ホンダ400X[新型バイクカタログ]:優れたツアラー性能を誇るミドルクロスオーバー

ホンダ400X[新型バイクカタログ]

400X 概要

鋼管ダイヤモンドフレームや水冷並列2気筒エンジンはフルカウルのCBR400Rと基本部が共通化されたクロスオーバーモデルだが、’19年3月のモデルチェンジでより差別化が図られた。中でも大きなチェンジはフロント19インチホイールの採用。加えてリヤサスペンションのストロークアップも図られ、これらによりフラットダートも通過できるオフ走破性を手に入れた。

さらに、ステムまわりが専用化されたことでハンドル切れ角が3度増の左右各38度となり、小回りも効くようになった。スクリーンは先代より20mmロングで、優れた防風性を発揮。FIセッティングが低中回転域重視で専用化されたパワーユニットには、アシストスリッパークラッチも搭載されている。

’20 400X

'20 ホンダ 400X|マットパリスティックブラックメタリック

【’20 HONDA 400X】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 399cc ■車重196kg シート高800mm 17L ■タイヤサイズF=110/80R19 R=160/60R17 ●色:パールグレアホワイト マットパリスティックブラックメタリック ●価格:82万6100円 ●発売日:’20年7月31日 [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

グラフィックデザインが共通化された、ホワイト/ブラックメタリックの2タイプ。上品にまとめてある。

'20 ホンダ 400X|フロントタイヤ
[写真タップで拡大]

【好評の19インチフロントタイヤ】19年3月のモデルチェンジ時に、前輪が17→19インチに大径化。よりアドベンチャーらしいルックスとハンドリング特性を手に入れた。

'20 ホンダ 400X|エンジン
[写真タップで拡大]

スムーズなフィーリングを得られる180度位相クランクの水冷パラレルツインエンジンを搭載。

'20 ホンダ 400X|モノデジタルメーター
[写真タップで拡大]

反転表示のモノデジタルメーターを採用。その下部にフォグランプ追加に対応するスイッチケースがある。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

400Xに関連する記事

2021新型バイク総まとめ:日本車251〜400ccミドルクラス【大人気GB350の登場でクラス全体が活性化するか?】

’21シーズン、日本で話題を集めたニューモデルと言えば、4月に発売開始されたホンダGB350。7月中旬には派生モデルとなるGB350Sも登場した。一方、ヤマハのSR400は’21年で生産終了。ネオクラシック系をきっかけに、400ccクラスに再び注目が集まるか!? 250ccよりも余裕があり、”適度感”に優れるが… 日本独自の排気量帯ということもあり、 […]

倒立フォークとWディスクをゲット! ホンダ400Xの欧州版「CB500X」がモデルチェンジ

ホンダは欧州で、並列2気筒エンジンを搭載するミドルクラスアドベンチャーモデル「CB500X」のモデルチェンジを発表した。同時発表のスポーツモデルCBR500R、ネイキッドのCB500Fと基本を共有しながら、さらに個性を突き詰めるアップデートとなる。 輝く倒立フォークにダブルディスク、さらにLEDライトがキリリと! ホンダは、欧州におけるA2ライセンス向けのミドルアドベンチャーモデル「CB500X」 […]

ホンダ2021年新車バイクラインナップ〈251〜400ccミドルクラス〉GB350 etc.

2021新車バイクラインナップ>日本車>251〜400ccミドル 最新潮流解説 HONDA:GB350|CB400SF/SB|CBR400R|400X YAMAHA:SR400ファイナルエディション|YZF-R3|MT-03 KAWASAKI:ニンジャ400|Z400 スクーター:ヤマハ トリシティ300|スズキ バーグマン400 GB350:話題の空冷単気筒ハイネスCB350の日本仕様がついに登 […]

