第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

スズキVストローム1050/XT [’22後期 新型バイクカタログ]:直線的デザインも特徴


●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年8月15日

スズキVストローム1050/XT 概要

水冷90度Vツインエンジンをアルミ製フレームに搭載。’20モデルで大幅刷新を受け、排気量維持も車名が1000→1050になった。STDは前後19/17インチキャストホイールを採用。XTはスポークホイールを履くのに加え、6軸IMUの搭載と電子制御の高度化、各部のガード類やセンタースタンドの標準装備化など、価格差以上の大幅なグレードアップが図られている。

’21 スズキVストローム1050XT

上級仕様のXTは、エンジンガード/アンダーカバー/ナックルカバー/センタースタンド/LEDウインカーも標準装備。スクリーンは工具なしで11段階に調整できる(STDは工具を使って2段階)。

主要諸元

スズキ Vストローム1050 XT|オールトグレーメタリックNo.3/グラススパークルブラック(BD7)

【’21 SUZUKI V-STROM1050 XT】■水冷4ストV型2気筒DOHC4バルブ 1036cc 106ps/8500rpm 10.1kg-m/6000rpm ■車重247kg シート高855mm 20L ■タイヤサイズF=110/80R19 R=150/70R17 ●色:チャンピオンイエローNo.2×グラススパークルブラック ブリリアントホワイト×グラスブレイズオレンジ オールトグレーメタリックNo.3×グラススパークルブラック グラススパークルブラック ●価格:151万8000円 [写真タップで拡大]

スズキ Vストローム1050 XT|スポークホイール
スズキ Vストローム1050 XT|スポークホイール

[写真タップで拡大]

スズキ Vストローム1050 XT|ブリリアントホワイト/グラスブレイズオレンジ(B1F)

XTはスポークホイールを履く。カラーバリエーションはイエロー×ブラック/ホワイト×オレンジ/グレー×ブラック/ブラックの4色展開。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

スズキ Vストローム1050 XT|ライディングポジション

シート高は850mmで、XTはそれよりも約20mm高く調整が可能。オプションとして約30mm下げられるローシートも販売されているが、数字の印象よりも足着きは悪くない。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

足まわり

スズキ Vストローム1050 XT|足まわり

KYB製のφ43mm倒立式フォークとリンク式モノショックを採用。STDのキャストホイールに対し、XTはワイヤースポークスポークホイールを履く。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

電子制御

スズキ Vストローム1050/XT|電気制御

XTは電気制御の高度化が施されており、5軸から6軸となったIMUとABSユニットによるモーショントラックブレーキシステムが前後の制動力を補正。安全性が増した。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

主要装備

スズキ Vストローム1050/XT|スピードメーター

【タフネス感を演出】STDはポジ、XTはネガ表示[写真]のモノクロ多機能表示メーターを採用。円形バーグラフ式回転計&モード表示の中央に、ギヤ段数を大きめに示す。 [写真タップで拡大]

スズキ Vストローム1050/XT|主要装備

レバー操作で11段階の高さ調整可能なスクリーン(無印は要工具で3段階)/20mm高くできるシート(無印はロー/ハイシートを用品設定)/アクセサリーバー/アンダーカバー/ナックルカバー/センタースタンド/専用ミラー/LEDウインカー/シート下のDCソケットなど、差額以上に充実している。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

’21 スズキVストローム1050 [STD]

スズキ Vストローム1050|グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド(AV4)

【’21 SUZUKI V-STROM1050】■車重236kg ●色:グラススパークルブラック×キャンディダーリングレッド グラススパークルブラック ●価格:143万円 [写真タップで拡大]

スズキ Vストローム1050|キャストホイール

STDはキャストホイール。カラーバリエーションはブラック×レッド/ブラックの2色展開だ。 [写真タップで拡大]

エンジン

スズキ Vストローム1050 XT|エンジン

’97年に登場したスズキ初のリッターVツインスポーツ”TL1000S”のエンジン。これを基に熟成を重ねて完成させたのがVストロームの1036cc水冷90度V型2気筒だ。電子制御スロットルや水冷式オイルクーラーなどを採用する。 [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース