ホンダ400X [’22後期 新型バイクカタログ]:フロント19インチのミドルクロスオーバー

ホンダ400X [’22後期 新型バイクカタログ]

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年8月30日

ホンダ400X 概要

エンジンと車体の基本部をCBR400Rと共用。デビュー当初はより共通部品が多かったが、’19年の熟成で差別化が図られ、前輪は17→19インチ径となり、リヤサスのストローク増も図られた。’22年1月にも改良され、CBR400Rと同じくフロントフォークがショーワ製SFF-BPに変更されたことで倒立に。前ブレーキはアキシャルマウントキャリパーのままダブルディスク化され、スイングアームの剛性最適化やフロントホイールの軽量化も施された。さらに400Xのみ、ヘッドライト配光が最適化され、ウインカーにポジションランプ機能が追加された。

’22 ホンダ400X

主要諸元

ホンダ 400X|パールグレアホワイト

【’22 HONDA 400X】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 399cc 46ps/9000rpm 3.9kg-m/7500rpm ■車重199kg シート高800mm 17L ■タイヤサイズF=110/80R19 R=160/60R17 ●色:パールグレアホワイト マットバリスティックブラックメタリック ●価格:85万8000円 [写真タップで拡大]

ホンダ 400X|マットバリスティックブラックメタリック

’22年1月のマイナーチェンジではカラー&グラフィックも刷新。ホワイト/マットブラックの2色展開だ。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

ホンダ 400X|ライディングポジション

アドベンチャーを意識した400Xのライディングポジションは立ち姿勢にも対応可能。足着きは良好で、調節可能なスクリーンにより防風効果にも優れる。[身長175cm/体重62kg] [写真タップで拡大]

足まわり

ホンダ 400X|フロントまわり
ホンダ 400X|リヤまわり

’22年1月のマイナーチェンジでフロントサスペンションにSFF-BPを新採用し、フロントブレーキはアキシャルキャリパーのままダブルディスク化された。前輪は’19モデルから19インチ化している。 [写真タップで拡大]

主要装備

ホンダ 400X|ハンドルまわり

’19モデルからハンドルはテーパータイプを採用し、切れ角は3°増やした38°に設定し直している。スクリーンは調整可能。 [写真タップで拡大]

ホンダ 400X|ハンドルまわり

フル液晶表示タイプのメーターはCBR400Rと同仕様。その下部に純正アクセサリーのLEDフォグランプ追加用スイッチケースを備える。 [写真タップで拡大]

ホンダ 400X|タンク

兄弟機のCBR400Rとは異なり、400Xの燃料タンク容量(17L)は’13年のデビュー以来変更されていない。 [写真タップで拡大]

ホンダ 400X|シート
ホンダ 400X|シート下

座面の広いシートはキーロックで取り外し可能な前後一体式。ヘルメットホルダーは携帯工具の中のワイヤーを使用するタイプで、シート裏面には書類入れがある。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース