [写真タップで拡大]

BMW R1250RT[’21]:巨大サイズも登場

最新のR1250RTは、10.25インチというノートPC並みのサイズを採用。画面を分割して様々な機能を同時に表示できるのが利点だ。スマホ専用ストレージも備える。

'21 BMW R1250RT|メーター

[写真タップで拡大]

BMW R1250RT

【’21 BMW R1250RT】 [写真タップで拡大]

KTM 125デューク[’17-]:125クラスにもカラー液晶!

KTMは’17年頃からカラー液晶を旺盛に採用。390デューク/アドベンチャーのほか、125デュークまでカラー液晶だ。スマホ接続もできる。

KTM 125デューク|メーター

[写真タップで拡大]

KTM 125デューク

’17KTM 125 DUKE】 [写真タップで拡大]

つながる”コネクテッド系”も勢力拡大中

現行型のカラー液晶採用モデルは、その多くがスマホとブルートゥースで接続できる。’15年頃から導入が開始され、ハンドルスイッチで音楽プレイヤーを操作したり、メーターに電話/メール着信などを表示可能。走行ログや車体情報をスマホで確認できる車種も多い。

コネクテッド系メーター

液晶の右下にブルートゥースマークが。 [写真タップで拡大]

カワサキ|メーター

【国内ではカワサキが注力】国産で”連動”にもっとも積極的なのがカワサキ。最大バンク角など詳細なログを記録できる。 [写真タップで拡大]

ナビ|メーター

【ナビまで登場してきた】メーターにナビを表示できる車種も増加中。スマホをハンドルマウントしなくて済み、視認性も高い。BMWなど外国車は、日本の地図に未対応の場合もあるので確認を。 [写真タップで拡大]

タッチパネルにカープレイ。もはやスマホ!

一部の上級モデルには、カラー液晶に加え、タッチパネルも導入され始めた。ハンドルスイッチに比べ、操作が簡単明瞭なのがうれしい。また、クルマに採用されるアップルカープレイも登場。メーターパネルを通じて、接続したスマホ内のアプリを操作可能だ。

ホンダCRF1100Lアフリカツイン[’20-]

アップルカープレイは、スマホをバイク本体にUSB接続し、スマホの画面をメーター内に映し出せる(アンドロイドオートにも対応)。音声入力も可能だ。ゴールドウイングにも搭載。

ホンダ CRF1100Lアフリカツイン|メーター

’20HONDA CRF1100L AFRICA TWIN】 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン パンアメリカ[’21]

ハーレー初のアドベンチャーモデルはタッチパネルを採用し、日本語もしっかり表示する。ライブワイヤーと同様、別売のハーネスを使えばカープレイにも対応。

'21 ハーレーダビッドソン パンアメリカ|メーター

【’21 HARLEY-DAVIDSON PAN AMERICA 1250/SPECIAL】 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン ライブワイヤー[’21]

話題の電動バイク・ライブワイヤーもタッチパネルで、外観がスマホ的。音声認識や文字読み上げにもスマホ経由で対応している。

ハーレーダビッドソン ライブワイヤー|メーター

【’21 HARLEY-DAVIDSON LIVEWIRE】 [写真タップで拡大]

インディアン ロードマスターシリーズ[’17-]

インディアンは豪華クルーザーのロードマスターなどに’17年型からTFT液晶+タッチパネルを採用。’21年型でカープレイ採用車が増えた。

インディアン ロードマスターシリーズ|メーター

【’17- INDIAN ROADMASTER SERIES】 [写真タップで拡大]

ネオクラシックはアナログを巧みに使う

トライアンフ スクランブラー1200XC/XE:新時代のデジアナ融合

メーターの液晶化が進む現在だが、レトロ風の”ネオクラシック”ではアナログが健在だ。新たな試みとして、アナログ風画面の液晶メーターも登場。スクランブラー1200シリーズは、アナログに見間違えるほど凝ったデザインでテイストも満点だ。表示パターンを変更したり、簡易ナビや電話着信も表示できる。

トライアンフ スクランブラー1200XC/XE|メーター

[写真タップで拡大]

トライアンフ スクランブラー1200XC/XE|メーター
トライアンフ スクランブラー1200XC/XE|メーター

[写真タップで拡大]

トライアンフ スクランブラー1200XC/XE('19~)

【’19- TRIUMPH SCRAMBLER 1200 XC/XE】 [写真タップで拡大]

カワサキW800シリーズ[’19-]:グレードごとに変化

’19年に復活したW800シリーズは、外装/ハンドル/ホイールなどの変更で4つのグレードを展開。各車のキャラに合わせ、メーターの文字盤を変更しているのが興味深い。最新のメグロK3は”メグロ”のロゴ入りだ。

カワサキ W800

【’21 KAWASAKI W800】 [写真タップで拡大]

カワサキ W800カフェ

【’21 KAWASAKI W800 CAFE】 [写真タップで拡大]

カワサキ W800ストリート

【’21 KAWASAKI W800 STREET】 [写真タップで拡大]

カワサキ メグロK3

【’21 KAWASAKI MEGURO K3】 [写真タップで拡大]

カワサキ メグロK3

【’21 KAWASAKI MEGURO K3】 [写真タップで拡大]

ホンダGB350/S[’21]:デザインも機能もマル

味わい深いシングルを搭載した新作ネオクラシックは、1眼アナログ内の液晶部に、オド/燃料計/時計/ギヤポジションをコンパクトに表示。デザインと利便性を両立している。

ホンダ GB350|メーター

[写真タップで拡大]

ホンダ GB350

’21 HONDA GB350/S】 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

最新の記事

ホームZ900RSを破ったSR400が堂々首位! 2位はGB350の約4000台…2021年の販売台数ランキング・400ccクラス
WEBヤングマシン|新車バイクニュース