欧州にないホワイトがイメージカラー

ホンダ新型「400X」登場! 倒立フォーク+ダブルディスク、19インチ前ホイール!

ホンダは、399cc並列2気筒エンジンを搭載するアドベンチャーマシン「400X」をモデルチェンジし、2022年1月17日に発売する。同時発表のCBR400Rと同じく倒立フォークを新採用し、フロントブレーキをダブルディスク化した。

●外部リンク:HODNA

SHOWA製SFF-BP倒立フォークとダブルディスクで武装

2019年モデルチェンジではフロントホイールに19インチを新採用するなどして、アドベンチャー色を強めてきた400Xが、2022年モデルでさらに走りに磨きをかける! ホンダは399cc並列2気筒エンジンを搭載するアドベンチャーマシン「400X」をモデルチェンジし、2022年1月17日に発売すると発表した。

同時発表のCBR400Rと同じく、SHOWA(日立Astemo株式会社)製SFF-BP(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグピストン)を採用することで上質な乗り心地とフロントの接地感向上を実現。また、フロントブレーキも同様にダブルディスク化することで、制動力とコントロール性を向上している。こちらはCBR400Rのラジアルマウント4ピストンキャリパーとは異なり、片押しピンスライド方式の2ピストンキャリパーを採用することで、アドベンチャーモデルで不整地に踏み込んだ際などのコントロール性を優先した。

このほかスイングアームの剛性最適化やフロントホイールの軽量化を図り、前後の分担荷重を最適化している。ABSは従来型から標準装備だ。ヘッドライトは光量を上げるとともに発光パターンを変更することで、配光を最適化し、視認性と被視認性に貢献。また、ウインカーにポジションランプ機能を採用することで、被視認性がさらに向上した。

CBR400R同様にエンジンは出力こそ変更ないが、WMTCモード燃費は28.3km/L→27.9km/Lとなり、新排出ガス規制への適合がうかがえる。

カラーリングは引き続きホワイト系をメインカラーとしたが、シュラウドやタンクサイドをブラックとすることで精悍な印象とし、倒立フォーク下にともない形状変更されたフロントフェンダーもツートーンカラー化。差し色は赤からメタリック系のブルーになった。

価格は3万1900円アップの85万8000円に設定されたが、モデルチェンジ内容を見れば実質的には価格据え置きか値下げに相当するお得感だ。発売日は2022年1月17日。

HONDA 400X[2022 model]

主要諸元■全長2140 全幅830 全高1380 軸距1435 シート高800(各mm) 車重199kg(装備)■水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ 399cc 46ps/9000rpm 3.9kg-m/7500rpm 変速機6段 燃料タンク容量17L■タイヤサイズ110/80R19 R=160/60R17 ●価格:85万8000円 ●色:白、黒 ●発売日:2022年1月17日

HONDA 400X[2022 model]

HONDA 400X[2022 model]パールグレアホワイト [写真タップで拡大]

HONDA 400X[2022 model]

HONDA 400X[2022 model]パールグレアホワイト [写真タップで拡大]

HONDA 400X[2022 model]

HONDA 400X[2022 model]マットバリスティックブラックメタリック [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース