新型バイクカタログ

スズキ ハヤブサ〈新型バイクカタログ〉【電脳進化を果たして最強メガスポーツが復活】

ハヤブサ 概要

13年ぶりの全面刷新で生まれ変わった3代目ハヤブサ。コンセプトである”アルティメットスポーツ”を継承し、ボディワークはさらに空力性能を追及。ユーロ5対応となった新エンジンは試行錯誤を重ねた結果、排気量を先代と同じ1339ccに設定された。

もっとも進化したと言えるのは電子制御まわりで、電子制御スロットルと6軸IMUによりトラクションコントロールやパワーセレクト、アンチリフトにエンジンブレーキ、クイックシフターから前後連動ABSなどなど、サスペンション以外の電制サポート機能はほぼすべてと言っていいほど網羅されている。

メインフレームとスイングアームは先代から踏襲しつつ、シートフレームと足まわりを新作。フロントブレーキにはブレンボの最上級スティレマキャリパーを採用する。カタログ上の最高出力こそ先代より7ps下がってはいるが、ヤングマシン実測での0-400m加速タイムでは先代を凌駕する。

’21 ハヤブサ

スズキ ハヤブサ

【’21 SUZUKI HAYABUSA】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1339cc 188ps/9700rpm 15.2kg-m/7000rpm ■車重264kg シート高800mm 20L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ■クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:グラススパークルブラック×キャンディバーントゴールド ブリリアントホワイト×マットステラブルーメタリック マットソードシルバーメタリック×キャンディダーリングレッド ●価格:215万6000円〜222万2000円 [写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ
スズキ ハヤブサ

国内’21ハヤブサの標準カラーは、赤い差し色の入ったシルバー、オレンジの差し色が入ったブラック、青い差し色の入ったホワイトの3色(シルバーのみ1万1000円高)。ホイールはすべてソリッドブラック塗装だ。 [写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ|カラーオーダー
スズキ ハヤブサ|カラーオーダー

[写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ|カラーオーダー
[写真タップで拡大]

【カラーオーダーで15種の組み合わせも】+5万5000円でボディカラー3色/差し色3色/ホイール2色(STDにないレッド含む)の計15通りの組み合わせができるカラーオーダープランも受注生産で行われている。

スズキ ハヤブサ|エンジン
[写真タップで拡大]

【内部パーツをほぼ刷新】NA1339ccの直4エンジンは内部のすべてに手が加えられ、耐久性/快適性、低中速パワー/環境性能のアップが図られた。

スズキ ハヤブサ|フロントまわり
[写真タップで拡大]

【スティレマで先鋭化】今やハイスペックマシンの代名詞的装備となったブレンボの最上級ブレーキキャリパー・スティレマをフロントに装備する。

スズキ ハヤブサ|ヘッドライト
[写真タップで拡大]

【ウインカーは通常DRLに】LEDに進化した灯火類はハヤブサらしい形状を維持。ウインカーは通常時にデイタイムランニングライト(DRL)を兼ねる初の試み。

スズキ ハヤブサ|メーター
[写真タップで拡大]

【ド迫力の5連メーター】アイデンティティである5連メーターデザインを踏襲しつつ、中央の液晶部はカラーパネル化。ギヤ段数や各モードなどの情報に加え、バンク角やブレーキ圧、スロットル開閉度といった情報をリアルタイムで表示する進化を遂げた。

スズキ ハヤブサ|テールランプ
[写真タップで拡大]

【テールには整流翼も】テールランプのデザインは先代の縦型からウインカー一体式の横型に変更。その下に整流板も置き空力性能を追及している。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

ハヤブサに関連する記事

ワタシの愛車インプレッション〈スズキ ハヤブサ〉from ヤングマシンメンバーズ

ヤングマシンが運営する無料の会員メンバーシップ「ヤングマシンメンバーズ」では、会員の方々から愛車インプレッションレポートを募集している。本記事では、NoRefindBest(NRB)さんの愛車・スズキ ハヤブサ(’21)を紹介しよう。 燃費は良くないけど軽さと電子制御が魅力 5年乗った2型ハヤブサが車検のため、買い換えを検討していたとき、新型情報をゲットしました。それから新型の情報を追 […]

7角形がハヤブサに合う! ヨシムラ「HEPTA FORCE サイクロン」スリップオンマフラー

ヨシムラジャパンは、今年デビューしたばかりのスズキ新型「ハヤブサ」用のスリップオンマフラーを発表。2021年9月上旬に発売する。純正と同じ2本出しで、ステンレス製サイレンサーのカバーをエンドを各2種類用意し、組み合わせで4バリエーションとなる。 シンメトリー7角形[Heptagon]ベースの斬新なコーン形状 ヨシムラが間もなく発売するハヤブサ用スリップオンマフラー「HEPTA FORCE」は、エッ […]

シン・ハヤブサに専用設計のラジエターコアガードが登場〈エッチングファクトリー〉

エッチングと呼ばれる特殊技術で生み出されるステンレス製ラジエターコアガード。ラジエターのコアを保護する定番アイテムだ。その性能と信頼性から、モトGPマシン/ワールドスーパーバイク/鈴鹿8耐マシンにも採用されるほどの逸品に、早くも話題の新型ハヤブサ用がラインナップされた。 美しく高い機能性のプロテクションアイテム ラジエターを保護するアイテムと言えば、エッチングファクトリーのラジエターコアガード。そ […]

1000点満点チェックで総括! 新旧ハヤブサ比較インプレッション【10年に及ぶ開発で深化を積み重ねる】

日本では’17年モデルを最後にラインアップから消えていたが、’21年型で3代目に生まれ変わったスズキ ハヤブサ。新型は販売店の予約開始からあっという間に年内の日本国内向け販売台数が完売してしまった。相変わらずの超絶的人気を誇る”最強の猛禽類”を、旧型2代目と比較しながら公道/テストコースで徹底試乗。ヤングマシンおなじみの丸山浩氏がテスターを務めた今回の特集、その結果を総括する。 “愛さ […]

やっぱり知りたい絶対性能!! 新旧ハヤブサ・サーキット対決【-9psでも新型が最速だ!】

日本では’17年モデルを最後にラインアップから消えていたが、’21年型で3代目に生まれ変わったスズキ ハヤブサ。最高出力は下がったものの実質的には新型が速いという話は本当なのか、超高速域での性能も比較してみたいところ。そこで舞台をJARI(日本自動車研究所)テストコースに移して、新旧の実力を検証した。 180km/hの弾丸巡航も中間加速も新型の勝ちだ! まずは50~150km/hまで、2速/4速/ […]

2021新型バイク総まとめ:日本車大型スポーツツーリングクラス【新ハヤブサ効果でメガスポーツ復権なるか?】

余裕ある排気量による快適ツーリング性能とワインディングを楽しめるスポーツ性能が同居する大型スポーツツーリングクラス。’21年はついに『ヤングマシン』誌が主催する『マシン オブ ザ イヤー』で9度も頂点に輝いた「ハヤブサ」が3代目となって登場し、このクラスの話題を独占した。 極上3代目ハヤブサが待望のデビュー! ZX-14Rをも呼び起こす? ウインドプロテクションに優れたフルカウルを身に […]

新旧ハヤブサ、燃費はどちらが上? 計器類の進化は? 2人乗りの乗り心地は? 【ココも気になる徹底比較】

日本では’17年モデルを最後にラインアップから消えていたが、’21年型で3代目に生まれ変わったスズキ ハヤブサ。新型は販売店の予約開始からあっという間に年内の日本国内向け販売台数が完売してしまった。相変わらずの超絶的人気を誇る”最強の猛禽類”を、旧型2代目と徹底比較。本記事では計器類の進化/2人乗りの乗り心地/燃費について考察した。 計器類:最新電子制御と映える装飾で満足感アップ メーターは指針式 […]

新旧ハヤブサに通じる”デッカいアメ車”的な面白さ〈比較試乗インプレッション〉

日本では’17年モデルを最後にラインアップから消えていたが、’21年型で3代目に生まれ変わったスズキ ハヤブサ。新旧モデルを徹底的に比較する今回の特集にて、テスター丸山浩氏の試乗取材に同行したライター・田宮徹氏も両機に試乗した。サーキット遊びにも興ずるファンライド層が抱いたインプレッションを、セカンドオピニオンとしてお届けする。 新型登場で”ハヤブサ”という乗り物が理解でき […]

新旧ハヤブサ比較インプレッション〈峠編〉【接地感抜群の新型は寝るのも切り返しも速い!】

日本では’17年モデルを最後にラインアップから消えていたが、’21年型で3代目に生まれ変わったスズキ ハヤブサ。新型は販売店の予約開始からあっという間に年内の日本国内向け販売台数が完売してしまった。相変わらずの超絶的人気を誇る”最強の猛禽類”を、旧型2代目と比較しながら公道/テストコースで徹底試乗。テスターはヤングマシンおなじみの丸山浩氏が務める。本記事ではワインディングのインプレッションをお届け […]

新旧ハヤブサ比較インプレ〈高速編〉【一瞬の”溜め”からの強烈加速。湧き上がるトルク感の演出が極上!】

日本では’17年モデルを最後にラインアップから消えていたが、’21年型で3代目に生まれ変わったスズキ ハヤブサ。新型は販売店の予約開始からあっという間に年内の日本国内向け販売台数が完売してしまった。相変わらずの超絶的人気を誇る”最強の猛禽類”を、旧型2代目と比較しながら公道/テストコースで徹底試乗。テスターはヤングマシンおなじみの丸山浩氏が務める。本記事では高速走行のインプレッションをお届けする。 […]

新旧ハヤブサ比較インプレッション〈街乗り編〉【巨体だがその割には市街地でも扱いやすい】

日本では’17年モデルを最後にラインアップから消えていたが、’21年型で3代目に生まれ変わったスズキ ハヤブサ。新型は販売店の予約開始からあっという間に年内の日本国内向け販売台数が完売してしまった。相変わらずの超絶的人気を誇る”最強の猛禽類”を、旧型2代目と比較しながら公道/テストコースで徹底試乗。テスターはヤングマシンおなじみの丸山浩氏が務める。本 […]

スズキ新旧ハヤブサ徹底写真比較解説【2代目から新型3代目へ、圧倒的な無敵感を継承】

ついに地上に舞い降りたシン・ハヤブサ。すべてを刷新したスタイリングと、継承されたエンジン&シャーシ。変わるべきものと守るべきものを見極めた正常進化が、ライダーの心に訴える。だからこそ気になる新旧ハヤブサの違いを、心ゆくまでご覧あれ! ひと目でハヤブサと解る、鋭さを増した最新フォルム スズキのグローバルチャンネルで1月28日に公開され「オールニューモデル、まもなく登場」と銘打ったティーザー映像。一瞬 […]

スズキ2代目ハヤブサ(’17)あらためて試乗インプレッション【熟成極まる先代の輝きは色褪せず】

2代目誕生から14年目となる’21年、ついに待望の3代目ハヤブサが発売された。先代はなぜこんなにも長く生き長らえたのだろうか。ここであらためて2代目(’17モデル)に試乗し、その真価に迫ってみた。 [○] 高級サルーンのような上質フィールを再確認 初代、そしてこの2代目とも試乗した経験は何度もあるが、その最後は’12年のことなので私としては9年ぶりの再会となる。付け加えると […]

ハヤブサ飛翔伝説プレイバック#6〈2代目〉長らくゼロヨン加速キングに君臨

’01年に自主規制で300km/h速度リミッターが装着されて以降、メガスポーツは”300″に到達するまでのタイムや質が問われることになった。2代目ハヤブサは、この性能を一段と磨き上げ、初代はもちろん、次々と送り込まれる刺客をも退け続けた。本記事ではヤングマシンが過去に行なったゼロヨン(0→400m)加速タイム計測テストの結果を振り返る。 長らく加速キングに君臨。 […]

ハヤブサ飛翔伝説プレイバック#5〈2代目〉’07年試乗比較インプレ【vs ZZR1400】

スズキ「ハヤブサ」は’08年型で初のビッグチェンジを受け、第2世代へ飛躍。エンジンは1299→1340ccに増大し、175→197psと大幅にパワーアップした。’07年10月15日、国内初の公道試乗をヤングマシン本誌が敢行。新旧型ならびに最大のライバル・カワサキZZR1400との比較試乗の模様を当時の掲載記事から抜粋してお届けする。テスターはヤングマシンおなじみの丸山浩氏だ […]

ハヤブサ飛翔伝説プレイバック#4【2代目’08〜’14:より速く優しい197psに進化】

[’08] +41ccで197psに到達。使い勝手と外観も熟成 ’99年にデビューしたスズキ ハヤブサは、’08年に全面変更を受けて第2世代へ進化。エンジンは初代をベースに1299cc→1340ccへ増強し、メッキシリンダーやチタンバルブなど最新技術を惜しみなく投入。最高出力は175ps→197psと22ps増を実現した。フレーム形状はほぼ同様ながら、各部をリニ […]

新型バイクカタログ[日本車|クラス別]

新型バイクカタログ[メーカー別]

WEBヤングマシン|最新バイク情報