2021新車バイクラインナップ〈251〜400ccミドルクラス|日本車最新潮流解説〉

普通自動二輪免許で乗ることができる最大排気量クラスであるにも関わらず、2年に一度(新車は3年)の車検があるために敬遠されがちだった251〜400ccクラスだが、ここにきて300cc台のグローバルモデルが相次いで登場。大型車からのダウンサイジング志向にも合うため、今後の盛り返しに期待だ。 新型GB350、空洞化に歯止めをかけろ! 現在の国内2輪市場において長年苦戦を強いられているのが(50ccを除く […]

ホンダCBR400Rはロゴデザイン変更、400Xには新色が追加され本日7/31発売

並列2気筒エンジンを搭載し、’19年のモデルチェンジでフロント19インチホイールを採用したホンダ「400X」に新色の白がラインナップ。また、同じく’19年モデルチェンジしてアグレッシブなスタイリングと軽量化で魅力を増した「CBR400R」は、”CBR”のロゴがRR-Rイメージに変更。ともに本日7/31に発売された。 RR-Rイメージの“CBR”ロゴを […]

ホンダは400ccクラスも引き続き充実! 「CBR400R」ロゴデザイン変更/「400X」は新色登場

並列2気筒エンジンを搭載し、昨年のモデルチェンジでフロント19インチホイールを採用したホンダ「400X」に新色の白がラインナップされる。また、同じく昨年モデルチェンジしてアグレッシブなスタイリングと軽量化で魅力を増した「CBR400R」は“CBR”のロゴをRR-Rイメージに変更される。 RR-Rイメージの“CBR”ロゴを採用したCBR400R/新色パールグレアホワイトの400X ヤングマシン最新号 […]

’19 オフロード人気バイクランキング【マシン・オブ・ザ・イヤー投票】

その年のモデルからファン投票で人気ナンバー1を決める、ヤングマシンが誇るガチ企画「第47回マシン・オブ・ザ・イヤー(MOTY)」。「オフロード」部門では、ホンダのアフリカツインがヤマハ セローから首位の座を奪還した。 オフロード部門〈総評〉圏内は変動すれど次回も2強のバトルは必至か? 前回のオフロード部門は、生産終了から1年後に復活したヤマハ セロー250が大量票を獲得し、覇者に輝いた。それまで& […]

’20新車バイク総覧〈300〜400ccミドル|国産車#3/4〉ホンダ

一時はラインナップを減らしたが、近年すっかり勢いを取り戻した400㏄スポーツ。250よりパワフルで600より扱いやすい、国内ではジャストサイズのクラスと言えるだろう。前ページのカワサキ車に引き続き、本ページではホンダの万能スポーツ・CBR400R、定番ネイキッドCB400SF/SB、クロスオーバー400Xを紹介する。 CBR400R:外見は鋭いが中身は優等生 ’13年に登場した親しみや […]

『アルトリコーダー』をかかえて名物林道を駆けろ!大人気『リコーダートツーリング』後編 #ゴー・ライド

冒険やオフ野駆けに、大きいも小さいもない。思い立って飛び出せばそれはもうアドベンチャー野駆け★ というわけでアドベンチャーバイクでのオフ野駆けに挑戦してみた!! の後編です。オフロード総合誌 オフロードマシン ゴー・ライド(偶数月6日発売)の人気企画、副編コイが各地を駆ける『リコーダートツーリング』は、アルトリコーダーを抱え、絶景スポットの中で、なぜか奏でるその調べが大好評だ。もちろん、林道、グル […]

『アルトリコーダー』で『ダート』を駆る!林道ツーリング『リコーダートツーリング』前編 #ゴー・ライド

オフロード総合誌 オフロードマシン ゴー・ライド(偶数月6日発売)の人気企画、副編コイが各地を駆ける『リコーダート―リング』がWEBヤングマシンに再び登場。アルトリコーダーを抱え、絶景スポットの中で、なぜか奏でるその調べが大好評だ。もちろん、林道、グルメ、アウトドアの情報も満載。独特な口調で語る名物副編集長の冒険譚前編をぜひお楽しみください。 副編コイが駆ける『リコーダートツーリング』VOL.2前 […]

ホンダ 400X試乗インプレッション【19インチ化で走り一変! 模範的ミドルツアラー】

フルカウルのCBR400R、ネイキッドのCB400Fと共通のプラットフォームで’13年に登場したクロスオーバーモデル「400X」が、’19年型でフロントホイールを19インチ化するなどモデルチェンジを実施。クラス唯一のアドベンチャー、その走りはどう進化したか? (◯)大らかな操安性に変化。未舗装路も怖くない! フルカウルのCBR400R、ネイキッドのCB400Fと共通のプラットフォームで’13年に誕 […]

2019新車走評:400ccスポーツ編[カテゴリー別“試乗インプレッション”大図鑑 #13]

ニンジャ400とCBR400R、YZF-R3、それにRC390のフルカウルスポーツ対決。Z400とCB400SF、MT-03、それにスクランブラーSixty2、ヴィットピレン&スヴァルトピレン401らネイキッド。昭和の生き証人SR400や、アドベンチャーでは400XやG310GSもいる。普通二輪免許で乗れる最大クラスは個性派が粒ぞろいだ。 ニンジャ400を筆頭に個性的なマシンが集う ニンジャ400 […]

【林道実走調査】オフロードマニアやたぐわぁのGo Rindo!『御殿場・中島林道・生土不老山林道編』#ゴー・ライド

好評発売中のオフロード総合誌、オフロードマシン『ゴー・ライド』の人気コーナーが登場だ。全国の林道を元初心者向けバイク雑誌編集長だった現在フリーライターの「やたぐわぁ」が体をはって取材する林道紹介だ。前回に続き、今回も御殿場周辺の林道を紹介する。関東からも近いので是非このレポートを参考にしてもらいたい。 難所ありの走りごたえありの6.6km!合計16.4kmの中島林道-生土不老山林道 6.6km×2 […]

【林道実走調査】オフロードマニアやたぐわぁのGo Rindo!『御殿場・二の岡林道』 #ゴー・ライド

好評発売中のオフロードマシン『ゴー・ライド』の人気コーナーが初登場だ。全国の林道を元初心者向けバイク雑誌編集長だった現在フリーライターの「やたぐわぁ」が体をはって実装取材する林道紹介だ。林道は、天候などによって大きく変わるので、是非この最前線レポートを参考に秋の林道ツーリングに役立ててもらいたい。 晴れれば富士山と御殿場市内を一望!二の岡林道『1.7km×2(ピストン・合計3.2km)』 初めまし […]

【コイツとならどこへでも!】ホンダ CBR400R vs 400X 試乗比較インプレッション #02[400X編]

ホンダCBR400Rと兄弟車とはいえ、なんてったって新型400Xのキモはフロントホイール19インチ化である。しかもサスペンションのリセッティングに加え、リヤのホイールトラベルは10mm増の118mm化。400ccクラスに、久方ぶりとなる本格アドベンチャーツアラーが誕生したのだ。 ●テスター:丸山 浩 ●まとめ:谷田貝洋暁 ●写真:岡 拓 [丸山 浩]400X試乗:モデルチェンジで見た目とキャラがい […]

【意外なオールマイティさ】CBR400R vs 400X 試乗比較インプレッション #01[CBR編]

前モデルまで、エンジン&車体はもちろん、ホイールやサスペンションまで共通だったホンダのミドル兄弟車、CBR400Rと400X。今回のモデルチェンジで成長期を迎え、それぞれの目指すキャラクターへの進化の道を歩きはじめた! ●テスター:丸山 浩 ●まとめ:谷田貝洋暁 ●写真:岡 拓 2車の違いとは?:同じ出身のモデルがそれぞれの道を歩み始めた 399cc並列2気筒エンジンを搭載し、2013年に登場した […]

WEBヤングマシン|最新バイク情報