第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

スズキ ハヤブサ [’22後期 新型バイクカタログ]:自然吸気メガスポーツの原点

スズキ ハヤブサ

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月30日

スズキ ハヤブサ 概要

1339ccの直列4気筒エンジンを持つ自然吸気メガスポーツツアラーの頂点。’21で13年ぶりのモデルチェンジを行い3代目に進化した。エンジンや車体は先代のものをベースに徹底的なブラッシュアップが行われ、ユーロ5適合はもちろんのこと、電子制御スロットル/トラクションコントロール/双方向対応クイックシフターなど各種電脳装備も一気に引き上げられ、中速域を徹底的に増強することで0-200mや0-100km/hの発進加速は先代を上回り、6000rpmまでのスピードは他のどのバイクよりも速いとされている。国内仕様はETC2.0車載器を標準装備として発売。’22モデルの車体色はホワイト/ブラック/グレーの3色。好みのアクセントカラーとホイールカラーで全18色から選べるプランは残念ながら休止となっている。

’22 スズキ ハヤブサ

スタイリング

スズキ ハヤブサ

【’22 SUZUKI HAYABUSA】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1339cc 188ps/9700rpm 15.2kg-m/7000rpm ■264kg シート高800mm 20L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●クイックシフター(アップ&ダウン) ●色:ブリリアントホワイト/パールビガーブルー グラススパークルブラック/マットブラックメタリックNo.2 サンダーグレーメタリック/キャンディダーリングレッド ●価格:215万6000円 ●発売日:2022年6月28日 [写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ
スズキ ハヤブサ

【カラーバリエーション】ホワイト/ブラック/グレーの3色。さらに+5万5000円で、外装カウル×3色/外装アクセント×3色/ホイール×2色を組み合わせて計18通りから選べるカラーオーダープランが提供されていたが、現在休止中。復活希望!! [写真タップで拡大]

ライディングポジション

スズキ ハヤブサ|ライディングポジション

【加速に最適化&大柄ながら良好な足着き】’21モデルではハンドルが12mm手前にセッティングされているが、それでも前傾姿勢となる。しかしハンドルの絞り角と垂れ角が練り上げられており手首への負担は最小限だ。シート高もさらに5mm低くなっており、ほぼ両足裏が接地する。[身長168cm/体重61kg] ※写真は’21モデル [写真タップで拡大]

エンジン

スズキ ハヤブサ|エンジン
スズキ ハヤブサ|エンジン出力

1339ccの排気量やボア×ストローク寸法は先代と同じだが、内部パーツのほとんどを一新。中速域の増強で総合性能の向上が図られた。最新排出ガス規制にも適合。 [写真タップで拡大]

シャーシ/足まわり

スズキ ハヤブサ

軽量化したシートレールとマフラーにより、前方にマスを移動させ、50:50の前後重量配分を実現。フロントフォークはKYB製で、DLCコーティングされたφ43mmフルアジャスタブル倒立。これらの仕様は先代の’08モデルと同様だが、内部構造を改善し、スムーズな衝撃吸収性と安定したグリップを発揮する。 [写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ
スズキ ハヤブサ

【Stylemaで先鋭化】今やハイスペックマシンの代名詞的装備となったブレンボの最上級ブレーキキャリパー・Stylemaをフロントに装備。ディスク径は先代より10mmアップのφ320mmとなった。リヤサスペンションは引き続きKYB製だが、内部構造を見直しさらに安定した乗り味に。タイヤは専用チューンのブリヂストンSSを採用している。※写真は’21モデル [写真タップで拡大]

主要装備

スズキ ハヤブサ|ヘッドライト

【ウインカーは通常DRLに】LEDに進化した灯火類はハヤブサらしい形状を維持。縦2連のヘッドライトはハイビームにプロジェクタータイプを使用する。ラムエアインテーク脇のウインカーは、通常時にデイタイムランニングライト(DRL)を兼ねる初の試み。※写真は’21モデル [写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ|テールランプ

【テールには整流翼も】テールランプのデザインは先代の縦型からウインカー一体式の横型に変更。その下に整流板も置き空力性能を追及している。※写真は’21モデル [写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ

ハンドルは引き続きフローティングマウントだが、固定方法の変更で振動を抑制。タンクは一体→前後分割式となり、上面がより丸みを帯びた。容量は1L減。※写真は’21モデル [写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ

グラブバーは人間工学に基づき、より握りやすいデザインに変更。タンデムシートはシングルシートカバー(純正オプション)を入れ替えて装着する。※写真は’21モデル [写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ

先代の前後ステップブラケットは、日本の兜がモチーフ。新型は前側がクチバシ状となり、ロゴを刻印。後席用は空力が良さそうで、荷掛けフックを兼ねる。※写真は’21モデル [写真タップで拡大]

スズキ ハヤブサ|メーター

【ド迫力の5連メーター】アイデンティティである5連メーターデザインを踏襲しつつ、中央の液晶部は現代に合わせてカラーパネル化。ギヤポジション/ライディングモード/時計/気温などのほかに、バンク角/ブレーキ圧/スロットル開閉度といった情報をリアルタイムで表示する進化を遂げた。※写真は’21モデル [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

新型バイクカタログ [メーカー別]

新型バイクカタログ [国産車|クラス別]

新型バイクカタログ [トップ]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース