チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

スズキVストローム1050/XT[新型バイクカタログ]:’80年代の直線的デザインを継承

Vストローム1050/XT 概要

アルミ製フレームに水冷90度Vツインエンジンを搭載。’20年型での大幅刷新時に、出力向上を受けて車名が1000→1050となった(排気量はキープ)。このモデルでは、ファラオの怪鳥と呼ばれた’80年代後半のDR750Sを思わせる、直線基調で“くちばし”付きのデザインを採用。

キャストホイールのSTDに対して、前後19/17インチ径のままスポークホイールを履くXTは、電子制御の違いも圧倒的。XTのみ製6軸IMUを搭載して制御に活用し、ABSがコーナリングや下り坂や車両荷重を考慮した制御となり、ヒルホールドコントロール/クルーズコントロールも搭載する。さらに、シート下のDC電源ソケット/2段階調整式のシート/デザイン性に優れるミラーなども装備。

’21 Vストローム1050 XT

上級仕様のXTは、エンジンガード/アンダーカバー/ナックルカバー/センタースタンド/LEDウインカーも標準装備。スクリーンは工具なしで11段階に調整できる(STDは工具を使う2段階)。

スズキ Vストローム1050 XT|オールトグレーメタリックNo.3/グラススパークルブラック(BD7)

【’21 SUZUKI V-STROM1050 XT】■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 1036cc 106ps/8500rpm 10.1kg-m/6000rpm ■車重247kg シート高855mm 20L ■タイヤサイズF=110/80R19 R=150/70R17 ●色:チャンピオンイエローNo.2×グラススパークルブラック ブリリアントホワイト×グラスブレイズオレンジ オールトグレーメタリックNo.3×グラススパークルブラック グラススパークルブラック ●価格:151万8000円 ●発売日:’21年3月16日 [写真タップで拡大]

カラーバリエーション

スズキ Vストローム1050 XT|スポークホイール
スズキ Vストローム1050 XT|スポークホイール

[写真タップで拡大]

スズキ Vストローム1050 XT|ブリリアントホワイト/グラスブレイズオレンジ(B1F)

XTはスポークホイールを履く。カラーバリエーションはイエロー×ブラック/ホワイト×オレンジ/グレー×ブラック/ブラックの4色展開。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

スズキ Vストローム1050 XT|ライディングポジション

シート高は850mmで、XTはそれよりも約20mm高く調整が可能。オプションとして約30mm下げられるローシートも販売されているが、数字の印象よりも足着きは悪くない。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

エンジン

スズキ Vストローム1050 XT|エンジン

’97年に登場したスズキ初のリッターVツインスポーツ”TL1000S”のエンジン。これを基に熟成を重ねて完成させたのがVストロームの1036cc水冷90度V型2気筒だ。電子制御スロットルや水冷式オイルクーラーなどを採用する。 [写真タップで拡大]

足まわり

スズキ Vストローム1050 XT|足まわり

KYB製のφ43mm倒立式フォークとリンク式モノショックを採用。STDのキャストホイールに対し、XTはワイヤースポークスポークホイールを履く。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

電子制御

スズキ Vストローム1050/XT|電気制御

XTは電気制御の高度化が施されており、5軸から6軸となったIMUとABSユニットによるモーショントラックブレーキシステムが前後の制動力を補正。安全性が増した。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

主要装備

スズキ Vストローム1050/XT|スピードメーター

【タフネス感を演出】STDはポジ、XTはネガ表示[写真]のモノクロ多機能表示メーターを採用。円形バーグラフ式回転計&モード表示の中央に、ギヤ段数を大きめに示す。 [写真タップで拡大]

スズキ Vストローム1050/XT|主要装備

レバー操作で11段階の高さ調整可能なスクリーン(無印は要工具で3段階)、20mm高くできるシート(無印はロー/ハイシートを用品設定)、アクセサリーバー、アンダーカバー、ナックルカバー、センタースタンド、専用ミラー、LEDウインカー、シート下のDCソケットなど、差額以上に充実している。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

’21 Vストローム1050

スズキ Vストローム1050|グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド(AV4)

【’21 SUZUKI V-STROM1050】■車重236kg ●色:グラススパークルブラック×キャンディダーリングレッド グラススパークルブラック ●価格:143万円 [写真タップで拡大]

スズキ Vストローム1050|キャストホイール

STDはキャストホイール。カラーバリエーションはブラック×レッド/ブラックの2色展開だ。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

Vストローム1050/XTに関連する記事

“マシン オブ ザ イヤー2021″結果発表:オフロード部門【セロー涙のファイナルから2連覇】

読者投票で当年の人気ナンバー1モデルを選ぶ伝統の企画「マシン オブ ザ イヤー(MOTY)」。アドベンチャー系を含むオフロード部門では、’20年で生産終了となったロングでラーモデル・セロー250が、強豪アフリカツインと競り合い、2連勝を飾った。 37年目、最後の花道を飾った! アドベンチャー系を含むオフロード部門は、’85年デビューのセローが涙のファイナルとなり、見事栄冠を勝ち取ったの […]

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:大型アドベンチャー総まとめ#1(751cc〜)【世界的なブームが継続】

その名のとおり道を選ばず“冒険”できるバイクというのが本来のコンセプトだったが、近年は舗装路でのツーリング性能を重視した車種が多めのアドベンチャークラス。日本ではほとんどのユーザーがダートを走ることなく、快適なライディングポジションのオンロードツアラーという扱いだ。 世界的なブーム継続で性能を磨き続ける機種多め 欧州や日本でのアドベンチャーブームは根強く、そう簡単に衰えそうにない。先進国ではライダ […]

スズキ「Vストロームミーティング2021」オンラインライブイベントと限定グッズ販売を実施

スズキは、2014年より開催してきたイベント「Vストロームミーティング」について、今年はオンラインでの生配信トークイベント「V-Strom ライブイベント」及びイベント限定オリジナルグッズの販売を実施することになったと発表した。 Vストロームミーティング2021は、実イベントの開催に向けて検討を進めてきたものの、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から屋外イベントの開催を見合わせている。 来年の開 […]

いま新車で買える!! 林道ツーリングを楽しめるマシンたち〈国産モデル編|ゴーライド編集部厳選〉

これから林道ツーリングに行ってみたいというオフロードビギナーや、久しぶりに林道へ行ってみようというリターンライダー、さらに乗り換えや増車を考えている人たちのために、オフロードマシン総合誌『ゴーライド』編集部が選んだ、”新車で購入できる/未舗装路もバリバリ走って林道ツーリングを楽しめる”マシンたちを、まずは国産編から一挙掲載するゾ!  オフロードも林道走行も楽しめるのはやはり […]

スズキVストローム1050/XT[新型バイクカタログ]:’80年代の直線的デザインを継承

Vストローム1050/XT 概要 アルミ製フレームに水冷90度Vツインエンジンを搭載。’20年型での大幅刷新時に、出力向上を受けて車名が1000→1050となった(排気量はキープ)。このモデルでは、ファラオの怪鳥と呼ばれた’80年代後半のDR750Sを思わせる、直線基調で“くちばし”付きのデザインを採用。 キャストホイールのSTDに対して、前後19/17インチ径 […]

スズキ「Vストローム1050」と最新電子制御テンコ盛りの「Vストローム1050XT」に新色登場!

スズキはVストローム1050シリーズのカラーリングを変更し、2021年モデルとして3月16日に発売した。「Vストローム1050」と「Vストローム1050 XT」は、水冷V型2気筒エンジンを搭載するアドベンチャーツアラーで、「The Master of Adventure(冒険の達人)」を開発コンセプトとし、国内外でロングセラーとなっているモデルだ。 DR750Sイメージのクチバシは健在、エルゴノミ […]

スズキ2021新車バイクラインナップ〈大型アドベンチャークラス〉Vストローム1050/650

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型アドベンチャー 最新潮流解説 YAMAHA:トレーサー9/GT|トレーサー7/GT|テネレ700 HONDA:NC750X/DCT|CRF1100Lアフリカツインシリーズ|VFR800X SUZUKI:Vストローム1050/XT|Vストローム650/XT KAWASAKI:ヴェルシス1000SE/SE+ Vストローム1050/XT:現代に蘇ったファラオの […]

2021新車バイクラインナップ〈大型アドベンチャークラス|日本車最新潮流解説〉

“高速ツアラー”としての安定性と”オフ性能”という二律背反の要素を、電子制御を使って高次元で両立させるアドベンチャータイプ。そのキャラクターは、オン寄りとオフ寄りでハッキリ分かれる。’20はオフ寄りのモデル刷新が目立ったが、’21年はオン系が台頭しそうな雰囲気だ。 大型アドベンチャー:最新装備がベーシックモデルへ波及 電子制御 […]

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース